TOP > レース > 【2015年毎日杯】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年毎日杯】過去5年のレースをプレイバック!

皐月賞への最終便、毎日杯!過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 混戦制す!マイネルフロスト

この年は混戦模様で、1番人気のラングレーも500万条件を勝ったばかりで3.7倍と割れた人気であった。2番人気に4.4倍でアズマシャトル、3番人気6.2倍エイシンブルズアイ、そしてステファノス、マイネルフロストまでが10倍以下の人気となった。そんな混戦を制したのは5番人気のマイネルフロスト。重賞では5.7.4着と惜しい競馬が続いており、念願の重賞勝利を果たした。後にダービーでも3着に入る活躍を見せる。2着にはエイシンブルズアイ、3着にステファノスとなった。

2013年 クラシックへ間に合った!キズナ

圧倒的1番人気は1.5倍のキズナ。ラジオNIKKEI賞では3着、弥生賞では前が詰まり5着と、賞金を加算できず権利も取れず、このレースに懸けていた。ここではさすがに役者が違い、後続を0.5秒突き放す圧勝。2着には初芝のガイヤースヴェルト。ラジオNIKKEI賞でキズナに先着したバッドボーイは3着に敗れた。

2012年 1番人気に応える!ヒストリカル

1番人気はきさらぎ賞で2着だったヒストリカル。その時の優勝馬がワールドエースと、この世代トップクラスと言われていた馬の2着なだけに、ここでは優勝濃厚と見られていた。2番人気に京成杯3着のアドマイヤブルー、3番人気に2連勝中のマウントシャスタとなった。結果はヒストリカル、マウントシャスタ、スピルバーグで決まり、上位は人気馬で決着した。

2011年 世代最強セン馬!レッドデイヴィス

1番人気はデビュー2連勝でブエナビスタの弟トーセンレーヴが推された。2番人気はシンザン記念の勝ち馬レッドデイヴィス。離れた3番人気にスマートロビンとなった。結果は2番人気のセン馬レッドデイヴィスが他馬より1キロ重い斤量を背負いながらも完勝。前走のシンザン記念で破ったマルセリーナ、オルフェーヴルの後の活躍を考えればレッドデイヴィスの能力は相当なものだったとわかる。2着にコティリオンが入り、3着にトーセンレーヴとなった。

2010年 NHKマイルカップへ向けて視界よし!ダノンシャンティ

1番人気はエアグルーヴの子ルーラーシップ。2番人気にはデビュー2連勝でディープインパクトの甥にあたるリルダヴァル。3番人気にダノンシャンティとなった。近年では毎日杯⇒NHKマイルカップ⇒ダービーというローテが目立ち、同じローテだったキングカメハメハを管理した松田国英厩舎と同じダノンシャンティは、その期待に応えここでは優勝した。後にNHKマイルカップも制すが、ダービーには故障で出走が叶わなかった。2着にミッキードリーム、3着にリルダヴァルとなった。

皐月賞トライアルとして位置している毎日杯であるが、近年ではキングカメハメハ、ディープスカイ、ダノンシャンティのように、ここをステップにNHKマイルカップへ進む馬が増えている。外回りの1800mということで紛れがなく、強い馬がそのまま能力通りに通用するため、今年もハイレベルな1戦が期待される。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line