TOP > レース > 【2015年高松宮記念】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年高松宮記念】過去5年のレースをプレイバック!

春のスプリント王を決める高松宮記念。過去5年をレース映像をプレイバック!
馬キュレ

2014年 豪雨を味方に!コパノリチャード

ロードカナロアが去って後継スプリント王を決めるべく年となった2014年高松宮記念。この日は突然の豪雨に見舞われ、最終週でもあることから馬場状態はかなり悪くなっていた。そんな中1番人気は牝馬のストレイトガールとなった。2番人気にロードカナロアに食らいついていたハクサンムーン、3番人気に阪急杯の勝ち馬コパノリチャードとなった。前は早くなると見られたが、その逃げ馬のハクサンムーンが出遅れて後方から。逃げたのは人気薄のエーシントップで続いてコパノリチャード。結局行ったいったの競馬となり、2番手にいたコパノリチャードが1着。15番人気エーシントップは4着に粘った。2着にはダートで成績を残していたスノードラゴンで、ダート並にパワーのいる極悪馬場になったことが味方した。3着に1番人気ストレイトガール。この年はフェブラリーSもコパノリッキーが制しており、Dr.コパブームとなった。

2013年 スプリント王君臨!ロードカナロア

前年こそカレンチャンの3着に破れたが、秋にはスプリンターズSで逆転!さらには香港スプリントも制し、もはや敵なし状態であった。ここでも1.3倍の支持を集め、岩田騎手の手綱に応えなんなく優勝。2着にはスプリンターズSでも3着に食い下がったドリームバレンチノ。そして逃げ馬多数でかなりのハイペースになると予想されたが、結果的にスローとなり逃げた10番人気ハクサンムーンが残り3着となった。

2012年 やっぱり強い!カレンチャン

この年は中古競馬場がリニューアルされて記念すべき第一回目の高松宮記念であった。1番人気は5連勝のロードカナロア。2番人気も同じ安田厩舎のカレンチャン。前年では6連勝でスプリンターズSを制す活躍で、香港スプリントで5着、休み明けのオーシャンSでは4着と敗れていた。そして3番人気は阪急杯3着からのサンカルロとなった。結果的にはこの上位3頭で決まり、1着はカレンチャン、2着は追い込んだサンカルロ。ロードカナロアは初GⅠで最内枠なども響き3着となった。

2011年 阪神で連覇達成!キンシャサノキセキ

この年は中京競馬場改装工事のため阪神で代替開催が行われた。1番人気はNHKマイルカップ勝ちがあり、ここ2連勝をしていたジョーカプチーノ。2番人気はオーシャンS勝ちのダッシャーゴーゴー、3番人気に前年の覇者キンシャサノキセキとなった。前年は四位騎手とのコンビで4連勝でこのレースをものにしたが、8歳となったこの年はU.リスポリ騎手とのコンビで挑み見事優勝。南半球産のため、8歳といっても衰え知らずで、中京、阪神で連覇を果たした。2着には翌年にも2着するサンカルロ。3着に11番人気アーバニティが入った。

2010年 4連勝!キンシャサノキセキ

この年は3連勝中だったキンシャサノキセキが1番人気に推された。2番人気に牝馬で引退レースのアルティマトゥーレとなった。改装前最後の中京競馬場での開催で、短い直線コースでの叩き合いは3頭が同タイムという大接戦。それを制したのがキンシャサノキセキであった。2着にビービーガルダン、3着に阪急杯勝ちのエーシンフォワードとなった。キンシャサノキセキはこの4連勝前は二桁着順を繰り返しており、完全にスランプから脱したことをアピールした。

春のスプリント王決定戦にふさわしい豪華なメンバーが集う当レース。春と秋のスプリントGⅠ制覇は難しいが、前年のスプリンターズSを制した馬が、ここでも通用するパターンが多い。昨年は極端な馬場悪化に苦しめられたが、今年はベスト条件で行われそうなだけに本当の最速馬はどの馬か!?を決めるのにふさわしい1戦となりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line