TOP > 馬主 > アドマイヤ軍団がすごい!
馬主

アドマイヤ軍団がすごい!

馬主で成功するのもこれまた難しいと言われているが、その中でもファンから人気もあり活躍馬を送り出す近藤利一オーナーのすごさに迫ってみた。
504_160945857

近藤オーナーってどんな人?!

inyofu 近藤 利一(こんどう りいち、1942年9月1日 - )は、大阪府大阪市北区にあるはつり・建築解体工事会社「合建株式会社」代表取締役会長。また中央競馬の馬主として、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員を務めている。
夫婦で馬主をやっており、妻の英子氏の所有馬も活躍馬が多数。
inyofu 妻の近藤英子も馬主で、2007年の皐月賞で所有馬のヴィクトリーが勝利を収めており、同年は夫婦揃ってGI級競走を勝利している。

アドマイヤ軍団の代表馬たち

その名の通りアドマイヤを代表する首領アドマイヤドン。芝ダート問わず活躍し、GⅠ7勝を挙げた名馬。
アドマイヤドンと同じく名牝ベガの子供で、双子のダービー馬としてその名を轟かせた。
こちらも名牝エアグルーヴの血を引くアドマイヤグルーヴ。祖母、母と続いたオークス制覇は牝馬3冠を達成したスティルインラブの前に阻まれたが、エリザベス女王杯連覇、そしてラストランを優勝して引退の花道を飾った名馬。

天皇賞に個人馬主として最多の4頭を送り出したアドマイヤ軍団!

inyofu 天皇賞春には個人馬主としては異例の4頭出しで挑む。アドマイヤモナーク(ダイヤモンドS)、アドマイヤジュピタ(阪神大賞典)、アドマイヤフジ(中山金杯)、アドマイヤメイン(ダービー2着)、参加することに意義があるのではなく、どの馬も勝つチャンスがありそうだ。サンスポによれば、84年のグレード制導入以降、4頭出しは同一馬主のG1最多出走頭数タイ記録となる。
アドマイヤ4頭出しの2008年天皇賞春は1着アドマイヤジュピタ、5着アドマイヤフジ、6着アドマイヤモナーク、14着アドマイヤメインとなった。
毎年活躍馬をクラシックに送り込み、2005年はアドマイヤジャパン、2006年アドマイヤムーン、2007年アドマイヤオーラとクラシック戦線を盛り上げた。ベガやエアグルーヴ、ビワハイジといった日本を代表する名牝の子供を手に入れては毎度のようにその活躍は目まぐるしく、その評価は高い。また妻の英子氏の馬もリンカーン、ヴィクトリー、カンパニーといった独特のネーミングで人気を博しており、競馬ファンの人気が高い馬主夫婦でもある。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line