TOP > レース > 【2015年桜花賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年桜花賞】過去5年のレースをプレイバック!

数多くの名牝が誕生してきたこのレース。桜の女王に輝くのはどの馬か?過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 父譲りの末脚で17頭をごぼう抜き!ハープスター

断然の支持を集めたのはハープスター。新潟2歳Sで見せた豪快な勝ちっぷりから早くから注目を集めていたこの馬。前走チューリップ賞もあっさり勝ちきり、単勝1.2倍の大本命だった。2番人気はレッドリヴェール。阪神JFではハープスターを退けており、逆転候補筆頭に挙げられていた。ゲートが開くとハープスターはいつものように最後方へ。レッドリヴェールも後方からの追走となった。大逃げを打ったフクノドリームがリードを保ったまま直線に入ったが、依然ハープスターは最後方。さすがに届かないのでは…と思われたが、大外に進路を取ったハープスターは上がり3F32秒9の異次元の脚を繰り出し、17頭をごぼう抜きして先頭でゴールに飛び込んだ。2着はレッドリヴェール。3着は後のオークス馬ヌーヴォレコルトだった。

2013年 叩き合い制す!アユサン

1番人気は武豊騎乗のクロフネサプライズ。阪神JFでは15番人気ながら2着に入ると、チューリップ賞では3馬身半差の完勝でこのレースに臨んでいた。レッドオーヴァル、トーセンソレイユ、メイショウマンボ、クラウンロゼまでの3頭が単勝オッズ1ケタ台の人気だった。直線ではクロフネサプライズが先頭に立ったところをアユサンが追いかける。さらに外からレッドオーヴァルが伸びてくると、ゴール前はこの2頭の叩き合い。一旦はレッドオーヴァルが前に出たが、アユサンが差し返しクビ差先着した。デムーロ兄弟のワンツーフィニッシュとなり、弟C・デムーロは日本のGⅠ初勝利となった。クロフネサプライズは4着。この年GⅠを3勝するメイショウマンボは10着に敗れていた。

2012年 女傑への道はここから!ジェンティルドンナ

2歳女王ジョワドヴィーヴルが1番人気。シンザン記念を勝ったジェンティルドンナが2番人気で、3番人気はフィリーズレビューの勝ち馬アイムユアーズだった。レースは大外からアラフネが先頭に立ち、隊列を引っ張る。ゴール前は馬場の真ん中を伸びてきたヴィルシーナ、アイムユアーズ、ジェンティルドンナの叩き合い。岩田騎手の豪快なアクションに応えたジェンティルドンナが一歩抜け出し、一冠目を獲得した。この年ジェンティルドンナは牝馬3冠を達成し、ジャパンカップでは現役最強馬オルフェーヴルを破り年度代表馬にも輝いた。

2011年 ディープ産駒初GⅠ!マルセリーナ

牝馬クラシックの大本命・レーヴディソールの離脱で混戦模様となったこの年。1番人気は阪神JF2着のホエールキャプチャ。差が無くマルセリーナが続き、良血ダンスファンタジアが3番人気だった。最内フォーエバーマークの逃げで進んだレースは緩みない流れ。4コーナーを回りホエールキャプチャは大外に持ち出す。一際目を引く伸び脚を見せたのは間を割ってきたマルセリーナ。弾むようなフットワークで坂を駆け上がってくると、先頭でゴール。父ディープインパクトは初年度からGⅠ馬を輩出した。

2010年 三冠への第一歩!アパパネ 

2歳女王アパパネが1番人気。クイーンC勝ち馬アプリコットフィズが2番人気で、関東馬が期待を集めた。フラワーCを勝ったオウケンサクラが逃げると、人気2頭も前の方へ。直線を向くとアパパネは外に持ち出しスパート開始。オウケンサクラが粘るところをゴール前差し切った。勝ったアパパネはこの年牝馬3冠を達成。翌年のヴィクトリアマイルではアパパネを破り、GⅠを5勝した。
http://youtu.be/BYxRf4XS5co

過去5年の勝ち馬からアパパネ・ジェンティルドンナの3冠馬が2頭出ている。さらに注目したいのは、4年連続でディープインパクト産駒が勝利していることだ。今年もこの傾向は続くのか?若き牝馬の熱戦に期待だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line