TOP > レース > 【2015年ニュージーランドトロフィー】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年ニュージーランドトロフィー】過去5年のレースをプレイバック!

NHKマイルカップのトライアルレース。3歳マイル王はこのレースから出るか!?過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 同馬主対決制す!ショウナンアチーヴ

前走のファルコンSは6着に敗れるものの、暮れの朝日杯FSで2着に入った実績のあるショウナンアチーヴが1番人気。イダス、カラダレジェンド、ショウナンワダチと人気は続き、5番人気のウインフェニックスまでが単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースは最内枠パワースラッガーが内枠を利して先手を奪う一方で、ショウナンアチーヴは出遅れる展開となった。4コーナーでイダスが先頭に立つとベルルミエールがすかさず並んで今度は先頭へ。さらに外から同じ勝負服のショウナンワダチ、ショウナンアチーヴが併せ馬の形で前に迫る。ハナ差の激戦は外のショウナンアチーヴが制し、先頭でのゴールとなった。

2013年 重賞3勝目でいざ本番!エーシントップ

朝日杯FS3着、共同通信杯2着のゴッドフリートが1番人気。重賞2勝のエーシントップが2番人気、3番人気はレッドアリオンだった。ゴッドフリート、レッドアリオンがスタートで出遅れる一方で、すんなりと前に付けられたエーシントップ。4コーナーでは逃げたラヴネヴァーダイズ を交わし、ストーミングスターと並ぶ形で先頭へ。ゴール前は最内を突いたレッドアリオンを含んだ3頭横並びの競り合いとなったが、わずかにエーシントップが競り勝ち、クビ+ハナ差の接戦を制した。1番人気ゴッドフリートは伸びを欠き9着に敗れた。この後NHKマイルCを10番人気で勝利したマイネルホウオウは4番人気で7着に敗れていた。

2012年 GⅠ制覇への足掛かり!カレンブラックヒル

デビューから2連勝中のカレンブラックヒルが1番人気。前走クロッカスSを制したセイクレッドレーヴが2番人気で、3番人気は京王杯2歳S3着、アーリントンC2着のオリービンだった。スタート直後前が横に広がった中からバンザイが先手を取る展開。直線に向いても2馬身のリードがあったが、内で脚をためていたカレンブラックヒルが坂下で抜け出してくる。セイクレッドレーヴとブライトラインの激しい2着争いを尻目に2馬身半差の完勝だった。勝ったカレンブラックヒルは次走のNHKマイルCでも1番人気に支持され、今度は3馬身差の圧勝で無敗でのGⅠ制覇を成し遂げた。

2011年 未勝利勝ちの舞台で金星!エイシンオスマン

この年は震災の影響で阪神競馬場で開催された。1番人気は2歳王者グランプリボス。ダノンシャーク、ラトルスネークと人気は続き、4番人気リアルインパクトまでが単勝10倍を切る人気だった。レースはややばらついたスタートから、きさらぎ賞で2着に逃げ粘ったリキサンマックスがここでも先手を主張する展開。比較的スローな流れで進み、隊列に大きな変化は無くそのまま直線へ。馬場の真ん中から人気各馬が迫るが、前には届かず。2番手を追走していたエイシンオスマンが先頭でゴールに飛び込んだ。馬群を割って伸びてきたエーシンジャッカルが2着。グランプリボスは3着だった。敗れたグランプリボスだったが、次走のNHKマイルCではその実力を遺憾なく発揮し、優勝。古馬になってもマイルGⅠで再三上位を賑わせる息の長い活躍を見せた。

2010年 大外枠から圧勝!サンライズプリンス

デビュー2連勝からスプリングSで皐月賞の権利取りに挑むも、4着に敗れたサンライズプリンス。マイル戦線に矛先を向けてきたこのレースで1番人気に支持された。朝日杯3着馬のダイワバーバリアンが2番人気だった。レースはケイアイブリザードが先頭に立ったところを外からコスモセンサーが交わしていく展開。サンライズプリンスは徐々に前へ前へとポジションを上げていった。4コーナーを回り直線に入るとサンライズプリンスが先頭へ。ダイワバーバリアン、レトが追いすがるも差は詰まらず。初のマイル戦・大外枠も苦にせず、サンライズプリンスが先頭でゴールした。本番のNHKマイルCではサンライズプリンスが4着、ダイワバーバリアンが2着と健闘した。

NHKマイルC唯一のトライアルレースであるニュージーランドトロフィー。3年前はカレンブラックヒルがここを勝ち、マイル王へと突き進んでいった。マイネルホウオウやグランプリボス、ジョーカプチーノやロジックなど、このレースで敗れてはいるがここをステップにNHKマイルCを制している馬が多数いることにも注目したい。今年はどの馬が3歳マイル王に名乗りを挙げるか?好レースを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line