TOP > レース > 【2015年チューリップ賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年チューリップ賞】過去5年のレースをプレイバック!

桜花賞トライアルのチューリップ賞。阪神JFと桜花賞と同じ舞台でどんな名勝負が繰り広げられたか。過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 剛脚炸裂!ハープスター

阪神JFではレッドリヴェールの2着だったハープスターが1.1倍の断然人気に推された。2番人気以降はプリモンディアル、シャイニーガールと続いたが、いずれも10倍以上と離れた人気でハープスター1強ムードであった。また高知からクロスオーバーと別府真衣騎手の参戦が注目された。終わってみればハープスターの独壇場で、その後も桜花賞を制す活躍。2着だったヌーヴォレコルトはオークスを制し、ハイレベルなトライアルであった。

2013年 フロックではない!クロフネサプライズ

1番人気は未勝利、紅梅Sを制してきたレッドオーヴァル。2番人気に阪神JFを制したローブティサージュ、そして同じく2着だったクロフネサプライズが3番人気となった。クロフネサプライズは阪神JFでは15番人気とかなりの人気薄での好走、フロック視されていたが、柴山騎手から武豊騎手に乗り替わっていた。トライアルらしくスローの流れになり、逃げたクロフネサプライズが圧勝。2着にはウインプリメーラ、3着には後の桜花賞馬アユサンが入った。アユサンはここで3着以内に入らないと、桜花賞へ出走すら叶わなかったので、貴重な3着を確保した。

2012年 大穴一発!ハナズゴール

1番人気は1.3倍の圧倒的人気のジョワドヴィーヴルであった。姉にブエナビスタを持ち、前走では1戦1勝ながら阪神JFを完勝し、ここも通過点と見られた。そして2番人気にシンザン記念を制したジェンティルドンナ、当時は熱発明けで万全の体調ではなかった。3番人気に小倉2歳Sを制したエピセアロームで、ここまでが10倍以下の人気で、4番人気のハナズゴールは37倍とかなり離れた人気であった。レースではその上位人気3頭を撫で切るように外からハナズゴールが襲い掛かり差し切り勝ち。鞍上のC.デムーロ騎手は、阪神芝1600mをテレビゲームで練習して挑み、克服したとインタビューで述べた。

2011年 無傷の4連勝!レーヴディソール

デビューから3連勝で阪神JFも制し、ここも1.1倍と断然人気に推されたレーヴディソール。2番人気は12.1倍と離され、阪神JFで3着だったライステラスが推された。レーヴディソールは+10キロの余裕残しでも、馬なりで全馬を交わし圧勝。2着にもライステラスが入線。3着には桜花賞でも4着に好走するメデタシが入った。
しかしレーヴディソールは、桜花賞への切符を手にするも脚元の弱い血統で、このレース後に骨折が判明し、クラシック出走は叶わなかった。

2010年 後の三冠馬を退けて!ショウリュウムーン

1番人気は阪神JFの勝ち馬で、後に牝馬三冠を達成するアパパネ。2番人気は桜花賞で2着にもなるオウケンサクラ。しかし後にわかることだが、アパパネは休み明けに全く走らないタイプ、ここでも2着に破れた。勝ったのは外から鋭い末脚で兵庫の木村健騎手に導かれたショウリュウムーン。未勝利戦を勝ったばかりで9番人気であった。桜花賞でも直線で不利がありながら4着に好走した。3着には、桜花賞でも3着となるエーシンリターンズが入った。

コースが改修された後は力通りの結果になりやすく、また阪神JF、桜花賞、そしてこのチューリップ賞は全く同じコースで行われるため、強い馬の活躍が目立つ。毎年ハイレベルな1戦となるだけに、桜花賞のトライアルレースではあるが、その後のオークス、秋華賞へと続くクラシック戦線へ向けた重要な1戦である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line