TOP > 競走馬 > 【2015年函館記念】立て直し完了!川田騎手と一花咲かせる!デウスウルト
競走馬

【2015年函館記念】立て直し完了!川田騎手と一花咲かせる!デウスウルト

オープン昇格後は重賞で2,3,2着と堅実な走りを見せているデウスウルト。前々走の産経大阪杯、前走の新潟大賞典こそ相手関係や苦手なコース形態などが影響して結果が出せなかったが、今回は小回りの2000mと得意の距離・コース形態のレース。得意の条件だけにここで重賞初制覇を決めてしまいたいところだ。そんな本馬のここまでの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

【2015年函館記念】コーナー2つの函館は得意なはず!

以下は追い切り後の大橋助手のコメント
inyofu 「函館入り後も落ち着いている。コーナー2つの函館に替わるのはプラス」
inyofu 函館Wコースで熱のこもった追い切りを消化、5F68秒6~ラスト12秒7をはじき出し、最後はステッキも入れられて気合注入の仕上げだ。
大橋助手のコメントにもあるように、函館入り後も順調に調教をこなし、かつ滞在の効果もあり非常に落ち着いている。前走は苦手なコーナーの少ない条件。陣営も巻き返しへ準備万端といったところだ。

【2014年大原ステークス】伏兵扱いも得意の内回りで一変!

1600万条件入りしてからは外回りなどのコースで良いところのなかった本馬であったが、京都内回りで行われたこのレースで一変。後方で道中構えると、直線では大外から一気に前を抜き去り優勝。6番人気の低評価を嘲笑うかのような快勝でオープン入りを決めた。
以下はレース後の平田修調教師のコメント
inyofu 「マイルくらいの距離が合うと思って使ってきましたが、ここのところ結果が出ず、今回初めて2000mを使ってみました。よく折り合いがついていいレースでした。元々期待していた馬ですが、これでオープン入り。次のレースは馬の状態を見てじっくり考えて決めたいと思います」

【2014年チャレンジカップ】外回りでも!最内から器用に差し込み重賞初挑戦で惜しい2着!

1600万条件の時に外回りであまりよい成績が収められなかったこと、そして何より重賞初挑戦ということもあり戦前の評価は9番人気と低評価。しかし、中段後ろで控えると4コーナーで徐々に進出。直線では最内を突き一旦先頭に躍り出る。最後は外からトーセンスターダムにクビ差差されてしまったが、フルーキーと同着の2着。重賞でも通用する力があることを証明した。
以下はレース後の鞍上川田将雅騎手のコメント
inyofu 「いい内容の走りで、直線もいい伸びでした。よく頑張って走っています」

【2015年中山金杯】再び最内から強襲!しかし、前には及ばず3着...

初の小回りでの重賞となった本馬は得意の条件ということもあって7.5倍の5番人気に押される。道中中段後ろで脚を溜め、直線では前走と同じように最内を突いたが、既に前ではロゴタイプとラブリーデイの激しい叩き合いが。2戦連続で重賞で馬券圏内に入ることはできたが、前の馬たちとは力差を感じる内容となった。
以下はレース後の鞍上川田将雅騎手のコメント
inyofu 「いい内容でした。前回、今回と2回続けて安定した競馬をして、よく頑張ってくれました。今後も楽しみです」

この後、中日新聞杯でも2着。しかし、産経大阪杯では超好メンバーということもあって6着。新潟大賞典では不得意な直線の長いコースということもあり13着に敗れてしまう。今回は仕切り直しの一戦となりそうだが、小回りのGⅢということで言い訳のできない条件。更に鞍上の川田将雅騎手はJRA全競馬場重賞制覇がかかる。川田騎手にとっても宝塚記念、七夕賞を制した勢いで一気に記録を決めてしまいたいところであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line