TOP > レース > 【天皇賞・春】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【天皇賞・春】過去5年のレースをプレイバック!

名馬メジロマックイーン、テイエムオペラオー、ディープインパクトらが自らの実力をきっちり示して勝った一方、人気薄の立場だったイングランディーレ、スズカマンボ、ビートブラックらが勝って大波乱を巻き起こした年もある伝統の一戦。3200メートルの長丁場だけに、騎手の腕も重要で、毎年面白いレースが繰り広げられる。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 史上3頭目の連覇!フェノーメノ

1番人気は前年の日本ダービーの覇者で、好メンバーだった前走のGⅡ大阪杯を制して勢いに乗るキズナが推された。2番人気には、GⅠ5勝目を目指して出走した芦毛の怪物ゴールドシップ。前年は断然の1番人気に支持されるも5着に敗れてしまい、今年こそ悔しさを晴らすことができるのか注目された。3番人気は3冠馬オルフェーヴルの好敵手、ウインバリアシオンとなった。レースでは、スタートでゴールドシップが大きく出遅れてしまい、波乱の幕開けとなった。中盤は、後方1,2番手をゴールドシップとキズナが位置取り、淡々とレースが流れる中、4コーナーではウインバリアシオンが動き始めるのにつられてキズナ、ゴールドシップが外から進出。直線ではウインバリアシオンが悲願のGⅠ制覇へ向けて突き進んでいたが、内から伸びた前年の覇者フェノーメノにクビ差及ばず2着となり、連覇を許した。3着に12番人気ホッコーブレーヴが強襲し、キズナは4着、ゴールドシップは7着に敗れた。なお、キズナはレース後に骨折が判明し、長期休養を余儀なくされた。

2013年 フェノーメノが初GⅠ制覇!

この年の1番人気は3歳時に皐月賞、菊花賞、有馬記念とGⅠを3勝し、最強馬としての地位を確立しつつあったゴールドシップが1.3倍と圧倒的支持を受けた。2番人気はそのゴールドシップと同世代で、GⅠ勝ちはないものの前走のGⅡ日経賞を完勝したフェノーメノが推され、3番人気は京都巧者トーセンラーが推された。レースでは、3コーナーで後続を大きく引き離して逃げていたサトノシュレンが後退していき、徐々にレースが動き始める。4コーナーで後方からゴールドシップがまくっていくも、鞍上の内田博幸は激しく手綱を動かしており、手応えが怪しい。一方、ゴールドシップより前に位置していたフェノーメノ、トーセンラーは手応え抜群で最後の直線を迎え、そのままゴールまで勢いは止まることなくフェノーメノが悲願の初GⅠ制覇を成し遂げた。2着にトーセンラー、3着には唯一の外国馬レッドカドーが入った。

2012年 3冠馬敗れて大波乱!ビートブラック

この年の1番人気は何といっても3冠馬オルフェーヴル。前走のGⅡ阪神大賞典では4コーナーで逸走して一旦減速したにもかかわらず、そこからまた盛り返して2着となり、ずば抜けた能力があることを再認識させたレースであった。凱旋門賞制覇へ向け、ここは通過点だろうと思われた。2番人気はオルフェーヴルのライバルで、念願のGⅠ初制覇を狙うウインバリアシオン、3番人気は前年の天皇賞(秋)の勝ち馬で、春秋制覇をもくろむトーセンジョーダンとなった。レース序盤では、ゴールデンハインド、ビートブラックが大逃げの手を打ち、後続に大きく差をつける一方、オルフェーヴルは後方3番手を進む展開となった。隊列が変わることもなく、勝負所の4コーナーでも後続との差は縮まらず、最後の直線に入っても、バテたゴールデンハインドを交わして先頭に立ったビートブラックの脚色は鈍ることなくそのままゴールイン。タイムも3分13秒8と近年まれにみる好時計をマーク。離れた2着にトーセンジョーダン、3着にウインバリアシオンが入線し、オルフェーヴルは直線でもエンジンがかからないまま11着に敗れた。

2011年 ついにGⅠ初制覇!ヒルノダムール

この年は勢いのある4歳世代が、人気を分け合う形となった。1番人気は重賞2連勝中で、母にGⅠ馬トゥザヴィクトリーを持つ良血馬トゥザグローリーが推され、2番人気には前年のジャパンカップの覇者ローズキングダム、3番人気には日本ダービー馬エイシンフラッシュとなった。レースでは、最初のホームストレッチに入ってコスモへレノスがまくっていくのを初めにその後も次々と先頭が4回入れ替わり、激しい展開となった。そして最後の直線を迎えると、トゥザグローリーが早くも失速し、替わりにインでじっくり脚を溜めていたヒルノダムールが抜け出す。さらに外からエイシンフラッシュが伸び、ヒルノダムールに並びかけるも抜かすことはできずにゴールイン。ヒルノダムールにとって初のGⅠ制覇となった。3着には途中から先手を取ってそのまま粘りこんだ5番人気ナムラクレセントが入った。

2010年 新コンビを背にGⅠ初勝利!ジャガーメイル

1番人気は前走のGⅢダイヤモンドSを制し、ステイヤーとしての資質が開花してきた4歳牡馬フォゲッタブル、2番人気は重賞未勝利ながらも、名手ウィリアムズ騎手への乗り代わりと堅実な走りを評価されたジャガーメイル、3番人気も重賞未勝利ながら安定した走りが持ち味の上がり馬ジャミールが推された。レースは、2番手に連覇を狙うマイネルキッツ、中団にフォゲッタブルとジャガーメイル、最後方にジャミールが構え、縦長の隊列で進んだ。最後の直線手前では、バテた逃げ馬を交わして強気にマイネルキッツが先頭に立ち、連覇へ向かって押し切りにかかる。しかし外からさらに勢いよく伸びてきたのはジャガーメイル。ゴール前できっちりマイネルキッツを差し切ってジャガーメイルが初の重賞制覇を伝統のGⅠで成し遂げた。3着に16番人気の伏兵メイショウドンタクが入り、波乱となった。

春の天皇賞は例年、4歳の新興勢力と実績ある古豪が激突し、白熱したレースが展開される。また、ステイヤーの血が開花して初のGⅠ勝ちをこのレースで挙げる馬も少なくない。そして今年は古豪フェノーメノが史上初の3連覇をもくろんでいる。それにストップをかけるニューヒロインが現れるのか、注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line