TOP > 予想/馬券 > 追い切りタイムから調教診断【第51中日新聞杯】最終追い切り情報まとめ
予想/馬券

追い切りタイムから調教診断【第51中日新聞杯】最終追い切り情報まとめ

3月14日に中京競馬場で開催される中日新聞杯の最終追い切りが11日に行われ、有力馬を中心に最終追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

中日新聞杯最終追い切り情報 デウスウルト

inyofu 栗東坂路でハツラツとした動きを披露した。前2走、重賞で好走しているデウスウルトが11日、4F52秒1-38秒8-13秒4の好タイムをマーク。見守った平田師は納得の笑みを浮かべた。 「ちょっと全体的に速過ぎる感じはあったけど、まあこんなものだろう。状態は変わりないよ」と好調維持をアピールする。騎乗した大橋助手も「テンが速くなりましたが、動き自体は良かったと思います」

ディサイファ

inyofu エプソムC勝ちの実績があるディサイファは美浦坂路を単走。輸送を控えた直前追いということで、終始楽な手応えのまま終いだけ伸ばされ、4F55秒3-1F13秒5(馬なり)をマークした。時計は平凡だが重苦しさはなく、ラストの反応も上々。いい意味での平行線で、好調を維持できているようだ。

ミトラ

inyofu 2走前の福島記念で重賞を初制覇したミトラは美浦坂路を単走。こちらも関東からの輸送前で手控えた内容となり、4F55秒2-1F13秒3(馬なり)を計時している。実質の最終追いは1週前に完了しており、反応を見る程度のメニュー消化だったがスムーズにラストは切れており、久々だった前走を使われて一定の上積みは見込んでいいだろう。

アドマイヤフライト

inyofu 11着だったダイヤモンドSから巻き返しを期すアドマイヤフライトは栗東ウッドで追い切られ、ラスト1ハロンを12秒フラットと上々の伸びをお釣り残しの手応えでマークした。中間も馬なりで好タイムを出せており、長期休み明けを2回使われ目下絶好の状態にあると見ていい。

サングレアル

inyofu 良血馬サングレアルは栗東ウッドで、長めスタート・終い重点の併せ馬という“マツパク流”の稽古を消化。未勝利馬相手ながら1秒近くあった差をなんなく縮め、仕掛けられたラストで突き放して3馬身の先着フィニッシュを果たした。エリザベス女王杯以来4カ月ぶりだが、ほぼ力を出せる状態に仕上がっているだろう。華奢だった馬体をひと回り大きく見せている点も好感。

ユールシンギング

inyofu 昨年このレースで4着だったユールシンギングは美浦ポリトラックコースでの追い切り。終いだけ重点の内容で、先行していた500万条件馬をゴール前で追い詰め同入に持ち込んでいる。ラストで見せた気迫は前走時以上のものがあり、リフレッシュで立て直された効果は大きそう。

各出走馬追って一言

inyofu ◆アドマイヤフライト・川島助手 「予定通り。前走は距離に尽きる」

◆サングレアル・岩田騎手 「体がひと回り大きくなって、いろいろな意味で成長している」

◆サンレイレーザー・矢野助手 「復帰予定を延ばして良くなった。開幕週の馬場は魅力」

◆ダノンジェラート・萩原師 「状態は上がっている。重賞でも通用する力はある」

◆ディサイファ・小島太師 「間隔をあけてじっくりやってきた。いい雰囲気だね」

◆デウスウルト・大橋助手 「動き自体は良かった。折り合ってスムーズな競馬ができれば」

◆ネオブラックダイヤ・鹿戸師 「最初のコーナーまで長いほうが競馬がしやすい」

◆パッションダンス・友道師 「先週までしっかりやっているので今週は余裕残し」

◆ヒットザターゲット・清生助手 「前走は道悪。57・5キロは苦にならない」

◆マイネルミラノ・相沢師 「早めに先頭に立ってどこまで粘れるか」

◆ミトラ・萩原師 「動きは良く、中間も順調にきている。トップハンデ(タイ57・5キロ)も当然だと思えるし、好レースを期待」

◆ユールシンギング・大塚助手 「調教はしっかりできているし、動きは前走よりいい。昨年4着だし、コースも合う」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アドマイヤフライト 牡6 56 藤岡佑介 (栗)橋田満 11日栗C重:80.3-65.4-51.3-37.8-12.1:強め
アンコイルド 牡6 56 *高倉稜 (栗)矢作芳人 11日栗坂重:53.7-38.9-12.6:一杯
キングズオブザサン 牡4 55 *吉田隼人 (栗)荒川義之 11日栗ポ良:61.5-47.8-35.5-12.1:強め
ゲシュタルト 牡8 54 *松若風馬 (栗)長浜博之 11日栗C重:49.7-36.7-12.2:一杯
コスモオオゾラ 牡6 55 *柴田未崎 (美)高橋義博 11日南w良:67.5-52.3-38.3-13.6:強め
サングレアル 牝4 53 *岩田康誠 (栗)松田博資 11日栗C重:98.2-66.1-51.6-38.5-12.4:強め
サンレイレーザー 牡6 56 *バルジュ (栗)高橋義忠 11日栗ポ良:77.7-61.6-48.1-36.2-11.9:一杯
ダノンジェラート 牡6 55 横山典弘 (美)萩原清 11日南w良:69.3-53.9-39.0-12.8:馬也
ディサイファ 牡6 57 四位洋文 (美)小島太 11日美坂稍:55.3-40.9-13.5:馬也
デウスウルト セ7 55 川田将雅 (栗)平田修 11日栗坂重:52.1-38.8-13.4:馬也
ネオブラックダイヤ 牡7 54 *松山弘平 (美)鹿戸雄一 11日南w良:67.7-53.0-39.4-13.6:馬也
パッションダンス 牡7 56 *松田大作 (栗)友道康夫 11日栗坂重:54.3-39.4-13.2:一杯
ヒットザターゲット 牡7 57.5 *北村友一 (栗)加藤敬二 11日栗坂重:54.7-39.0-12.8:一杯
フレージャパン 牡6 53 *勝浦正樹 (栗)森秀行 11日栗坂重:53.0-39.1-13.0:一杯
マイネルミラノ 牡5 55 柴田大知 (美)相沢郁 11日南w良:67.0-52.1-38.1-12.6:馬也
ミトラ セ7 57.5 *蛯名正義 (美)萩原清 11日美坂稍:55.2-40.6-13.3:馬也
メイショウカンパク 牡8 56 *川須栄彦 (栗)荒川義之 11日栗坂重:55.0-39.9-13.5:一杯
ユールシンギング 牡5 57 *M.デム (美)勢司和浩 11日美ポ良:82.0-65.7-50.9-37.0-12.0:一杯

みんなの評価は


前回まとめた弥生賞の最終追い切りでオススメ馬が全然馬券に絡まなくて落ち込んだうまキュレ班。今回は立て直しを図りたいがハンデ戦のレースは追い切りに直結するか微妙なトコロ。それでもよく見えた馬は、ミトラ、ダノンジェラート、サングレアル、アドマイヤフライト。特にミトラ今週の時計は平凡だったが、1週前追い切りで美浦坂路で全体2番目に良いタイムを出してるのでいつも通り力は出せる状態にある。ここ2走は充実した内容なので斤量さえ克服すればこのメンバーでも上位争いは可能だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line