TOP > レース > 【2015年京都新聞杯】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年京都新聞杯】過去5年のレースをプレイバック!

関西で行われ、日本ダービー出走をかけた最後のレースとなる京都新聞杯。日本ダービーへの最後の切符を手にする馬は?!過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 直線弾けて完勝!ハギノハイブリッド

この年は素質馬シャドウダンサー、ミヤビジャスパーといった馬が人気を集めたが、制したのは3番人気ハギノハイブリッドであった。ハイペースの流れのせいか、4コーナーで後方10番手以降の馬が掲示板を独占した。2着に8番人気サウンズオブアース、3着には兄姉に重賞勝ち馬を持つ良血馬の5番人気ガリバルディとなった。シャドウダンサー、ミヤビジャスパーはそれぞれ4,5着に敗れた。

2013年 格の違いを見せる!キズナ

この年の1番人気、キズナは前走のGⅢ毎日杯を圧勝するも皐月賞には向かわず、日本ダービーを見据えて参戦し、ここでは1.4倍と断然の支持を受けた。離れた2番人気は、兄にGⅠ馬ゴールドアリュールがいる良血馬リグヴェーダ、3番人気は皐月賞にも出走したマズルファイヤーとなった。レースでは、道中で最後方付近を進み脚を溜めていたキズナが、直線で大外から一気に末脚を伸ばし、極上の切れ味を発揮させて快勝。2着に先行馬べプチドアマゾン、3着に内から伸びたジャイアントリープが入った。また、キズナはその後の日本ダービーも直線一気で制し、ペプチドアマゾンは4着と踏ん張り、この1戦がハイレベルであったことを示した。

2012年 押し切ってレコード勝ち!トーセンホマレボシ

この年人気を分け合ったのは弥生賞で惜敗したエキストラエンド、皐月賞に出走したベールドインパクト、メイショウカドマツとなった。しかしレースを制したのは、500万特別を快勝して挑んできた5番人気トーセンホマレボシ。最後の直線で2番手から抜け出し、そのまま押し切って2分10秒0のレコード勝ちを収めた。2着にベールドインパクト、3着にエキストラエンドが入線した。また、トーセンホマレボシは次走の日本ダービーでも3着と健闘し、ここでのレコード勝ちがフロックでないことを示した。

2011年 名手に導かれ差し切り勝ち!クレスコグランド

この年の1番人気は、重賞2連勝中ながらセン馬のためにクラシックに出走できず、このレースへ出走してきたレッドデイヴィスが1.7倍の支持を受けた。2番人気に、重賞2着の実績があったユニバーサルバンク、3番人気には2連勝中で勢いのあった武豊騎乗のクレスコグランドとなった。レースでは、最後の直線で先に抜け出したユニバーサルバンクをゴール直前でクレスコグランドがわずかに差し切って優勝。3着に10番人気の伏兵サウンドバスターが強襲した。なお、1番人気レッドデイヴィスは伸びを欠いて10着と大敗を喫した。

2010年 見事にジョッキーがエスコート!ゲシュタルト

1番人気には強烈な差し脚が持ち味のレーヴドリアン、2番人気に前年のGⅢラジオNIKKEI杯2歳Sを2着して以来のレースとなったコスモファントム、3番人気には皐月賞にも出走し、新たに池添謙一騎手とコンビを組むゲシュタルトが推された。レースを制したのはゲシュタルト。池添騎手にうまく導かれ、先に抜け出したコスモファントムをきっちり捕えて勝利した。レーヴドリアンは大外から猛追するも、2着コスモファントムからハナ差の3着となり、惜しくも賞金を加算することはできなかった。

近年このレースには、日本ダービーへつながる最後のレースということもあって、遅れてきた大物が数多く出走し人気となることが多い傾向がある。そして、ここで好走した馬は日本ダービーや菊花賞など、後のGⅠレースでも活躍し、出世レースとなっている。果たして今年はキズナ以来の日本ダービーを制覇する馬が現れるのだろうか、注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line