TOP > 競走馬 > 日本馬の意地を見せろ!カツラギエース伝説
競走馬

日本馬の意地を見せろ!カツラギエース伝説

その名の通り日本のエースとして世界の名馬と戦ったカツラギエースの名レースや記事、エピソードをまとめてみた。
カツラギエース

ニッポンのエース

inyofu カツラギエースは、日本の競走馬。日本調教馬として初めてジャパンカップに優勝した。

主戦騎手は崎山博樹→西浦勝一。1984年優駿賞最優秀5歳以上牡馬。 ※本項では、馬齢は旧表記(数え年)にて表記を統一する。

最初の評価は…

inyofu 1980年4月24日、三石の片山専太郎牧場で生まれる。父がボイズィーボーイ、母がタニノベンチャ。
タニノベンチャはカントリー牧場が見切りをつけ、セリに出したところを350万で購入した馬である。 この時に受胎していて生まれた馬が後の「カツラギエース」だったが、血統的にもそれほど見所は無く、期待できる要素はほとんど無い馬だった。日高のセリに出されたカツラギエースは710万円で落札され、栗東の土門一美厩舎に入厩することになる。

春のグランプリで素質開花!

inyofu その後のカツラギエースはようやく本格化し、その躍進はめざましいものだった。菊花賞の惨敗で長距離への適性に見切りをつけた土門師は、天皇賞・春(Gl)は回避して産経大阪杯(Gll)、京阪杯(Glll)といった2000mの重賞を選んで走り、そこで連勝したのである。目先の大レースにあわてて挑んでも、いい結果は出ない。菊花賞での敗戦を教訓とした土門師は、春の目標を、この年グレード制度の導入によってGlに格付けされた2200mの宝塚記念(Gl)に絞り、そこまでのレースもあくまでも中距離を意識して選ぶことにしたのである。こうして選ばれたレースは、まさにカツラギエースのための戦場だった。重賞2連勝で宝塚記念に挑むにあたって、カツラギエース陣営は「負けられない」という思いを強めていた。
動画を見る

エースになれなかったジャパンカップ

inyofu  この年、日本のエースと目されていたのは2頭の三冠馬だった。秋の天皇賞で四冠目のタイトルをゲットしたミスターシービーと、菊花賞で無傷の三冠に輝いたシンボリルドルフ。世界の厚い壁も彼らなら突破できるはずと期待を集めた両馬に対し、一方のカツラギエースは10番人気に甘んじていた。クラシックロードを歩んだ前年はNHK杯と京都新聞杯に優勝、中距離路線に照準を定めた旧5歳春はサンケイ大阪杯→京阪杯→宝塚記念と3連勝を飾ってGI馬の仲間入りを果たし、秋初戦の毎日王冠では前年の京都新聞杯に続いてミスターシービーに土をつけた同馬だが、天皇賞で折り合いを欠き5着に沈んだことに加え、2200メートルを超える距離での好走歴がなかったため、大きく評価を下げていたのだ。

まさかの下克上

inyofu ゲートが開いた。人気薄カツラギエースが軽快なペースで逃げる。どうせ、つぶれるから大丈夫!そんな思いで見ていたがカツラギエースの脚色は一向に衰える気配がない。直線に入ってもその差は相当開いている。

「おい、カツラギエースが残っちゃうぞ…」と言っている間に先頭でゴールイン。カツラギエースが日本馬初のジャパンカップ制覇を成し遂げ、シンボリルドルフは3着。デビュー以来初めての黒星だった。

シンボリルドルフ勝負でしこたま馬券を買っていた私たち二人はヘナヘナと座り込んでがっくり肩を落としていた。二人して東京競馬場のオケラ街道をトボトボ帰ったのを覚えている。
動画を見る
カツラギエースは1984年の有馬記念を最後に引退した。その後、種牡馬として供用された。種牡馬としては、サンスポ賞4歳牝馬特別を勝ったヤマニンマリーンなどを送り出した。 2000年7月3日に、心不全のため死亡した。この世を去って10年以上たった今でもあのジャパンカップはファンの心から消えることはない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line