TOP > レース > 【2015年マイラーズC】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年マイラーズC】過去5年のレースをプレイバック!

安田記念の前哨戦として定着したマイラーズC。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 レコードで復活V!ワールドエース

絶好の良馬場で行われたレースは、シュタルケ騎乗のワールドエースが初のマイル戦ではあったが完勝。日本ダービーで1番人気に支持された素質馬が復活した。勝ち時計1分31秒4はコースレコード。2着に入った1番人気フィエロはその後マイルチャンピオンシップで2着に入る活躍を見せた。3着はエキストラエンドで1~3着までディープインパクト産駒が独占した。

2013年 得意のマイルで重賞5勝目!グランプリボス

1番人気はデビュー4連勝でNHKマイルCを制し、毎日王冠も勝利したカレンブラックヒルだった。最後の直線当馬が一旦は先頭に立つものの、斤量58キロが影響してかゴール前で失速。代わって先頭に立ったのは5番人気グランプリボス。前年の安田記念・マイルチャンピオンシップで2着だったこの馬が他馬に格の違いを見せつけた。その後は凡走が続いたが、2014年の安田記念では世界ランク第1位・ジャスタウェイのハナ差2着に健闘するなど息の長い活躍を見せた。

2012年 連覇達成! シルポート

この年から舞台を京都競馬場に移しての開催となった。1番人気は前年に3歳馬ながら安田記念を制したリアルインパクトであったが、単勝オッズは6.0倍、単勝オッズ10倍台以下が7頭とかなりの混戦であった。レースは前年のこのレースの覇者シルポートがいつものように先手を奪うとそのまま直線へ。ゴール直前でも脚色は衰えず、追いすがる各馬を尻目に見事な逃げ切り。翌年の中山記念では大逃げを打ち3着に粘るなど、個性的な走りでファンを魅了し続けた。

2011年 得意の逃げで重賞2勝目!シルポート

前年のマイルチャンピオンシップで2,3着だったダノンヨーヨーとゴールスキーが人気を集めた一戦。逃げたシルポートが刻んだペースは1000m通過が58秒0となかなかのハイペース。最後の直線各馬懸命に追い上げるも、シルポートを捉えられず。同年の京都金杯に続く重賞2勝目となった。2着は14番人気クレバートウショウ。1番人気ダノンヨーヨーは3着に敗れた。

2010年 マイルで新境地開拓!リーチザクラウン

1番人気に支持されたのはスマイルジャック。スーパーホーネット、リーチザクラウン、セイウンワンダー、キャプテントゥーレがこれに続く人気だった。最後の直線、内を突いたトライアンフマーチを外からリーチザクラウンがクビ差交わしたところがゴール。勝った当馬はきさらぎ賞を制し、日本ダービーでも2着に入る活躍だったが、菊花賞・ジャパンカップ・有馬記念ではゴール前での失速が響く敗戦が続いていた。初のダート戦となったフェブラリーSで10着に敗れた後の久々の芝のマイル戦で、約1年ぶりの勝利を挙げた。
毎年マイルの精鋭が多数集まり、ハイレベルな戦いが繰り広げるこのレース。今年はどの馬が勝って安田記念の主役に躍り出るのか?昨年のレースにも見て取れるが、京都芝1600mと相性の良いディープインパクト産駒にも注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line