TOP > レース > 【2015年中山記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年中山記念】過去5年のレースをプレイバック!

ドバイへ向けての前哨戦!?はたまた中山巧者が激走!?過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 世界一への前哨戦!ジャスタウェイ

1番人気は前年中距離路線に転向してから活躍し始めたトウケイヘイローが推された。天皇賞秋こそ10着大敗であったが、香港カップ2着が評価され、ここれでも期待された。そして2番人気は前走で天皇賞秋を圧勝したジャスタウェイ、3番人気に皐月賞馬ロゴタイプとなった。レースでは、いつも果敢な逃げを見せるトウケイヘイローがまさかの出遅れで最後方からの競馬。それとは逆に新たに横山騎手がまたがったジャスタウェイは先行策で好位をキープ。結果はジャスタウェイの完勝!左回りしか走らなかったジャスタウェイであったが、改めて本格化を示した。後にドバイでもレコード勝ちの圧勝を見せ、2014年で世界一位の評価を受けた。2着には4連勝中の上がり馬アルキメデスが入り、3着には中山巧者のロゴタイプが入った。トウケイヘイローは道中からまくって行くも6着に破れた。

2013年 名前負けしない!ナカヤマナイト

この年は混戦模様で1番人気が4.3倍で7歳馬タッチミーノット。続いてナカヤマナイトが4.5倍、ダイワファルコンが5.8倍、ダノンバラードが6.0倍とファンの支持も分かれていた。結果は同じ中山競馬場のオールカマーを前年に制してたナカヤマナイトが1着。2着には有馬記念10着からの巻き返しを見せたダイワファルコン。3着には前年同様大逃げで見せ場を作ったシルポートとなった。

2012年 良血馬がついに栄冠!フェデラリスト

この年は1.9倍でトゥザグローリーが圧倒的人気を集めた。前年のこのシーズンも有馬記念3着から京都記念、日経賞を圧勝しており、今年も有馬記念3着から、日経新春杯1着というローテーションで中山記念に駒を進めた。2番人気は鳴尾記念1着で有馬記念は9着だったレッドデイヴィスが推された。しかしレースを制したのは母ダンスパートナーの良血馬フェデラリストであった。一時は地方競馬でも走っていたが、近走では3連勝をし中山金杯も制し、これで4連勝と本格化を見せた。2着には大逃げを打ったシルポート。3着には4歳馬リアルインパクトが入り、1.2番人気のトゥザグローリー、レッドデイヴィスはブービーと最下位という波乱の結末となった。

2011年 ドバイへ向けて視界よし!ヴィクトワールピサ

1.4倍の断然の人気を集めたのはヴィクトワールピサ。中山では弥生賞、皐月賞、有馬記念と3戦3勝で、前走の有馬記念ではブエナビスタを下しての勝利であった。このレースを後にドバイへ旅立つことは決まっており、どれだけ強い勝ち方をするかに注目が集まった。後は離れた人気でリルダヴァル、リーチザクラウン、キャプテントゥーレなどが続いた。しかしレースはM.デムーロ騎乗のヴィクトワールピサがまたまた器用な競馬を見せて完勝。2着には同じく皐月賞馬のキャプテントゥーレ、3着には追い込みの競馬だったリーチザクラウンが入った。ヴィクトワールピサはこの後ドバイでも最高峰のドバイワールドカップを制す活躍をし、日本競馬界の歴史に名を刻んだ。

2010年 道悪大歓迎の血が爆発!トーセンクラウン

この年はあいにく不良馬場となった。メンバーも抜けた馬がおらず、人気を集めたのはキングストリート、シャドウゲイト、アブソリュートといったメンバーであった。そんな混戦模様のときこそ不良馬場の血が爆発!13番人気のトーセンクラウンが1着!2着にも12番人気のテイエムアンコールが入線。この大穴2頭はどちらも父オペラハウスと道悪を大得意としている血統。3着にも道悪で好走歴があったショウワモダンが入り、まさに道悪巧者たちが激走した中山記念であった。


近年では世界へ目を向け、ここをステップレースとする馬たちが増えている。しかしその一方で中山巧者たちも息を潜めており、ナカヤマナイト、ダイワファルコンなどだけでなく、さらに遡れば、カンパニー、ドリームジャーニー、エアシェイディ、ローエングリン、バランスオブゲームなどこれぞ中山巧者!という馬たちの好走が目立っている。今年は一流馬の完勝か、中山巧者のオンパレードか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line