TOP > レース > 【2015年ヴィクトリアマイル】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年ヴィクトリアマイル】過去5年のレースをプレイバック!

今年で10回目を迎え、まだ歴史の浅いヴィクトリアマイル。毎年牝馬同士の熱いバトルが繰り広げられる!過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 復活で史上初の連覇!ヴィルシーナ

好メンバーが集まった2014年。1番人気は前哨戦の阪神牝馬Sを豪快に差し切ったスマートレイアー、2番人気に2年連続連対中という、このレースと相性が良いホエールキャプチャ、3番人気はGⅠ3勝の4歳馬メイショウマンボとなった。しかしレースを制したのは昨年の覇者ヴィルシーナ。同馬は昨年制した後、6戦連続着外となりスランプに陥っていたが、11番人気の低評価を受けたこのレースで見事に復活を果たした。2着に内から伸びたメイショウマンボ、3着に2年ぶりのマイル戦に投入されたストレイトガールが入線した。

2013年 悲願のGⅠ制覇!ヴィルシーナ

この年は4歳馬が人気の中心を占めた。1番人気は、前年の牝馬3冠で全てジェンティルドンナの2着と涙をのんできたヴィルシーナが推され、2番人気に強烈な切れ味が武器のハナズゴール、3番人気に安定感が持ち味のサウンドオブハートとなった。レースでは、最後の直線で2番手からしぶとく伸びたヴィルシーナが、昨年の覇者ホエールキャプチャの追撃をハナ差しのいで悲願のGⅠ初制覇を飾った。馬主の元プロ野球選手である佐々木主浩氏にとっても記念すべきGⅠ初制覇となった。3着には内からマイネイサベルが伸び、2,3着には古馬が入線し意地を見せた。

2012年 ついにGⅠタイトル獲得!ホエールキャプチャ

混戦の様相を呈したこの年は、押し出された1番人気に昨年の覇者ながらその後の成績が今ひとつの3冠牝馬アパパネ、2番人気に4歳の上がり馬オールザットジャズ、3番人気に前年の桜花賞馬マルセリーナが推された。そして混戦のなか直線で抜け出してきたのは4番人気ホエールキャプチャ。前年の牝馬3冠レースに全て出走し、2,3,3着とあと一歩届かなかったが、見事ヴィクトリアマイルで初GⅠ勝利となった。2着ドナウブルー、3着マルセリーナが入り、4歳馬が上位を独占した。アパパネは以前の輝きを取り戻すことができず5着に敗れた。

2011年 2強対決を制す!アパパネ

何といってもこの年は、昨年の覇者ながら古馬の牡馬相手のG1でも実績を残してきた名牝ブエナビスタと前年の3冠牝馬アパパネの対決に注目が集まった。そして離れた3番人気にレディアルバローザが推された。レースでは、直後を走るアパパネをブエナビスタがマークする形で進み、最後の直線を迎える。直線半ばでアパパネが先に抜け出し、押し切りにかかるが、最後ブエナビスタも底力を示し迫ってくる。しかしアパパネがクビ差しのいで優勝。世代交代となった。3着にレディアルバローザが粘り、堅めの決着に終わった。

2010年 着差以上の完勝!ブエナビスタ

GⅠ3勝で、初めて海を渡った前走のドバイシーマクラシックも差のない2着と好走し、牝馬同士では負けられないブエナビスタが1.5倍の断然人気に支持された。続いて2番人気にはブエナビスタの好敵手、レッドディザイア、3番人気に前々走まで条件戦で3連勝していた安藤勝己騎乗のラドラーダが推された。結果は、直線で大外から悠々と伸びたブエナビスタが、内からするする伸びた8番人気の伏兵ヒカルアマランサスをクビ差とらえてゴール。横山典弘騎手も最後は僅差ながら手綱を抑える余裕を見せていたことから、着差以上の完勝といえる内容であった。3着に11番人気のニシノブルームーンが入り、やや波乱の決着となった。

歴史は浅いながらも、ウオッカやブエナビスタなどの名牝が参戦し、しっかりGⅠタイトルを獲得している。また、前年の覇者が次の年もよく馬券に絡んでおり、リピーターが活躍するレースとして認識されている。今回もリピーターが活躍するのか、または新たなヒロインが誕生するのか?!楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line