TOP > 競走馬 > 【2015年フェブラリーS】地方馬の意地!16年ぶりの地方馬Vへ!ハッピースプリント
競走馬

【2015年フェブラリーS】地方馬の意地!16年ぶりの地方馬Vへ!ハッピースプリント

地方の雄・ハッピースプリントがJRAのGⅠ・フェブラリーSに挑む。地方馬のJRA・GⅠ制覇は1999年フェブラリーSのメイセイオペラにまで遡る。トーシンブリザード・アジュディミツオー・フリオーソなど南関東所属の名馬が幾度と挑戦し跳ね返されてきた高き壁に、同じく南関東所属のハッピースプリントが挑む。メイセイオペラ以来16年ぶりの悲願へ。これまでのハッピースプリントのレースをまとめてみた。
馬キュレ

ハッピースプリントの競走成績はこちら!

ホッカイドウ競馬所属として門別競馬場でデビューしたハッピースプリント。交流GⅠ・全日本2歳優駿を制するなど活躍したのち、3歳になると南関東の大井・森下厩舎に移籍し南関東牡馬クラシック2冠を達成。2014年ジャパンダートダービーでJRA所属カゼノコにハナ差敗れ、惜しくも3冠とはならなかったが名実ともに地方競馬を代表する一頭と言える。

【前走】地力見せるも・・・2015年交流GⅠ川崎記念・4着

道中インコースで競馬を進めたハッピースプリント。前を行く有力馬の動き出しに若干遅れ、直線で脚を伸ばすも4着に終わった。

フェブラリーS ハッピースプリント陣営の勝算は!?

inyofu 「2000メートルでは長くて、1800メートルまでならしっかり走る馬。ここ数戦で、条件的には一番いいですし、走れる状態の時はいい競馬をしてくれる。期待を持って臨みたいですね」。森下淳調教師は楽しみな様子だ。
inyofu 大一番へ向けて上昇カーブを描いている。「昨年の春と同じ負荷をかけても疲れやダメージがない。しっかりしてきた。体の使い方も覚えてきています」と森下師。11日の大井での1週前追い切りでは5ハロンから併せて66秒9―13秒1を馬なり。「気持ちが乗ってきているかなと思います。動き、仕上がりともに悪くない。力は出せます」と不安はない。
JRA勢にも負けず劣らずの実績を誇るハッピースプリント。力は出せる状態とのことだ。

TCKのfacebookでハッピースプリントの最終追い切り映像を公開!

最終追い切りの映像はこちら

これまでのハッピースプリント

強豪JRA勢を一蹴!

2013年GⅢ北海道2歳優駿・1着
2013年GⅠ全日本2歳優駿・1着
2歳時はダート戦において5戦5勝。交流GⅢの北海道2歳優駿と2歳ダート王を決めるGⅠ・全日本2歳優駿を勝利し、2歳馬ながらこの年のNARグランプリ年度代表馬に輝いた。

南関東2冠を達成!

2014年SⅠ羽田盃・1着
2014年SⅠ東京ダービー・1着
南関東に移籍後、羽田盃・東京ダービーを含む3連勝で南関東牡馬クラシックの2冠を制覇。2011年クラーベセクレタ以来の2冠達成となった。

3冠達成なるか!?JRA勢との再戦!2014年GⅠジャパンダートダービー・2着

JRA勢も交えた3歳ダート王決定戦であるジャパンダートダービーに挑んだハッピースプリント。いつも通り好位に取り付き抜け出しを図る。完全に抜け出したかに思えたが、外からJRAのカゼノコが迫り2頭並んでゴール。僅かハナ差でカゼノコに軍配が上がり、ハッピースプリントは惜しくも3冠達成とはならなかった。

地方競馬を代表する一頭ハッピースプリント。ここ2走は日本ダート界のトップホースを相手に苦杯を嘗めている。しかし、今回は両レースの1着馬ホッコータルマエが不在である。昨今、交流重賞でもJRA勢に引けをとらない活躍を見せる地方馬のレベルを考えると今回のフェブラリーSもチャンス十分である。メイセイオペラ以来16年ぶりの偉業達成へ、ハッピースプリントが中央馬を再びねじ伏せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line