TOP > レース > 【2015年ダービー卿チャレンジトロフィー】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年ダービー卿チャレンジトロフィー】過去5年のレースをプレイバック!

激戦必至の古馬マイル重賞!ハンデ戦だけに波乱もあるか!?過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 GⅠ馬復活勝利!カレンブラックヒル

1番人気は北村宏騎乗のコディーノ。前走のニューイヤーSを勝ったレッドアリオンが2番人気だった。稍重の馬場状態で行われたレースは、好スタートの4番人気カレンブラックヒルがハナを切る展開。3コーナー付近から2番手を追走していたトリップが先頭を伺うとそのまま直線へ。失速したかに見えたカレンブラックヒルが内を突き再度先頭へ出た。追いすがるカオスモスを振り切り約1年半振りの勝利を飾った。コディーノは4着。レッドアリオンはスタートでの出負けが響き、14着に敗れた。

2013年 快進撃の始まり!トウケイヘイロー

前走の東京新聞杯で2着のダイワマッジョーレ、中山コースでの実績が光るダイワファルコンと”ダイワ”2頭が人気を集めた一戦。レースは逃げるファイアーフロートの2番手を追走していたトウケイヘイローが直線手前で一気にスパート。大外から1番人気ダイワマッジョーレが追い込んでくるもクビ差届かず。勝ったトウケイヘイローは次走の京王杯スプリングCは8着に敗れたが、武豊騎手とコンビを組んでからは鳴尾記念・函館記念・札幌記念と3連勝。天皇賞(秋)でも2番人気に支持され(結果は10着)、暮れの香港カップでは2着に健闘するなど飛躍を遂げた1年となった。

2012年 トップハンデも何のその。重賞3勝目!ガルボ

ダイワファルコン、アプリコットフィズ、ガルボ、サトノタイガーの人気順となったこのレース。内枠を利してツクバホクトオーが先頭に立ち隊列を引っ張る。人気上位馬は好位を追走で最後の直線へ。ハンデ戦らしく横に広がった中から抜け出したのは3番人気のガルボ。トップハンデの57.5キロだったが、石橋脩騎手の激しいアクションに応え馬場の真ん中を突き抜けた。勝ったガルボはその後も1200~1600mの重賞で再三好勝負を演じ、息の長い活躍を見せている。

2011年 逃げ切りで大接戦制す!ブリッツェン

この年は震災の影響があり例年とは異なり阪神競馬場で行われた。東京新聞杯で2着に入り、洛陽Sを勝ってここに臨んだキングストリートが1番人気に支持された。レースは抜群のスタートを切った柴田善騎乗のブリッツェンが先頭に立つ。比較的スローな流れでレースは進み最後の直線へ。ライブコンサート、キョウエイストーム、スマートステージなどの追い込みを封じ込め、ブリッツェンが逃げ切りで勝利した。

2010年 安田制覇の足掛かり!ショウワモダン

前年の皐月賞で2着だったトライアンフマーチが1番人気。6番人気のセイクリッドバレーまでが単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースは4枠2頭が前で引っ張る展開。直線に入るとこの2頭が抜け出し、逃げたマイネルファルケを坂を登りきったところでショウワモダンが交わす。そこから1馬身差をつけてゴールした。勝ったショウワモダンは次走のメイSも制し、続く安田記念も勝利。このレースから3連勝でGⅠにまで登りつめた。
過去5年1番人気馬の勝利はなく、2着が1回あるのみで波乱含みのこのレース。ハンデ戦なこともあってかゴール前での接戦もよく見受けられる。ショウワモダンやトウケイヘイローなどのように、このレースからブレイクする馬が出てくるか?ぜひとも注目したい一戦だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line