TOP > 競走馬 > 「サトノクラウン」いい状態で能力を出したい!【宝塚記念】
競走馬

「サトノクラウン」いい状態で能力を出したい!【宝塚記念】

香港ヴァーズを制しGI馬となったサトノクラウンが宝塚記念に出走する。2016年は京都記念を制し、海外遠征も経験。天皇賞(秋)での惨敗を挟み、香港ヴァーズでは芸術的な差し切りで里見治氏の3週連続GI制覇の立役者となった。今年の京都記念では王者の貫禄を見せつけるような走りで連覇。大阪杯は中団から伸びあぐねたが、得意の距離でリベンジを誓うサトノクラウンについてまとめてみた。
サトノクラウン

【香港ヴァーズ】悲願のGI制覇!

スタートから後方に控えて馬場の良いインに待機。道中はじっと我慢して直線コースで、内から2,3頭目のところに持ち出されると、グングン伸びていき最後はハイランドリールを差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 サトノクラウン (堀宣行調教師) 「今回の挑戦は馬の状態を見て天皇賞(秋)の後から決めていました。馬が非常に良く頑張ってくれましたし、騎手もうまく騎乗してくれました。一時は調子を落としていた馬を立て直してくれたスタッフにも感謝します。まだまだ可能性のある馬なので今後はこれから考えていきたいと思います」
inyofu (J.モレイラ騎手) 「レースの前は大きなチャンスがあると思っていて、その通りうまくいきました。序盤はシルバーウェーヴを追いかけたことで、うまく進路が開き、走り抜けることができました。直線入り口では多くの馬が前にいましたが、先頭に立てる自信は常にありました」

【京都記念】好位から押し切って連覇!

58kgの斤量もあり、3番人気で迎えた京都記念。大逃げを打つ馬がいたが、冷静に3番手でじっくりと前の動向を窺う位置。4コーナーから鞍上のアクションが大きくなり、残り200mで先頭に立つと、有力各馬を最後まで抑え切って連覇達成となった。
動画を見る
inyofu 1着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手) 「素晴らしいです。とても嬉しいです。良い馬です。去年と同じように、スタートの後良い所を行ってくれました。一生懸命走っています。最後まで伸びてくれました。ずっと手応えがありました。返し馬では、去年はうるさかったのですが、今年は落ち着いていました。マカヒキはもっと伸びると思ったので怖かったですが、馬が強かったです。去年はトモが緩いところがありましたが、それも良くなりました。去年も勝っていましたし、自信を持っていました」

【大阪杯】直線で伸びあぐねる...

道中はキタサンブラックを前に見て5番手の外を進む。3,4コーナーからレースが動き始め、良い手応えで直線に向かう。一旦2番手に浮上する勢いであったが、そこからはなかなか伸びることが出来ず6着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 6着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手) 「内回りコースが合わないと思います。良い所をいっていましたが、ジリジリという感じでした」

【宝塚記念】追い切り フォームの乱れ無し!

inyofu サトノクラウンは南ウッドを単走で追われ5ハロン69・6―54・7―40・2―13・0秒。頭を上げてややモタつき気味だった1週前とは打って変わり、最後までフォームが乱れることはなかった。3か月ぶりでも、きっちり態勢は整ったとみていい。
inyofu 森助手「前走(大阪杯=6着)はスピード負けしてしまいましたが、今回は距離が延びる上、少頭数で走りやすいのもいい。あとは輸送ですね。去年(6着)はイレ込んでしまったし、前走も体が減っていたので。うまく維持してレースに臨めれば」

まだまだムラっぽい面があり安定した成績を残すことが出来ていないが、今回の宝塚記念の条件は2勝を挙げる2200m、中間の大雨による湿った馬場とこの馬のベスト条件に近いものになる可能性が高い。ポテンシャルの部分ではキタサンブラックにも劣らないものを持っており、まだ勝負付けが済んだわけではない事を証明したいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line