TOP > レース > 【青葉賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【青葉賞】過去5年のレースをプレイバック!

誰もが出走を夢見る舞台、東京優駿へ向けての重要なステップレースである青葉賞。1,2着にしか夢舞台への出走権が与えられないため、毎年激戦が繰り広げられる!過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 大外からショウナンラグーンの強襲!

この年の1番人気ワールドインパクトは、5戦して2勝、2着3回と連対率100%で抜群の安定感を誇っており、シュタルケ騎手を鞍上に迎え、好走が期待されていた。続いて2番人気のラングレーは、早くから素質を評価されるも、重賞では惜敗続きで賞金加算に失敗したため、ここでは是が非でも東京優駿への出走権を得たい立場にあった。3番人気はGⅢ毎日杯の覇者マイネルフロストとなった。レースでは、最後の直線でワールドインパクトが抜け出して押し切るかと思われたが、ゴール前で大外から10番人気ショウナンラグーンがぐいっとひと伸びして優勝。管理する大久保洋吉調教師は定年を控えており、最後の東京優駿出走を師の愛弟子である吉田豊騎手が叶える形となった。2着にはワールドインパクトが粘り、3着は5番人気ヤマノウィザードとなった。

2013年 ヒラボクディープが抜け出す!

1番人気は前年の東京スポーツ杯2歳Sで2着になって以来のレースを迎えたレッドレイヴン。休み明けにもかかわらず1.8倍と断然の支持を集めた。離れた2番人気は前走の500万特別・大寒桜賞を完勝したラストインパクト。3番人気はC.デムーロ騎乗の良血馬ダービーフィズとなった。レースでは、人気薄のアポロソニックがレースを引っ張り、淡々としたペースを作る中、最後の直線を迎える。そのアポロソニックがゴール前まで懸命に粘っていたが、外から伏兵のヒラボクディープが蛯名正義騎手の激しいアクションに応え、2着アポロソニックにアタマ差をつけて優勝した。3着には遅れて伸びてきたラストインパクトが入った。1番人気のレッドレイヴンは休み明けのせいか、伸びあぐねて11着に敗れた。

2012年 得意の東京でフェノーメノが力を示す!

1番人気は東京コースの成績が2戦2勝で、いずれも完勝していたフェノーメノが推された。前走のGⅡ弥生賞ではちぐはぐな競馬で不完全燃焼に終わっただけに、蛯名正義騎手と新コンビを組んで力を示したい1戦となった。2番人気は500万特別・新緑賞を圧勝し、連闘で挑んできたカポーティスター。3番人気はGⅠ皐月賞にも出走したサトノギャラントとなった。レースは、直線でフェノーメノが馬場の真ん中から堂々と伸び、食い下がる伏兵のエタンダールを振り切り、2馬身半差で制した。3着にも伏兵のステラウインドが入った。また、フェノーメノは次走の日本ダービーでも勝ち馬とハナ差の2着となり、惜しくも青葉賞馬初の日本ダービー制覇とはならなかったが、青葉賞の走りが世代トップのものであることを証明した。

2011年 ウインバリアシオンが豪快に差し切り!

この年の青葉賞は、重賞で惜敗した馬たちが人気を分け合う形となった。1番人気はGⅢ毎日杯3着で、姉にブエナビスタや兄にアドマイヤオーラなどを持つ超良血馬のトーセンレーヴ。2番人気は不完全燃焼の競馬が続いていたショウナンマイティ。3番人気は母に秋華賞馬ファビラスラフインを持つ良血馬ギュスターヴクライとなった。しかしレースを制したのは6番人気のウインバリアシオン。新コンビの安藤勝己を背に、後方待機策から直線で末脚をさく裂させて優勝した。この後の東京優駿でも、名馬オルフェーヴルの2着と健闘した。なお、2着には4番人気のショウナンパルフェ、3着には内から伸びたトーセンレーヴが入線した。

2010年 ペルーサが圧勝で大舞台へ!

1.4倍と断然の人気を集めたペルーサ。ここまで3戦3勝の成績で、前走はのちにGⅠ皐月賞で2着となるヒルノダムールを下しての勝利であった。ここでもどのような勝ち方をするかに注目が集まった。2番人気はデビューから2連勝中で、母にGⅠ馬トゥザヴィクトリーを持つトゥザグローリー、3番人気はこちらもデビューから2連勝中の素質馬ハートビートソングとなった。レースを制したのはやはりペルーサ。最後の直線で堂々と抜け出しあとは突き放す一方。2着トゥザグローリーに4馬身差をつけた。3着にはハートビートソングが入り、人気通りの決着となった。

青葉賞の勝ち馬から東京優駿を制した馬はいないという嫌なデータはあるが、近年ではフェノーメノやウインバリアシオンが2着と好走しており、このデータが覆されるのも時間の問題だろう。今年の世代はハイレベルといわれているが、果たしてこのレースを勝って東京優駿を制する馬が現れるのか!?また、伏兵馬が馬券に絡む傾向も多々あるが、今年はどんな結果が待ち受けているのか!?大いに注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line