TOP > レース > 【阪神大賞典】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【阪神大賞典】過去5年のレースをプレイバック!

天皇賞春へ向けたステップレース!過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 連覇達成!ゴールドシップ

有馬記念ではオルフェーヴル、ウインバリアシオンに屈し3着であったが、連覇が期待されゴールドシップが1.7倍の断然人気に支持された。2番人気は4歳馬で菊花賞でエピファネイアの2着があるサトノノブレス。3番人気はその菊花賞で3着だったバンデとなり、長距離戦での成績がそのまま人気に反映された。しかしレースでは+10キロのゆとりある仕上げで登場し、58キロを課されたゴールドシップが圧勝。2着には有馬記念11着から巻き返したアドマイヤラクティ。3着にバンデとなった。

2013年 1.1倍断然人気で制す!ゴールドシップ

神戸新聞杯、菊花賞、有馬記念と3連勝で向かうとこ敵なしのゴールドシップが1.1倍の支持を集めた。離れた2番人気に菊花賞4着のあるベールドインパクト、3番人気にダート路線から転向してきて万葉S勝ちのあるデスペラードが推された。大方の予想通り、ゴールドシップが完勝し、末脚の目立ったデスペラードが2着。かつては菊花賞2着もあったが、スランプの続いていたフォゲッタブルが3着と健闘した。

2012年 オルフェ逸走!ギュスターヴクライ

2012年の目玉はなんといっても3冠を含む6連勝で1.1倍の支持を集めたオルフェーヴル。どのような勝ち方をしてくれるのか、ということが注目を集めた。続いて天皇賞春の勝ち馬ヒルノダムール、ダイヤモンドS2着からの参戦の新星ギュスターヴクライなどが人気を集めた。レースはスローペースになり、オルフェーヴルが我慢できず先頭に立つ競馬に。すると、レースが終わったと思ったのか、お決まりのやんちゃぶりを見せて騎手を振り落とそうとする。コントロールの効かなくなったオルフェーヴルは3コーナーで大幅に外へ逸走し、競走中止になるかと思われた。しかしそこからがオルフェーヴル。一気に馬群に取り付きレースに戻る。最後まで追い詰めるも、内をロスなく回ったギュスターヴクライが1着でオルフェーヴルは2着と破れた。しかしこれぞ負けて強し!という競馬で改めてオルフェーヴルの強さが目立った1戦だった。

2011年 菊花賞3着の実力!ナムラクレセント

1番人気は万葉S、ダイヤモンドSと長距離戦線で目立ち始めたコスモメドウ。続いて近走はスランプ気味も菊花賞馬のオウケンブルースリ、そしてその菊花賞で3着だったナムラクレセントなどが人気を集めた。結果は1着ナムラクレセント、2着コスモメドウ、3着モンテクリスエスとなった。勝ったナムラクレセントは2年前にも3着歴があり、翌年の当レースでも3着に好走し、阪神大賞典と相性の良い馬であった。

2010年 ベテランの意地!8歳馬!トウカイトリック

1番人気は牝馬ながら日経新春杯を制したメイショウベルーガとなった。続いて神戸新聞杯の勝ち馬イコピコ、メジロマックイーンの血を引くホクトスルタン、ジャミール、トウカイトリックと人気を分けあった。レースを制したのは8歳馬トウカイトリック。ディープインパクトと同じ世代の馬であり、2007年には当レースでディープインパクトの2着にも好走していた。8歳となったこの年も万葉Sを制する活躍をしていた。2着にはジャミール、3着に牝馬のメイショウベルーガが入った。

かつてはナリタブライアンとマヤノトップガンの一騎打ちなどの名勝負が生まれたレースでもあり、近年でもディープブリランテ、オルフェーヴル、ゴールドシップといった超GⅠ馬の出走が目立ち格の高いGⅡレースとなっている。今年はどんな名勝負が生まれるのか。3000mの長丁場から目が離せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line