TOP > 競走馬 > 「ソールインパクト」斤量生かして逆転狙う!【新潟記念】
競走馬

「ソールインパクト」斤量生かして逆転狙う!【新潟記念】

前走七夕賞で低評価ながらも3着に好走したディープインパクト産駒のソールインパクトが新潟記念に出走する。近年はなかなか条件戦を勝ち切れず、1000万以下のクラスで燻ぶっている存在だった。しかし、前々走の芦ノ湖特別の勝利でようやく1000万以下を抜け出すと、一気に重賞の七夕賞まで駒を進め、相手が格段に強くなった舞台でも抜群の安定感で3着に好走した。そんなソールインパクトについてまとめてみた。
ソールインパクト

【青嵐賞】4戦連続の3着に敗れる

スタートから中団につけ、枠沿いをスムーズに進む競馬で勝ち上がりを狙った。ハイペースでレースが流れる中、戦法通り内でむだな体力を使わずに我慢し続け、直線に入ってから追い出しを開始。しかし、直線では思ったような伸びは見せず、4戦連続となる3着に終わった。
動画を見る
inyofu 3着 ソールインパクト(福永騎手) 「どの距離でもコンスタントに、上手に競馬をしてくれますが...。もうひと押しですね」

【芦ノ湖特別】11度目の正直で1000万以下のクラスを突破!

今回乗ったルメール騎手はスタートから少しずつ馬に気合をつけていき、中団の位置から向正面途中では2、3番手の位置まで押し上げた。直線に入り徐々に前との差を詰めていくと横一線の接戦に。最後は3/4馬身差抜け出したソールインパクトが勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 ソールインパクト(ルメール騎手) 「瞬発力がないので、途中からポジションを上げて行きました。リラックスして、長くいい脚を使っていたと思います」

【七夕賞】いきなりの重賞挑戦も3着に好走!

大外枠ということもあり、スタート後は無理に出していかずに後方を待機を選択。3コーナー入口で一気に馬群が凝縮してくると、ソールインパクトもゼーヴィントとともに前との差を詰めにかかる。勝ち馬とは力の差はあったものの、3着争いでは他馬を寄せ付けることなくゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 ソールインパクト(大野拓弥騎手) 「流れが向いたのもありますが、格上挑戦で頑張っています」

【新潟記念】最終追い切り情報 暑さに負けず好調を維持!

inyofu 七夕賞3着で格上挑戦のソールインパクトは、Wコースで大野騎手が騎乗してアサクサレーサー(500万下)と併せて半馬身先着した。ゴール前仕掛けられ、5ハロン67秒9、3ハロン39秒5-12秒9をマーク。
inyofu 戸田調教師は「暑さにも負けず状態はいい。メンバーは強いからね。斤量は軽いのでなんとかいい競馬を。相手なりにそつなく走れる」と期待を寄せた。

【新潟記念の傾向】前走七夕賞組は3着内率トップ

ソールインパクト自身これまで幾度となく3着を取ってきたが、データを見る限りでは今回も3着以内確保にはチャンス十分だろう。過去10年の出走馬の前走別の成績を見てみると、七夕賞組が【2-4-1-18】、3着内率では28.0%でトップとなっている。勝率こそ目立って高くはないが、人気馬に割って入る穴馬の台頭には気を付けた方が良さそうだ。

現状が格上挑戦とは言え、七夕賞で自分の走りをして3着に食い込んだのは能力のある証だろう。変わらず斤量が軽いのもこの馬にとってはかなりのプラス要素だ。2戦連続で大野騎手を背に、今回も抜群の安定感のある走りを見せたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line