TOP > レース > 【2015年フィリーズレビュー】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年フィリーズレビュー】過去5年のレースをプレイバック!

チューリップ賞に続く、関西の桜花賞トライアル。桜への切符を手にする馬は?!過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 牝馬同士なら負けられない!ベルカント

人気を集めたのはデビューから3連勝で重賞2勝を挙げたホウライアキコであった。阪神JFでは7着に破れるも、1600mという距離に問題があり、1400mの今回は最有力とされていた。2番人気には武豊騎手騎乗のベルカント。小倉2歳Sではそのホウライアキコに破れ2着。前走では武豊騎手の平地全GⅠ制覇もかかっていたことから、牝馬ながら朝日杯FSに挑んで10着に敗れていた。結果はベルカントが逆転し優勝。2着には阪神JF17着の13番人気ニホンピロアンバーが大穴をあけた。3着にはダートと芝で1勝ずつ挙げて来ていたエスメラルディーナとなり、ホウライアキコは5着に破れた。

2013年 後の女王!メイショウマンボ

この年はサンブルエミューズ、サウンドリアーナといった馬が人気を集めたが、制したのは3番人気のメイショウマンボであった。この後に、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯と牝馬戦線を総なめにする実力の持ち主で、ここは通過点に過ぎなかった。2着にはナンシーシャイン、3着にはダート馬のティズトレメンダスという先行勢の穴馬が残る結果となった。

2012年 力通りの完勝!アイムユアーズ

この年は阪神JFで上位だった馬が人気を集め、2着だったアイムユアーズが1番人気となった。続いて阪神JFで4着だったイチオクノホシ、5着だったアンチュラスと人気を集めた。1番人気のアイムユアーズこそ人気通りに応え優勝したが、2着には武豊騎乗の8番人気ビウイッチアス、3着には阪神JF7着のプレノタートが入り、イチオクノホシは4着に破れた。

2011年 関東馬1.2着!フレンチカクタス

デビュー2戦の内容が評価され、前走の牡馬混合のシンザン記念でも1番人気に推されたドナウブルーがここでも1番人気に推された。1400m以下なら連対を外していないフォーエバーマークが2番人気。しかしレースを制したのはクイーンC4着からの参戦の3番人気フレンチカクタス。そしてフェアリーS2着からきたスピードリッパーが2着と関東馬の1.2着という珍しい結果となった。2連勝中のエーシンハーバーが3着に入り、ドナウブルーは4着となり、牝馬3冠の妹ジェンティルドンナとは対照的にクラシック出走への夢は叶わなかった。

2010年 大外一気!サウンドバリアー

1番人気は阪神JFで4着だったラナンキュラスであったが、注目は2番人気のラブミーチャンに集まった。笠松所属のDr.コパ氏の所有馬で、デビューから無傷の6連勝!その中には川崎の2歳GⅠ全日本2歳優駿も含まれており、実力もピカイチであり、その芝適性だけが心配された。そんな公営の夢も乗った1戦であったが、結果は渡辺薫彦騎乗の9番人気サウンドバリアーが大外一気で差し切り勝ち。2着に1番人気ラナンキュラス、3着にレディアルバローザとなった。ラブミーチャンは12着に破れ、夏にもう一度、函館スプリントSで芝に挑むも15着と大敗し、その後はダート路線で頂点を極めた。

チューリップ賞とことなり、距離が1400mということから、スプリント路線の馬や、ダートを使ってきた馬の参戦も多い。またベルカントや、過去にはワンカラット、アストンマーチャンのように阪神JFでは悔しい結果となるも、1400mで強い競馬を見せるスピード馬の活躍が目立つ1戦である。今年は10年ぶりにラインクラフト以来の、フィリーズレビュー勝ち馬から桜花賞馬が出るのか注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line