TOP > 競走馬 > 【2015年北九州記念】昨年大波乱を巻き起こした思い出の小倉で再起を狙う!オーミアリス
競走馬

【2015年北九州記念】昨年大波乱を巻き起こした思い出の小倉で再起を狙う!オーミアリス

昨年の夏の小倉1200mで行われた小倉2歳ステークスの覇者オーミアリス。ここ3走は距離が長かったことや相手が強かったことが原因で結果は出ていないが、今回はデビュー2連勝を飾った得意の舞台に戻る。引き続きのコンビとなる北村友一騎手と共にここは結果を出したいところだ。そんな本馬のここまでの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

オーミアリスの血統!小回り1200mは正にベスト条件!

本馬の父ホワイトマズルは主な産駒としてはシルポートやイングランディーレ、アサクサキングスなど先行して粘り強い馬を多く輩出する種牡馬であるが、それはホワイトマズルの2代父リファールの影響と言える。しかし、ホワイトマズルの父であり、リファール産駒のダンシングブレーヴの血が出る馬は不思議と差し馬になることが多く、スマートレイアー(ダンシングブレーヴ≒アルザオ3×3)などがその例である。よって本馬はリファール的先行馬でなく、ダンシングブレーヴ的差し馬と言えるであろう。また、本馬はノーザンダンサー4×4により底力、First Rose≒Tom fool5×6により機動力が伝わっており、小回りの1200mは正にベストの条件であろう。
↓オーミアリスの血統表はコチラ

【2015年北九州記念】一週前追い切り 追ってひと言

藤沢則雄調教師
inyofu  「動きは予定通り。折り合って追うごとによくなっているが、いい時に比べると7、8分のデキですかね」

【メイクデビュー小倉】スタートでモタれるも差し届く!メイショウオヤシオと同着も新馬勝ちを決める!

スタートで持たれるも好ダッシュから3番手に付ける。直線に入ると2番手で運んでいたメイショウオヤシオが抜けたが、それを追って本馬が迫る。最後丁度並んだところがゴールで写真判定の結果この2頭が同着で新馬勝ちを収めた。
以下はレース後の鞍上北村友一騎手のコメント
inyofu 「スタート直後から外に張り出すような形で走るロスがありました。それでも直線で手前を替えてからはまっすぐ走って伸びてくれました。モタれることなく、スンナリなら差をつけて勝てたと思います」

【2014年小倉2歳ステークス】出遅れも直線一気決める!2連勝で重賞制覇達成!

前走同着のメイショウオヤシオのその後の結果が良くなかったこともあり15番人気の低評価。レースでもスタートで出遅れてしまい後方からのレースを余儀なくされる。それでも直線に入るとただ一頭大外から豪快な伸びを見せ、最後は差し切って連勝で重賞初制覇決めた。
以下はレース後の鞍上国分優作騎手(上)、藤沢則雄調教師(下)のコメント
inyofu 「スタートはあまり出なかったので、脚をためていこうと思いました。展開も向いたと思います。道中は素軽い動きで、とにかく馬の力を信じて乗りました。でもあそこまで伸びるとは...馬に心から感謝です。追い切りの動きも良かったですからね。まだまだ良くなる余地があります。関係者の皆さまに感謝したいです」
inyofu 「うまく仕上げてくることが出来ました。この後は一旦牧場へ出します。お兄さんやお姉さんはダートで走っていた馬が多いのですが、この馬は芝でもやれますし、ホワイトマズルの仔ですから距離が延びてもいいでしょう。夢が広がりました」

【2014年阪神ジュベナイルフィリーズ】不利・落鉄・距離...不運もあり、良いところなく9着

2連勝後、勢いで挑んだ初GⅠ挑戦であったが、GⅠの舞台は甘くはなかった。前走同様あまりよいスタートが切れず、後方からの競馬を余儀なくされてしまう。また、向こう上面では寄られ最後方まで下がってしまい万事休す。それでも直線ではジリジリと伸びたが9着まで押し上げるのが精一杯。レース中落鉄もあり、力を出し切ることができなかった。
以下はレース後の鞍上国分優作騎手のコメント
inyofu 「勝った馬を見ながらの競馬でしたが、ちょっと向正面で不利がありました。そのときなのかはわかりませんが、落鉄してしまいました。その影響で直線も反応せず、終いも止まりました。距離も坂も初めてでしたが、それが敗因とは思えません」

この後はフェアリーステークス・フィリーズレビューで結果が出なかったが、フィリーズレビューで敗退後はレースを使わず、このレースを目標に仕上げてきた。血統からも器用さの求められる差しの届きやすい条件は合うであろうし、何より重賞を勝っている舞台。ここで逆襲があっても不思議ではない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line