TOP > レース > 【産経大阪杯】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【産経大阪杯】過去5年のレースをプレイバック!

春の古馬戦線を占う重要な一戦!勝つのはどの馬か!?過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 最後方から直線一気!キズナ

出走馬はわずか8頭と、かなりの小頭数で行われたレース。しかしメンバーは、前年の日本ダービーワンツーフィニッシュのキズナ・エピファネイア、牝馬GⅠ3勝のメイショウマンボが集まりレース前から大きな注目を集めていた。人気もこの3頭が集めたレースは、前3頭と後ろ5頭に分かれた縦長の展開。直線で伏兵トウカイパラダイスが粘りこみを図るところへ一気に差し切ったのは最後方を追走していたキズナ。凱旋門賞以来の実戦だったが、ファンに成長した姿を見せつけた。次走の天皇賞(春)では1番人気に支持されたが結果は4着。レース中の骨折が原因で無念の休養を余儀なくされた。

2013年 格が違う!始動戦を快勝!オルフェーヴル

2012年の凱旋門賞で勝利をほぼ手中に収めていながら、2着に敗れてしまったオルフェーヴル。リベンジに向けてこの年の始動戦に陣営が選んだのは大阪杯であった。単勝1.2倍と圧倒的な支持を集めたオルフェーヴルは4コーナー手前で進出を始めると、直線ではグイグイと脚を伸ばし1着でゴール。着差こそわずかだったものの、最後は池添騎手が手綱を緩める余裕の走りで最高のスタートを切った。再び挑んだ凱旋門賞ではまたしても2着ではあったが、ラストランの有馬記念では2着に8馬身差の圧勝で有終の美を飾った。

2012年 豪快な末脚炸裂!ショウナンマイティ

中山金杯・中山記念を含め4連勝中のフェデラリストが1番人気。前年の天皇賞(秋)を制し、ジャパンカップでも2着に入ったトーセンジョーダンが2番人気。上位6頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースは残り200m付近で先頭に立ったフェデラリストと差し返してきたトーセンジョーダンの叩き合い。この2頭で決まるかと思いきや、大外から飛んできたのはショウナンマイティ。浜中騎手も渾身のガッツポーズで初重賞勝利を決めた。その後ショウナンマイティは宝塚記念3着、翌年の安田記念では絶対王者・ロードカナロアクビ差の2着とGⅠにはあと一歩届かないが強豪相手に健闘を見せている。

2011年 ハナ差の激闘制す!ヒルノダムール

1番人気に推されたのはヒルノダムール。直近3戦は重賞で2,2,3着と惜しい競馬が続いていた。2番人気はキャプテントゥーレ。3番人気は日本ダービー馬エイシンフラッシュだった。キャプテントゥーレが引っ張るペースは前半1000mが59秒3のよどみない流れ。1~6着までが0秒2差だったゴール前の混戦を制したのはヒルノダムールであった。追い込んできたダークシャドウに交わされたかに見えたが、ハナ差こらえた。初の重賞勝利だったヒルノダムールはこの勢いで続く天皇賞(春)も勝利した。

2010年 グランプリホースを破り大金星!テイエムアンコール

2009年の宝塚記念・有馬記念を勝ったドリームジャーニーが単勝1.2倍の1番人気。2番人気のヤマニンキングリーは11.7倍であったため、完全に”1強”のレースだった。いつものように後方でレースを進めたドリームジャーニーは、4コーナーでも大外を回り直線へ。独特のピッチ走法で脚を伸ばすが、前を捉えきれず好位追走のテイエムアンコールが先頭でゴールした。9番人気のゴールデンダリアが2着。ドリームジャーニーは3着に敗れた。
毎年豪華なメンバーが顔を揃える産経大阪杯。このレースの好走馬はその後のGⅠレースでの活躍も非常に目立つ。1番人気馬は(2,1,2,0)と馬券圏内を外していないのも注目だ。今年も実力馬による白熱の一戦を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line