TOP > レース > 【2015年スプリングS】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年スプリングS】過去5年のレースをプレイバック!

皐月賞へのステップレースとして、近年では弥生賞にひけを取らないレベルの高さを誇っている。過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 2歳王者を完封!ロサギガンティア

1番人気はダート路線から転向し、朝日杯FSを制したアジアエクスプレス。続いてカミノタサハラ、マウントシャスタといったクラシックを盛り上げた兄たちがいるベルキャニオン、3番人気にロサギガンティアとなった。アジアエクスプレスは大型馬で、デビューから豪腕の外国人騎手の力もあり3連勝を誇っていたが、今回は戸崎騎手に乗り代わり、距離も伸びたことで2着に破れた。それを制したのはM.デムーロ騎乗のロサギガンティアであった。フジキセキのラスト産駒としてクラシックへ名乗りを挙げたのだ。3着には4番人気のクラリティシチーが入った。

2013年 フロックではない!2歳王者ロゴタイプ

朝日杯では7番人気の低評価ながら、圧倒的人気のコディーノを競り落とし優勝したロゴタイプが1番人気となった。しかし単勝オッズは3.4倍とファンも半信半疑の1戦であった。続いてマンボネフュー、きさらぎ賞馬タマモベストプレイ、兄にサンカルロのいるヘルデンテノールなどが人気を集めた。しかしそんな混戦模様を打ち破ったのはGⅠ馬ロゴタイプ!前走の走りはフロックではないと見せつけるかのような完勝であった。2着には関東への初輸送をこなしたタマモベストプレイ、3着には後のNHKマイルカップ馬マイネルホウオウとなった。

2012年 姉マルセリーナに続け!グランデッツァ

この年はハイレベルなメンバーがそろい、デビューから2連勝をし、前走の共同通信杯はゴールドシップの2着だったディープブリランテが1番人気となった。続いて朝日杯馬のアルフレード、そして姉に桜花賞馬マルセリーナのいるグランデッツァが顔をそろえた。1着となったグランデッツァは前走は少し長いとされる2000mのラジオNIKKEI杯であり、距離を縮めて来た今回はその強さを発揮した。2着にもディープブリランテが入り3着には10番人気ロジメジャーとなった。

2011年 3冠物語が始まる!オルフェーヴル

この年は震災の影響で阪神に開催が替わって行われた。今や名馬の仲間入りを果たしたオルフェーヴルであるが、この時はシンザン記念、きさらぎ賞と勝ちきれないレースが続き、ここでも4.7倍と割れた1番人気となった。続いて朝日杯組のリベルタス、リフトザウイングスが推され、その勝ち馬のグランプリボスは5番人気に甘んじた。しかし今思い返せばオルフェーヴルが勝って当たり前のレース。待望の初重賞勝利を飾った。2着にもダービーで3着となるベルシャザール、3着にはステラロッサとなった。

2010年 横山騎手してやったり!アリゼオ

1番人気は1.4倍で朝日杯の勝ち馬ローズキングダム。続いてアリゼオ、サンライズプリンスの2頭が人気を集めた。アリゼオに初騎乗となった横山典弘騎手は今まで先行していたアリゼオで、思い切った逃げを放ち、そのまま逃げ切り勝ち。2着には10番人気ゲシュタルトが入り、ローズキングダムは休み明けが響いたのか3着に破れた。

かつては皐月賞と全く同じ舞台の弥生賞に有力馬が集まっていたが、近年ではマイラーなどの参戦もあり、レベルの上がっているレースである。皐月賞に直結せずとも、ディープブリランテなどダービーで活躍する馬なども登場し、このレースだけでなく、その後も好走馬には注目しておきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line