TOP > エンタメ・雑学 > 2015年2月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年2月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年2月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
今週は、海外への遠征を表明している日本馬の動向を中心に様々なニュースを紹介!
馬キュレ 

【エピファネイア】ら4頭がドバイワールドカップデーの招待受諾!

inyofu 3月28日、アラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で開催される2015ドバイワールドカップデー各レースに、以下の通りJRA所属馬4頭が選出され、それぞれの陣営が招待を受諾したことがJRAより発表された。
inyofu ■ドバイワールドカップ(GI、ダ2000m)
エピファネイア(牡5、栗東・角居)、ホッコータルマエ(牡6、栗東・西浦)
inyofu ■ドバイシーマクラシック(GI、芝2140m)
ワンアンドオンリー(牡4、栗東・橋口)
inyofu ■UAEダービー(GII、ダ1900m)
タップザット(牡3、栗東・池江)
2014年のドバイワールドカップでは、ジャスタウェイやジェンティルドンナが勝利し、日本馬の強さを見せつけた。2015年も、エピファネイアやホッコータルマエなどの有力馬を送り出す予定なので、彼らの活躍を楽しみにしたい。

豪GIにトゥザワールドら日本馬4頭が予備登録!

inyofu 4月4日(日)に豪・ロイヤルランドウィック競馬場で行われるドンカスターM(GI)及び4月11日(土)に同競馬場で開催されるクイーンエリザベスS(GI)に日本馬4頭の予備登録があったことが本日10日、JRAより発表された。レースごとの予備登録馬は以下の通り。
inyofu ■ドンカスターM(GI、芝1600m)
リアルインパクト(牡7、美浦・堀)
ワールドエース(牡6、栗東・池江)
inyofu ■クイーンエリザベスS(GI、芝2000m)
トゥザワールド(牡4、栗東・池江)
トーセンスターダム(牡4、栗東・池江)
2014年はハナズゴールが、GIオールエイジドSに勝利したオーストラリアの重賞レース。2015年も日本馬の動向が気になるところだ。

ジェンティルドンナ全弟【レゲンデ】が人気に応え新馬勝ち!

inyofu 2月15日、京都競馬場で開催された第6R・3歳新馬(芝1800m)は、道中2番手を追走していた1番人気レゲンデ(牡3、栗東・石坂)が、直線では逃げた馬を目標に力強く伸びるとゴール前で抜け出し勝利した。勝ちタイムは1分52秒4(良)で、鞍上は戸崎騎手。3/4馬身差の2着は逃げた7番人気カルシャン、3着には2番人気ゴールドグローリーが入っている。
2014年の有馬記念で有終の美を飾ったジェンティルドンナの全弟【レゲンデ】が新馬戦にてデビュー勝ちをおさめた。デビューが遅れ、次戦は未定だが、調教師の石坂正氏曰く、「ダービー(5月31日・東京)に行けるかもしれない。あとは時間との勝負」と気を引き締めていた。

船橋競馬ナイターレースの愛称を募集!

今年6月15日から船橋競馬場でナイターレースが開催される。それを記念しナイターレースの愛称を募集することになった。
inyofu 「船橋ケイバや船橋市、習志野市、千葉県のイメージを思い浮かべながら、これは、という名称をぜひご応募ください」とのこと。
inyofu 応募は船橋競馬場のアタリーナ内に設置される応募箱に応募(2月11日~13日、3月9日~13日のみ)、または船橋ケイバホームページ上に設置する専用メールフォーム(コチラ)からのどちらかで可能で、応募締め切りは3月13日まで。愛称の採用者には「素敵な賞品を差し上げます」とのこと。なお、応募資格は20歳以上の者に限られ個人名、著名人の名称が入った愛称は提案できない。また、採用された名称の著作権はすべて船橋ケイバ(千葉県競馬組合)に帰属する。
1950年8月に開場された【船橋競馬場】が今年ナイターレースを開催する。応募締め切りは3月13日までとなっているので、アイデアがある方は応募してみてはいかがだろうか?

2015年2月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
今週は、海外GIに挑戦する意向を示した日本馬の動向をまとめてみた。近年では、日本競馬界の海外進出が頻繁に行われるようになり、2014年のフランスGI凱旋門賞では涙を飲んだものの、ドバイやオーストラリアのビッグレースでは結果を出している。2015年の出走馬の中で特に注目なのは、ロンジンワールドベストレースホースランキング第2位のエピファネイアであろう。海外遠征は2014年に香港で行われたクイーンエリザベスCで経験済みだが、今回挑戦を表明したGIドバイワールドカップは、自身初のダート戦である。どのような結果になるのか、今から楽しみだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line