TOP > レース > 【日経賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【日経賞】過去5年のレースをプレイバック!

天皇賞春へのステップレース日経賞。過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 完全復活!ウインバリアシオン

1番人気はオルフェーヴルの後を追ってきたウインバリアシオンだった。1年以上の休み明けから金鯱賞3着、有馬記念ではオルフェーヴルの2着に好走し、オルフェがターフを去ったここは負けられない1戦であった。2番人気は宝塚記念以来のフェノーメノ。3番人気にラストインパクトとなった。レースはウインバリアシオンが3コーナーから一気にマクっていく強い競馬を見せ、実に3年前の青葉賞以来の勝利を挙げた。2着は10番人気ホッコーブレーヴ、3着にはラストインパクトとなった。

2013年 GⅡでは負けられない!フェノーメノ

青葉賞、セントライト記念とトライアルのGⅡでは強さを誇っていたが、ダービー、天皇賞秋といったGⅠクラスでは2着と涙を流していたフェノーメノが2.0倍の人気に応えて優勝。同舞台の有馬記念でゴールドシップの2着に好走したオーシャンブルーは9着に破れた。2着には10番人気で日経新春杯を制していたカポーティスターが入り、3着にもその日経新春杯で2着だったムスカテールが入った。

2012年 単勝万馬券がまんまと逃げ切り!ネコパンチ

1番人気は軌道に乗り始めた良血馬ルーラーシップ。2番人気にウインバリアシオン、そのあとは離れた人気となり、2強による対決と見られていた。しかし馬場のコンディションは重馬場のどろんこ馬場で最悪な状態。それを見た大穴男、江田照男騎手とネコパンチは単勝167倍と全く人気がないことから気分良く大逃げを打つ。ウインバリアシオン、ルーラーシップが徐々にマクっていく展開も、中山の直線は短く、ネコパンチが堂々の逃げ切り。江田照男騎手と言えば、GⅠのスプリンターズSでも単勝万馬券のダイタクヤマトを勝利に導くなど、超人気薄の逃げ馬で怖い存在であった。ウインバリアシオンは2着、ルーラーシップは3着と破れた。

2011年 最強世代独占!トゥザグローリー

この年は震災の影響で阪神の2400mで行われた。力通り決まりやすい外回りコースでおこなわれ、前走の京都記念も制していた1番人気のトゥザグローリーが完勝。2着にも有馬記念4着のペルーサ、3着は前年のダービー2着馬ローズキングダムと、4歳馬の1~3着で、最強世代と言われていた強い馬たちがそのまま上位を独占する結果となった。

2010年 天皇賞馬の意地!マイネルキッツ

1番人気は前年のダービー馬ロジユニヴァースとなったが、半年以上の休み明けで+24キロと厳しいコンディションでの1戦となった。並ぶように2番人気にAJCC勝ちのネヴァブション、そしてナムラクレセントとなった。しかし制したのは前年の天皇賞春馬マイネルキッツ。前年の日経賞でも2着に好走しており、終わってみれば当然の結果であった。2着に同舞台の有馬記念で3着だったエアシェイディ、3着にトーセンクラウンとなった。

天皇賞春に向けたステップレースとしてあるが、中山芝2500mと言えば暮れの大一番、有馬記念と同じ舞台設定でもある。3月に行われる重賞ではあるが、その結果は暮れの有馬記念まで覚えておいて損はない。GⅠでは惜しいレースが続いている馬が勝ちきるレースでもあり、今年はどんなGⅡホルダーが誕生するのか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line