TOP > レース > 【オーシャンS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【オーシャンS】過去5年のレースをプレイバック!

高松宮記念の前哨戦オーシャンステークス。2006年に重賞へ昇格!過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 連闘策で優勝!スマートオリオン

1番人気は前年のスプリンターズSでロードカナロアの2着に好走したハクサンムーンが1.7倍と抜けた人気。続いてリアルインパクトが初の1200mへ挑戦し2番人気。そして前週に同じ中山芝1200で優勝してきたスマートオリオンが3番人気となった。ハクサンムーンが果敢に逃げるも、前年の3番人気で9着と人気を裏切っているようにズルズルと後退(13着)。それに代わるようにスマートオリオンが抜け出し優勝した。2着にはダートを使われてきた11番人気のスノードラゴン、3着には8歳馬で9番人気のレッドスパーダが入り、波乱の結末となった。

2013年 3連勝!サクラゴスペル

1番人気は2年前の覇者、6歳馬のダッシャーゴーゴーが推され、2番人気にはダッシャーゴーゴーの手綱もとっていた横山騎手騎乗のサクラゴスペルとなった。3番人気は京阪杯の優勝が評価されハクサンムーンだった。直線では上位2頭の競り合いとなり、早めに抜け出したサクラゴスペルが優勝。のちの高松宮記念でも4着に好走した。2着にはダッシャーゴーゴー、3着には15番手から追い込んできたツルマルレオンが入った。

2012年 6歳牝馬1.2着!ワンカラット

1番人気は5連勝でスプリンターズSを制し、香港で5着だったカレンチャンが推され、ほかには前年の覇者ダッシャーゴーゴーやNHKマイルカップ優勝馬ジョーカプチーノなどが人気を集めた。しかしレースを制したのは6歳牝馬のワンカラット。2年前のキーンランドカップ以来の勝利で復活、ラストランで決めた。2着にはNHKマイルカップでも3着に好走した実績のある6歳牝馬グランプリエンゼル、3着には追い込み一辺倒の8歳馬ベイリングボーイが入り、3連単266万馬券となった。カレンチャンは4着に破れた。

2011年 上位人気独占!ダッシャーゴーゴー

この年は阪神カップで好走したレッドスパーダとキンシャサノキセキが人気を集め、スプリンターズSで2位入線も4着に降着となったダッシャーゴーゴーも人気を集めた。前年の覇者キンシャサノキセキは、8歳という年齢が心配されたが、南半球産ということで遅い生まれ。不安材料にはならなかった。結果的にはこの上位3頭が独占!前年に2.3着だったエーシンエフダンズ、シンボリグランは9着、15着と敗退した。

2010年 GⅠ制覇へ向け視界よし!キンシャサノキセキ

1番人気はシルクロードSで2着となったショウナンカザン。阪神カップでは出遅れて、道中からまくっていき勝ってしまったキンシャサノキセキが2番人気。3番人気は3年前の覇者アイルラヴァゲインとなった。ゴール前では大接戦となり、わずかに内から抜けたキンシャサノキセキが3連勝で制覇。次走の高松宮記念も制す活躍を見せる。2着にはエーシンエフダンズ、3着には8歳のベテラン、シンボリグランが入った。

ここ数年では横山典弘騎手の活躍が目だち、スマートオリオン、サクラゴスペル、そして2009年にもアーバニティで制している。またトライアルということで波乱も多く、近5年では1番人気は未勝利どころか、2度しか馬券に絡んでいない。さらに8歳馬も3度馬券になるという異例っぷりで馬券的には非常に面白い1戦と言えるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line