TOP > 競走馬 > 【2015年北九州記念】得意の小倉で巻き返し!軽ハンデも味方に!レオパルディナ
競走馬

【2015年北九州記念】得意の小倉で巻き返し!軽ハンデも味方に!レオパルディナ

昨年小倉でオープン勝ち、小倉2歳ステークスでは惜しくも敗れてしまったものの2着と、この小倉コースを非常に得意とするレオパルディナ。クラッシック路線では結果を出すことができなかったが、得意の条件に戻っての巻き返しが期待される。そんな本馬のここまでの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

レオパルディナの血統!生粋のスプリンターだがスタミナも兼備!?

本馬の父スニッツェルはダンチヒ系の種牡馬であり、ダンチヒ系の種牡馬の代表的な特徴が牝馬は本馬のようにスプリンターに、牡馬はヤングマンパワーのようにマイラーとして活躍するという点である。更にスニッツェル自身はストームバード≒ニジンスキー3×4というクロスを持ち、スピードと共にスタミナも産駒に伝える種牡馬でもある。また本馬の母ビオンドパンテーラは、父シーキングザゴールドの母父がBuckpasser、そしてシーキングザゴールドの父ミスタープロスペクターと、ビオンドパンテーラの2代母Raise a Holmeの父Marshua's Dancerの間にニアリークロスが成立し、非常にパワー色の強い配合である。早熟系クロスが多いため、早熟タイプになってしまうことは怖いが、3歳の夏ならまだ許容範囲であろう。スプリンターとスタミナという言葉は一見逆の意味のように思えるが、この馬は血統的に1200m向きでも、スタミナ・パワーを要する馬場が得意なタイプであると推測される。
↓レオパルディナの血統表はコチラ

【メイクデビュー阪神】二の脚の速さから逃げ!そのまま押し切って新馬勝ち!

並んでのスタートであったが、二の脚の速さで一気にハナへ。直線入り口では外からオメガタックスマンに並ばれたが、内からもうひと伸びし優勝。見事に新馬勝ちを決めた。
以下はレース後の鞍上武豊騎手(上)、高橋康之調教師(下)のコメント
inyofu 「スタートのいい馬ですが、用心深い馬で、物見ばかりしていました。ただ、並ばれてからがしぶとく脚を使ってくれました。余裕がありますので、使われてさらに良くなってきそうです」
inyofu 「今後のことに関しては、状態を見ながら夏競馬を視野に入れつつ考えます。距離に関しては、中距離くらいまで何とかもたせたいですね」

【2014年フェニックス賞】直線急追!ゴール寸前で差し切り連勝!

スタートは一息であったが、器用に各馬の間を割って好位へ。3~4コーナーではポジションを下げる場面もあったが、直線では逃げの手から後続を引き離していたクールホタルビをゴール寸前で差し切り、連勝でオープン初制覇を飾った。
以下はレース後の鞍上武幸四郎騎手のコメント
inyofu 「今日はレース前、ピリピリとして心配しましたが、レースではそんな素振りもなく大丈夫でした。ハナに行っても良かったのですが、そんなレースしか出来なくなるので...。今日は色々と収穫がありました」

【2014年小倉2歳ステークス】外枠響く...オーミアリスの大外強襲に屈し2着

前走の走りが評価され堂々の1番人気に押される。この日は外枠から好スタートを切り、好位へ。しかし外枠ということもあり、前に壁を作ることができず掛かり気味に。直線でも前を交わし先頭に立ったが、最後の最後にオーミアリスの強襲に屈し2着。惜しくも重賞制覇とはならなかった。
以下はレース後の鞍上武豊騎手のコメント
inyofu 「あと一歩でした。道中、壁を作れず力んでしまった分、4コーナー手前から追いっぱなしになりました。もう少しゆったり運べたら良かったのですが...。でも確実に走ります。1200mも合っていると思います」

前走のCBC賞では休み明け、前潰れの展開ということもあって大敗してしまったが、この一戦だけで見切ることはできないであろう。今回は実績のある小倉コースで先週重賞を勝ち勢いに乗る川須騎手と引き続きコンビを組む。2歳時の小倉での2戦のような競馬ができれば自ずと結果は付いてくるであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line