TOP > レース > 【2015年北九州記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年北九州記念】過去5年のレースをプレイバック!

荒れる小倉の短距離戦北九州記念。ハンデ戦ということもあり、馬券検討にも一苦労する一戦だ。そんな北九州記念の過去5年をレース映像でプレイバックする。
馬キュレ

2014年 大荒れ決着!リトルゲルダ

2014年の北九州記念は大荒れだった。1番人気エピセアローム(7着)、2番人気ベルカント(6着)、3着ニンジャ(14着)と上位陣総崩れの中、制したのは8番人気のリトルゲルダだった。2着にはハナ差で13番人気のメイショウイザヨイ、3着には17番人気のカイシュウコロンボが入って3連単395万円の大波乱だった。

2013年 見事な差し切り勝ち!ツルマルレオン

1番人気のサドンストーム(10着)が単勝オッズ5.4倍と混戦ムードが漂った一戦を見事差し切ったのは6番人気のツルマルレオンだった。道中は後方待機で直線に向くと外に出されて末脚爆発。最後は5番人気ニンジャの追い込みを3/4馬身差抑えて待望の重賞初勝利を手に入れた。3着は2番人気のバーバラ。

2012年 鋭い末脚を活かして重賞初制覇!スギノエンデバー

1着から11着までが0.5秒以内という大混戦を制したのは大外から鋭い末脚で伸びた8番人気のスギノエンデバーだった。道中は12~13番手で脚を溜めると直線ではその脚が爆発した。2着には12番人気のシゲルスダチ、3着には6番人気のエピセアロームが入り、3連単は99万円の高配当。

2011年 牝馬のワンツースリー!トウカイミステリー

「夏は牝馬」の格言通り牝馬のワンツースリーで決した2011年の北九州記念は8番人気のトウカイミステリーが勝利した。道中後方で脚を溜めたトウカイミステリーは直線で上がり最速の脚を繰り出して2番人気のエーシンリジルを半馬身差退けた。3着にはさらにクビ差で1番人気の3エーシンヴァーゴウ。

2010年 6歳牝馬が待望の重賞初制覇!メリッサ

このレースで単勝2.9倍に推された1番人気のラグラーティアは6着に敗れた。そんな中でレースを制したのは6歳にして初重賞制覇となったメリッサだった。後方待機から軽ハンデを活かした末脚で2着の3番人気スカイダノンを半馬身差抑えて勝利を手にした。3着には前年の同レース覇者で6番人気のサンダルフォン。
北九州記念は短距離であり、かつハンデ戦ということでよく荒れる傾向がある。また、牝馬や斤量が軽い馬など、夏のローカル重賞らしくそれまであまり通用していなかった馬でもここで一発穴をあけることもあるようだ。穴党にとってこれほど面白いレースはないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line