TOP > レース > 【2015年阪神牝馬S】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年阪神牝馬S】過去5年のレースをプレイバック!

2014年から1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられるようになった。春の古馬女王に一歩近づくのはどの馬か?過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 大出遅れからの直線一気!スマートレイアー

1番人気は武豊騎乗のスマートレイアー。阪神コースでは3戦3勝と抜群の相性を誇っていた。以下トーホウアマポーラ、ウリウリ、ウイングザムーンと人気は続いた。レースはゲートが空くとスマートレイアーが大きく立ち上がってしまい、最後方からの競馬。4コーナーを回っても一番後ろの位置だったが、大外に出されると勢いよく脚を伸ばし、馬群を縫って出てきたウリウリ以下を差し切った。上がり3Fは最速の33秒3であった。スマートレイアーはヴィクトリアマイルでも1番人気に支持されたが、いつもの豪脚は鳴りを潜め8着。このレースで11着だったヴィルシーナが連覇を達成した。

2013年 2連勝でいざGⅠへ!サウンドオブハート

前走京都牝馬Sを制したハナズゴールが1番人気。サウンドオブハート、アイムユアーズの3頭までが単勝オッズ10倍以下の人気だった。レースはクィーンズバーンが逃げて、同枠ファインチョイスが2番手につける展開。直線に入ると馬場の真ん中からサウンドオブハートが抜け出してきたところに、イチオクノホシが迫る。サウンドオブハートがイチオクノホシをわずかにこらえ切り、先頭でのゴールとなった。ハナズゴールは4着に敗れた。

2012年 あれよあれよの逃げ切り!クィーンズバーン

前走牡馬相手の阪急杯で2着に健闘したスプリングサンダーが1番人気。桜花賞馬マルセリーナ、3冠牝馬アパパネがこれに続いた。レースはクィーンズバーンがダッシュを利かせて先頭へ。隊列に大きな変化は無いまま直線に向かうと各馬スパート開始。内を狙うスプリングサンダー、外からマルセリーナ、フミノイマージンなどが前に迫るが届かず。結局11番人気の伏兵クィーンズバーンの逃げ切り勝ちだった。クィーンズバーンは翌年の阪神牝馬Sでも3着に入って見せた。

2011年 スプリント女王への道はここから!カレンチャン

人気は、前走山城Sを勝ったカレンチャンが1番人気。京都牝馬S3着のサングレアズールが2番人気で、上位5頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。レースはほぼ揃ったスタートからクロワラモーが押してハナに立つ。カレンチャンはインの好位を追走していた。直線に入ると抜け出したカレンチャンとアンシェルブルーを外からスプリングサンダーが追いかける。3頭の競り合いをカレンチャンが制し、初重賞制覇を飾った。その後スプリント戦線の狙いを定めたカレンチャンは、この年のスプリンターズSを勝利。翌年の高松宮記念も勝ち、スプリント女王に君臨した。

2010年 2連勝で初重賞V!アイアムカミノマゴ

安藤勝騎乗の3連勝中のラドラーダと、フィリーズレビュー1着・阪急杯2着とこのコースに高い適性を見せるワンカラットが単勝4.0倍で並ぶ人気。京都牝馬Sを勝ったヒカルアマランサスが3番人気だった。レースはウエスタンビーナス、サンクスノートが好スタートを切ったが、間からショウナンラノビアが気合をつけて先頭に立つ。人気3頭は後方からレースを進めた。直線に入ると追い出し始めるがいつもの伸びは見られず。中段追走のアイアムカミノマゴが抜け出し、9番人気とは思えない2馬身差の完勝だった。人気馬は軒並み敗れ3連単は44万6150円の波乱だった。

ヴィクトリアマイルのステップレースとして定着してきた阪神牝馬S。しかしこの2つのレースを両方制した馬は過去1頭もいない。興味深いのはヴィルシーナ、ホエールキャプチャ、ヒカルアマランサスなどこのレースで大敗していながら、次のヴィクトリアマイルでは一転好走する馬が出ていることだ。今年はどんなレースが展開されるのか?注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line