TOP > 競走馬 > 「サトノクラウン」重い馬場を苦にしない!調整順調【京都記念】
競走馬

「サトノクラウン」重い馬場を苦にしない!調整順調【京都記念】

一昨年はクラシックの主役級の扱い止まりであったサトノクラウン。昨年は京都記念を好内容で制したあと、海外遠征も経験した。前走の香港ヴァーズでは世界で活躍するハイランドリールを芸術的に差し切り、里見治氏の3週連続GI制覇の立役者となった。GI馬として連覇に挑むサトノクラウンについてまとめてみた。
サトノクラウン

【宝塚記念】直線前に迫るが6着

香港から帰国初戦に宝塚記念に出走したサトノクラウン。外目の15番枠から後方でレースを進めると、4角手前から進出を開始。緩い馬場に脚を取られながら前に迫るが、6着まで押し上げるのが精一杯だった。
動画を見る

【天皇賞(秋)】直線では手応えはなく...

4番枠からのスタートから5番手の好位置につける。3,4コーナーでポジションを上げにかかって直線へ。しかし、手応えは無く後退していって14着でゴールイン。
動画を見る
inyofu 福永騎手(サトノクラウン=14着)「いいポジションで競馬ができたが、直線では手応えがなかった」

【香港ヴァーズ】悲願のGI制覇!

スタートから後方に控えて馬場の良いインに待機。道中はじっと我慢して直線コースで、内から2,3頭目のところに持ち出されると、グングン伸びていき最後はハイランドリールを差し切った。
動画を見る
inyofu 1着 サトノクラウン (堀宣行調教師) 「今回の挑戦は馬の状態を見て天皇賞(秋)の後から決めていました。馬が非常に良く頑張ってくれましたし、騎手もうまく騎乗してくれました。一時は調子を落としていた馬を立て直してくれたスタッフにも感謝します。まだまだ可能性のある馬なので今後はこれから考えていきたいと思います」
inyofu (J.モレイラ騎手) 「レースの前は大きなチャンスがあると思っていて、その通りうまくいきました。序盤はシルバーウェーヴを追いかけたことで、うまく進路が開き、走り抜けることができました。直線入り口では多くの馬が前にいましたが、先頭に立てる自信は常にありました」

【京都記念】追い切り 鋭い伸び脚で好調キープ!

inyofu サトノクラウンが、京都記念連覇を狙う。Wコースでの1週前追いは、僚馬ゴールデンバローズ(5歳1000万)を2馬身突き放し、6F82秒5~1F13秒1をマーク。鋭い伸び脚は好調維持を印象づけた。
inyofu 森助手は「前走後はここを目標にやってきて順調。体は若干重めではあるが、競馬の疲れはない。昨年も勝ってる舞台ですからね」と期待を込めていた。

凱旋門賞2着、BCターフ優勝のハイランドリールを破ったというのは世界的にも評価は高い。単純な比較で言えばこの1戦だけ世界トップレベルに君臨したことになるほど価値のある勝利であった。春には海外遠征のプランもあり、中距離路線を完全制圧する体制に向かっている。偉大なる先輩モーリスの夢の続きを実現することが出来るのか期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line