TOP > レース > 【2015年弥生賞】注目予想家ブログの的中結果まとめ
レース

【2015年弥生賞】注目予想家ブログの的中結果まとめ

前回の中山記念から引き続きうまキュレ班御用達の予想家ブログから弥生賞の予想結果を追いかけてみた。
馬キュレ

弥生賞はサトノクラウンが優勝

inyofu 3月8日、中山競馬場で開催された第11R・弥生賞(GII、芝2000m)は、中団に待機した2番人気サトノクラウン(牡3、美浦・堀)が、直線半ばで先行集団を交わすと外から脚を伸ばしたブライトエンブレムの追撃を振り切り弥生賞を制した。勝ちタイムは2分1秒8(稍重)で、鞍上は福永騎手。1馬身1/2差の2着は4番人気ブライトエンブレム、2着に2馬身1/2差の3着は10番人気タガノエスプレッソが入っている。尚、単勝1.9倍の1番人気に支持されたシャイニングレイは、直線で伸びを欠き7着に敗れている。
inyofu 配当は単勝630円、馬連3380円、馬単6200円、3連複4万1050円、3連単18万7960円。

【少年は競馬場で推理する】

inyofu 本命はディープ産駒のシャイニングレイ。
中山根幹適性を意識して予想してました。

◎シャイニングレイ
○ブライトエンブレム
▲クラリティスカイ

◎シャイニングレイ
ディープインパクト×クロフネのS(LC)系。
前走2000m組は(5-4-3-36)となるが、OP以上勝利馬に限れば(5-2-0-7)になる。
多頭数で勝った経験も大きく、少頭数の重賞を勝ってきた馬より評価したい。
過去3枠までの先行馬が圧倒的に有利な舞台。同馬が最も勝ちに近い馬だろう。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。本命シャイニングレイで必勝態勢で望んだが返し馬からイレ込みが激しくなり、道中掛かって直線伸びず7着。不調が続いている同氏。なんとか一つ当てて楽になりたい。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎9クラリティスカイ
○8トーセンバジル
▲1ベルラップ
△10タケルラムセス
△3シャイニングレイ
△6グァンチャーレ
inyofu 本命は、クラリティスカイ
3週前から、ウッドでしっかりとした時計を出し始めていて、中間の質・量に関しては文句なし
最終追い切りもウッドできっちり とやったんですが、前走の朝日杯の映像と比較すれば手ごたえの差は一目瞭然アップで、今回の方が楽な手ごたえで、前の馬をきっちり捕らえていました
1週前に一杯に追ってしっかりやっているので、最終追い切りはこれくらいで十分だと思いますし、前回輸送した、いちょうステークスよりも、負荷をかけられているので、昨年からの成長もあると思います
調教では、落ち着いた走りをする馬で、距離延長の不安もないと思いますし、トラックで追い切りをした馬のなかで中間・最終追い切りの内容が一番良かったので本命にしました
馬連、3連複
9-1、3、6、8、10
ワイド
9-1、8、10
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。前回毎週続けていた予想はお休み。今回復帰戦でクラリティスカイを本命にするも馬場や距離が影響して6着。印の馬達も馬券圏外という結果に終わった。しかし、当日の阪神競馬場で行われた大阪城Sで6番人気ヒストリカルを本命に的中。読みは健在も、そろそろメインレースでの的中を我々は願っている。

【専ら軸馬・穴馬 2015 データ 血統 予想】

inyofu 軸馬は、ベルラップ。
勝利馬の展望で挙げた父サンデーの1頭。これまで出走馬中唯一3勝を挙げ、その内2勝が2000m。勝利した2戦が共にタイム差がない点が少し不安ではありますが、得意の距離であることは成績が証明してくれていると思います。またハーツクライ産駒ということで、中山での適正、また土曜日同じ舞台の勝利馬がグレイソヴリン内容馬だったことも後押し材料になります。最内を活かして、脚が溜めやすいと思いますので、じっくりと競馬を進めてくれれば、2戦連続重賞勝利も見えてくるのではないでしょうか。
inyofu <弥生賞 2015 予想>
◎軸馬:1ベルラップ
◯対抗馬1:J人気ブログランキング(※クラリティスカイでした。)
▲対抗馬2:3シャイニングレイ
△穴馬:J人気ブログランキング(※ブライトエンブレムでした。)
☆流し:波乱を期待して全頭流し
軸馬は穴馬からをモットーに予想を展開するもっぱら氏のブログ。軸はベルラップと人気薄から流したが9着といいところがなかった。弥生賞は惨敗も、前日に行われたオーシャンSとチューリップ賞でW的中。先週まで軸馬が中々 連に絡んでこなかったので当人は安堵しているだろう。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ シャイニングレイ

〇 トーセンバジル

▲ ブライトエンブレム

△ グァンチャーレ

× サトノクラウン

× ベルラップ

× タケルラムセス

詳細は時間があれば…。

馬券は

◎単複
◎馬連 相手〇▲△×××
◎〇三連複 相手 ▲△×××
◎▲三連複 相手 △×××
◎〇1着2着 三連単 相手 ▲△×××
豊富な展望予想なおかつ的中率も高いたいせー氏のブログ。前回から5週連続で重賞馬券をGET中。今回は馬券は固いと考えたのか上位人気馬に印が集まるも、本命対抗が馬券外。前日の行われた2つの重賞も珍しく外し。6週連続的中はならなかった。

今週の馬キュン!は?

今週の馬キュンは珍しくサトノクラウンを本命にしたメンバーは誰もいなかった。しかし、勝負馬券コーナーで2着馬サトノクラウン&ブライトエンブレムの裏表の馬単でインスタントジョンソンじゃいが見事的中した。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

2号の予想
inyofu 弥生賞の◎はズバリ!
サトノクラウン!
前走の着差は僅かですが、スムーズだったなら突き抜けていたレース。折り合いも問題なさそうでしたし、このレースの軸としてはこの馬をおいて他にいないだろうと判断しました。東京で勝っていますがあの一瞬のキレは中山向きとも思えるもので、ここでのパフォーマンス次第では皐月賞でも本命を打つ可能性も出来ますね。
inyofu 3ヶ月の休養明けですが、仕上がりも悪くなく確実に賞金を加算してきそうな雰囲気。ただ、ここで勝っても本番は違う馬に乗るんじゃないか?と推察している福永君が鞍上というのが一抹の不安。この馬の能力を計るような乗り方をしてくるのか、それとも、ここ一発勝負でメイチで追ってくるのか、そのあたりが読み切れてないのですが、福永騎手の性格を考えると、試し乗りのような乗り方はしないのではないかと結論づけました。
印は以下の通り。

◎サトノクラウン
○シャイニングレイ
▲ブライトエンブレム
△ベルラップ
穴コメート
1号の予想
inyofu サトノクラウンの父マルジュは、日本ではあまり馴染みのない種牡馬ですが、母父でいくと、グランデッツァ、マルセリーナなんかがそうですね。おそらくですが、底力と瞬発力のある血脈。良馬場で切れる馬だと思います。今の中山の小回りコースで力いる感じが合うのかどうか・・東京競馬場なら怖ろしく強いんだと思います。
inyofu ◎トーセンバジル
〇ブライトエンブレム
▲サトノクラウン
☆シャイニングレイ
△ベルラップ
△クラリティスカイ
馬券は、トーセンバジルからの馬連、ブライトエンブレムとの二頭軸の三連複。それと、トーセンバジル頭固定の3連単。相手5頭。単勝もつくので、オッズを見ながら買いたいと思います。
うまキュレ班が要注目している覆面馬主達の予想ブログ。前回2号が馬場が渋って予想を変更して的中したかは定かではないが、今回はサトノクラウンは連をハズすことはないと予想し馬連的中だ。1号もサトノクラウンの血統を熱弁するもトーセンバジル(5着)を軸としたのが明暗を分けた結果となった。

今回まとめてみて的中率がやけに低い。その背景には優勝したサトノクラウンの馬場適性や休み明けに対する軽視だ。新馬&東スポ杯を見ると中団から差すのイメージの同馬に対し、逆にシャイニングレイは中山で1勝を上げて先行タイプなのだから単勝が売れるのも無理はない。馬場が渋ったり初の右回りの中山だと中々買いづらい。しかし、結果的に鉄砲も右回りも関係なかった。本当に競馬は走ってみないとわからない。そんな中、うまキュレ班はシャイニングレイ推しで当日を迎えたが、単勝の売れ行きを見て過剰人気過ぎと思い始め、馬連7頭BOXに変更して的中。情けない買い方で申し訳ないが3週連続的中でしっかり好調キープだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line