TOP > レース > 【フラワーC】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【フラワーC】過去5年のレースをプレイバック!

桜花賞への最終切符を争うフラワーC。過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 中山で連勝!バウンスシャッセ

この開催は馬場が極端に重くなり、ディープインパクト産駒が苦戦していた。エルフィンS2着からの参戦のショウナンパンドラが1番人気に推されたが、やはりその馬場がこたえたのか5着に破れる。後に秋華賞馬となるだけに、相当な馬場の偏りがあったと考えられる。それを制したのは洋芝巧者のバウンスシャッセ。洋芝の函館でデビュー戦を飾り、前走でも牡馬に混ざって中山で勝利。父ゼンノロブロイは重い芝を得意とするため、馬場が味方した。また姉にもオークス5着のフロアクラフトがいる。2着も洋芝の札幌2歳S2着のマイネグレヴィル、3着にパシフィックギャルが入った。

2013年 デビュー2連勝!サクラプレジール

1番人気は阪神JF5着の実力が評価されカラフルブラッサムが推された。2番人気に新馬戦を勝ったばかりのサクラ一族のサクラプレジール。3番人気も未勝利を勝ったばかりのエバーブロッサムが推された。結果はキャリアの浅いサクラプレジール、エバーブロッサムの1.2着。3着にも未勝利直後のリラコサージュが入り、遅れてきた素質馬たちが上位を占めた。

2012年 3度目の正直!オメガハートランド

1番人気は牡馬相手のセントポーリア賞を勝ってきたメイショウスザンナ、続いてヘレナモルフォ、マイネボヌール、キャトルフィーユなどが人気を集めた。しかしそれらを差し切って勝利したのは6番人気オメガハートランドであった。フェアリーS4着、クイーンC9着と賞金を加算できず、3度目の重賞挑戦でクラシックへの出走を決めた。2着にメイショウスザンナ、3着には10番人気サンキューアスクとなった。

2011年 3連勝で桜花賞へ!トレンドハンター

この年は震災の影響で阪神競馬場の12Rで行われた。メインレーススプリングSで最終レースも重賞と豪華トライアルの1日であった。1番人気は血統的な評価でハブルバブルが推される。このレースこそ2着に敗れるが、弟のディープブリランテが後にダービーを制することを考えると、血統的な評価は妥当であった。それを破ったのが2連勝中のトレンドハンターであった。その後も桜花賞でマルセリーナ、ホエールキャプチャの3着と好走。3着には菜の花賞で1位入線も降着となったマヒナが入った。

2010年 今回はつかんだ権利!オウケンサクラ

1番人気はデビューから2連勝で前走では同舞台で勝利していたサンテミリオンが1.6倍に推された。2番人気には新潟2歳Sの剛脚が目立ったシンメイフジ、そしてオウケンサクラ、コスモネモシンと続いた。終わってみればそれら上位馬が独占。1着はオウケンサクラ。前走のチューリップ賞では4着と惜しくも桜花賞の権利を取れず、ここで優勝して賞金を加算した。その甲斐もあってか、本番の桜花賞ではしっかりと好走した。2着にはフェアリーS覇者のコスモネモシン。3着にサンテミリオンとなった。

桜花賞と全く同じ舞台設定のチューリップ賞が有力視される傾向があるが、近年ではその桜花賞だけでなくオークスにつながる舞台としてあるフラワーC。この時期の牝馬にとって1800mという距離は鬼門であるといえ、ここを制すことで明るい未来が見えてくると言えるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line