TOP > レース > 【2015年京王杯スプリングカップ】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年京王杯スプリングカップ】過去5年のレースをプレイバック!

3週後に行われる安田記念に向けての重要なステップレース。ここから安田記念を勝つ馬が現れるのか?!過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 古豪が貫録勝ち!レッドスパーダ

前年とは打って変わって好天のなか開催されたこのレース。1番人気は前走の高松宮記念を不良馬場にもめげず3馬身差でVのコパノリチャード、2番人気は左回りで重賞3勝しているクラレント、3番人気はシャイニープリンスとなった。しかしレースを制したのは8歳馬のレッドスパーダ。直線で2番手から抜け出し、そのまま押し切り1分19秒7の好時計で重賞3勝目を飾った。2着クラレント、3着にエールブリーズが入り、先行した馬同士の決着となった。

2013年 雨を切り裂き差し切る!ダイワマッジョーレ

雨が降りしきるなか稍重馬場で行われた一戦。混戦の様相を呈したこの年は、2走連続重賞で2着だったダイワマッジョーレ、快速馬トウケイヘイロー、GⅠ馬サダムパテックの3頭が人気を分け合った。結果は、鞍上の蛯名正義騎手の激しいアクションに応えて伸びたダイワマッジョーレが差し切り勝ち。記念すべき重賞初制覇となった。2着に内から伸びたトライアンフマーチ、3着にガルボが入線した。

2012年 距離短縮で力示す!サダムパテック

前年に続き高松宮記念2着からの参戦となるサンカルロ、連覇を狙うストロングリターン、GⅠ馬ジョーカプチーノなどといったハイレベルのメンバーが揃った。しかしそんななかレースを制したのは4歳馬のサダムパテック。クラシック好走歴もあった実力馬が1400mのレースで活路を見出した。2、3着に人気薄のレオプライムとインプレスウィナーが追い込み、波乱の結末となった。

2011年 本番へつなげる勝利!ストロングリターン

前走の高松宮記念を2着と好走し、得意の1400mに戻って勝利を目指すサンカルロや、快速のGⅠ馬ジョーカプチーノ、個性派の逃げ馬シルポートといった馬が人気を集めた。しかしレースを制したのは4番人気のストロングリターン。1800mの準オープンを制したばかりであったが、ゴール直前で逃げ粘るシルポートを差し切って初重賞制覇を決めた。次走の安田記念でも僅差の2着と好走し、5歳にして本格化したこと裏付ける一戦となった。また、差のない3着にはジョーカプチーノが入り、比較的堅めの決着になった。

2010年 伏兵が好時計で勝利!サンクスノート

この年は、短距離戦線で安定した成績を残していたエーシンフォワードやサンカルロが人気の中心となり、続いて横山典弘騎手が乗るアーバニティが3番人気に推される形となった。しかしレースでは、先手を取り飛ばして逃げるアーバニティの背後を追走していた10番人気のサンクスノートが、ゴール目前で猛追してきた5番人気マルカフェニックスをしのぎ、1分19秒8の好時計で優勝。3着にはアーバニティが逃げ粘った。なお、レースの覇者サンクスノートは好時計で走った反動が出たのか、その後レースに出走することなくここを最後に引退してしまった。

安田記念前哨戦となる伝統のGⅡも今年で60回目を迎える。1400mのスペシャリストや2000mで好走歴があった馬も参戦し、毎年オッズが割れ混戦となり、一筋縄ではいかないレース結果になっている。今年はどんな戦いが繰り広げられるのか、大いに注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line