TOP > 競走馬 > 【2015年共同通信杯】冬毛を纏っていても心配ご無用!ソールインパクト
競走馬

【2015年共同通信杯】冬毛を纏っていても心配ご無用!ソールインパクト

デビュー3戦目の未勝利戦で初勝利を飾り、重賞に挑戦し掲示板に載るものの勝ちきれずにいるソールインパクト。 実績も経験値はある。ここで悲願の重賞制覇でクラシックへ名乗り出たい。
馬キュレ

【ソールインパクト】の血統!

ソールインパクトは、父ディープインパクト×母クリームオンリーの組み合わせ。母クリームオンリーは、あまり聞かない馬名だが、どんな血統の馬なのだろうか?
inyofu 母父イクスチェンジレート
イクスチェンジレートはダンジグ系のパワースピードを伝える種牡馬。
ディープ×ダンジグという組み合わせを成績データ的に見ると、ディープ全体の数値とそこまで差はなく、特別優秀というわけではありません。
ただジェンティルドンナ、ミッキーアイル、エバーブロッサムなど、母父がダンジグ系の活躍馬は出ていますので、相性については全く問題ないでしょう。
ディープインパクトは軟弱な面が弱点になりやすいため、イクスチェンジレートのようなパワー型の種牡馬が母父にいることはプラスだと思います。
inyofu 祖母ラズベリーエッグクリーム
重要なのは、このおばあちゃんの血統構成。
ラズベリーエッグクリームの祖父ダマスカス、そして母父の父インリアリティはディープインパクトと相性が良い血脈です。
inyofu また、ラズベリーエッグクリームの母ヴェニラクリームがハイペリオン5×5・5なのも良いですね。
ダマスカスやインリアリティのパターンは、どうしても米血主体の構成になってしまい、やや淡白な構成になりがち。
そこでヨーロッパの底力、特にハイペリオンの資質の補強をしておくことで血統全体に深みが増すのです。

重賞4戦目!【共同通信杯】での前評判は!?

inyofu (前走の京成杯を振り返って)
「毎回良い脚を使って、いいところまで来るんですが、位置取りの差などで惜しいレースが続いています。堅実に力を発揮していますが、賞金加算出来ないでいます」

(レース後の馬の状態は)
「疲れやダメージも無く、良い意味で平行線という感じです。良い状態を保っています」

(新馬戦から6戦。成長している点は)
「レースを使う毎に疲れるのでは無く、力をつけている印象。トモに筋肉がつき、それが安定した成績につながっていると思います」
inyofu 前走、京成杯4着のソールインパクト(牡3、美浦・戸田厩舎)は、助手を背に南ウッドチップコースで追われ、5F68.6-53.4-39.4-13.4秒をマークした。
inyofu 戸田師は「子供っぽいところがあるので、集中して走れるようにパターンを替えて単走で。乗り難しさはなくなってきたし、ここも引けは取らない」と話した。

これまでのソールインパクト

デビュー戦!【2歳新馬】

単勝オッズ2.4倍の1番人気で挑んだデビュー戦だが、有力馬【ミュゼスルタン】に1馬身1/4差で負けてしまった。

重賞初挑戦!GIII【東京スポーツ杯2歳S】では3位

重賞2戦目!GII【ホープフルS】では4位

重賞3戦目!GIII【京成杯】でも4位

http://youtu.be/-Ca7nVdX5xo
単勝オッズ6.8倍の4番人気で挑んだGIII【京成杯】だが、またも4着に終わった。しかし、重賞3連戦で掲示板を外したことはなく、力負けもしていないので悲観するような内容ではないだろう。

4番人気で4着という着順でゴールした前走のGIII京成杯だが、内容的には中身の濃い競馬だった。1着馬ベルーフとはハナ+クビ+ハナ差の大接戦で、上がり3ハロンタイムはベルーフと並んでメンバー中最速タイであった。共同通信杯と同じ東京・芝1800mで行われたGIII東京スポーツ杯2歳Sでも、アヴニールマルシェと0秒1差の3着と、確かな地力を備えている。ただ、今回は今まで以上に強敵達と戦うことになるため、能力を最大限発揮しない限り、またも善戦で終わるかも知れない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line