TOP > 予想/馬券 > これは買える!黄金の馬主×厩舎
予想/馬券

これは買える!黄金の馬主×厩舎

馬と騎手の相性もあるが馬主と厩舎の相性も確実に存在する。特にPOGなどでは期待馬を見極める上で大切になってくる。2011~2013年成績で調べてみた。
馬キュレ

サンデーレーシング×池江泰寿

代表馬としてオルフェーヴルが真っ先に上がるが、それ以外にもワールドエースなどもおり、勝率は23%、複勝率46%というとてつもない成績を残す。数多くの厩舎の中でも、サンデーレーシングの名馬は池江厩舎にあり!?

サラブレッドクラブ・ラフィアン×畠山吉宏

二桁人気での勝利続出で、マイネルホウオウ、マイネオーチャード、マイネプリンセスなどが大穴をあけている。マイネル軍団の中でもダントツの勝率16.2%で、単勝回収率386%、複勝回収率161%とマイネルの穴は畠山厩舎に潜んでいるかもしれない。

H.H.シェイク・モハメド×白井敏昭

白井調教師は自ら殿下に志願しに行ったほどのやる気。期待に沿うかのように勝率21.9%、馬券的にも単勝回収率138%と確実に走らせる。
inyofu 「ちょっとシェイクとシェイクハンドしてくるわ」
すたすたと殿下に歩み寄りがっちり握手。
これがモハメド殿下と白井師最初の出会いであった。

栄進堂×西園正都

「エーシン」の冠名でおなじみの当馬主は関西を拠点とするが、中でも西園厩舎の馬は複勝率42.7%の活躍。単勝回収率も111%とおいしい。

吉田照哉×堀宣行

社台の元締め吉田氏は特に肩入れする厩舎はない傾向だが、活躍馬は堀厩舎に預託する傾向。ストロングリターンの他にもエクセラントカーヴなどがいる。単勝回収率157%、複勝回収率132%と良血馬そろいの吉田氏の持ち馬にしては妙味ある配当にたどりつけそうだ。
競馬は馬ありきのスポーツであると言えるが、それを支える人の数は馬の何倍もいる。その中で身近な存在である馬主と調教師の存在は大きく、期待している馬ほど、信頼のある厩舎に預託する傾向があるようだ。事前にその傾向を早めに掴んでおくことで、期待されている馬を知り、デビュー戦から効率よく馬券で稼ぐこともできるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line