TOP > レース > 【2015年フローラS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年フローラS】過去5年のレースをプレイバック!

オークスと同じ東京コースで行われるトライアルレース!3着までにオークスの優先出走権が与えられるこのレース。”本番”に直結する重要な一戦の過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 ブエナの妹オークスへ名乗り! サングレアル

1番人気に推されたのはマジックタイム。左回りコースで2勝2着1回の実績から人気を集めた。イサベル、マイネグレヴィルがこれに続く人気となったが勝利したのは4番人気のサングレアル。後方待機から上がり最速の34秒3の脚を使い、粘るブランネージュをゴール前クビ差捉えた。勝ち時計2分0秒0はレースレコードであった。8枠17番と不利な外枠から3着に健闘したマイネオーラムまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得した。

2013年 人気に応え快勝! デニムアンドルビー

1番人気はデニムアンドルビー。初勝利に3戦を要し未勝利戦勝ち後の重賞挑戦であったが、素質が高く評価されていた。2番人気には前走のフラワーカップで強烈な追い込みで2着だったエバーブロッサム。以下スイートサルサ、イリュミナンス、テンシンランマンまでの5頭が単勝オッズ1ケタ台であった。レースは3コーナーまでほぼ最後方にいたデニムアンドルビーが早めの進出で直線入り口で5番手にまで進み、長くいい脚を使い1着でゴールした。2着はエバーブロッサム。9番人気3着のブリュネットまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得した。デニムアンドルビーは続くオークスでは3着、ジャパンカップではジェンティルドンナとハナ差の激闘を演じた。

2012年 2連勝で樫の主役へ! ミッドサマーフェア

前走の君子蘭賞を1番人気で制したミッドサマーフェアがここでも1番人気に支持された。東京芝2000mでの勝利経験のあるアイスフォーリスが2番人気。3番人気レッドマーキュリーまでが単勝10倍以下の人気だった。レースは好位追走からミッドサマーフェアが抜け出し、後続に2馬身半差の完勝。敗れはしたものの、次走のオークスでもジェンティルドンナ、ヴィルシーナを抑え1番人気に支持されるほどのパフォーマンスであった。2着アイスフォーリス、3着に入った超伏兵18番人気ダイワデッセーまでがオークスの優先出走権を獲得した。

2011年 力強い走りで接戦制す! バウンシーチューン

名牝ダンスインザムードを母に持ち、桜花賞でも3番人気だった良血ダンスファンタジアが1番人気。新潟2歳ステークスの勝ち馬でクイーンカップでも2着に好走経験のあったマイネイサベルが2番人気。ピュアブリーゼ、マヒナ、アドマイヤセプターがこれに続く人気となった。レースは後方追走から直線外に持ちだしたバウンシーチュ-ンがグイグイと脚を伸ばし、マイネソルシエール、ピュアブリーゼとの我慢比べに競り勝ち先頭でゴール。412キロと小柄な牝馬であったが、重馬場で行われたタフなレースを制した。

2010年 断然の支持に応え完勝! サンテミリオン

前走のフラワーカップでは3着に敗れていたサンテミリオン。しかしゴール前での脚は際立っており、初の左回りでの実戦となったが単勝1.9倍の抜けた人気となった。レースは逃げた4番人気アグネスワルツを直後で追いかける積極的な競馬。直線に入ると危なげなく抜け出し、後続に1馬身の差をつけての先頭ゴールとなった。アグネスワルツが2着に逃げ粘り、この2頭は次のオークスでも1,3着と好走した。3着は2番人気ブルーミングアレーだった。
本番のオークスを前に同じ東京コースを経験できることもあってか、このレースで3着までに入った馬がオークスでも再度好走するケースが目立つ。豊作との呼び声高い今年の牝馬クラシック戦線であるが、今年もこのレースからオークスで活躍する馬が出てくるのか?ぜひ注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line