TOP > レース > 【2015年弥生賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年弥生賞】過去5年のレースをプレイバック!

クラシックへ向けて最重要ステップの弥生賞。過去5年のレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 4連勝!トゥザワールド

新馬戦ではバンドワゴンに敗れたが、その後3連勝でこのレースに駒を進め1番人気に推されたトゥザワールド。離れた2番人気には前走の同舞台、京成杯で3着だったアデイインザライフ、続いてキングズオブザサン、ワンアンドオンリーと人気を集めた。1.6倍の断然人気トゥザワールドは関東への初輸送であった。レースは直線で早めに抜け出し、後方から後のダービー馬ワンアンドオンリーが強烈な追い込みを見せた。しかし結果はトゥザワールドが僅かに退けて1着。離れた3着にはアデイインザライフが入った。

2013年 3強に待った!カミノタサハラ

デビューから3連勝のエピファネイア、同じくデビューから3連勝も前走の朝日杯FSで2着だったコディーノ、そして前走ではエピファネイアの3着に破れたキズナの3頭が人気を集めた。しかしエピファネイアは折り合いに難のある馬で大外枠が響いたのか4着に沈み、コディーノは内の窮屈なところを回らされ3着。前が壁になりスムーズに追い出せなかったキズナも5番手までに追い上げるのがやっとで、なんと1着は6番人気カミノタサハラ、2着番人気ミヤジタイガと12頭立てながら大波乱となった。

2012年 混戦制したコスモオオゾラ

この年は1番人気はデビューから2連勝のアダムスピーク、続いて東京では2勝を挙げるも同舞台のホープフルSでは7着に敗れていたフェノーメノが2番人気。続いてトリップ、ジョングルール、アーデントと低調なメンバーであった。これを制したのは9番人気コスモオオゾラ。同舞台で不良馬場の葉牡丹賞を制しており、この日も稍重の馬場であったことが味方した。2着にはトリップ、3着にはアーデントが入った。

2011年 皐月へ向かった視界よし!サダムパテック

2歳時に東スポ杯を制し、距離の短いとされる朝日杯で4着に敗れていたサダムパテックが1番人気に推された。続いて2戦2勝のターゲットマシン、続いて札幌2歳Sの勝ち馬オールアズワンなどが人気を集めた。制したのは岩田康誠騎乗のサダムパテック。2着にはキャリア7戦のプレイ、3着にモハメド殿下所有のデボネアが入った。

2010年 中山では負けられない!ヴィクトワールピサ

2009.10.25「伝説の新馬戦」で、後の朝日杯優勝馬ローズキングダムに敗れたが、そこから3連勝で出走してきたヴィクトワールピサが1.7倍の断然人気に推された。2番人気には朝日杯でそのローズキングダムの2着だったエイシンアポロン。大方の予想通り、この2頭の争いとなり、ヴィクトワールピサが武豊騎手に導かれ、最後に余力を残して差し切り勝ち。2着にエイシンアポロン、3着にダイワファルコンが入った。
その後、この中山では皐月賞、有馬記念を制し名馬と称されたヴィクトワールピサにとって、ここは通過点になった。


皐月賞と全く同じコースで行われるトライアルがこの弥生賞である。毎年有力馬が参戦してきてハイレベルなレースが繰り広げられる。過去10年でも1番人気が7勝と圧倒的な強さを誇っている一方で、荒れるときは2012年、2013年のようにとことん荒れる。今年はどんなレースになるか注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line