TOP > 競走馬 > 最強兄弟のお兄ちゃん、ビワハヤヒデまとめ
競走馬

最強兄弟のお兄ちゃん、ビワハヤヒデまとめ

時には主役となり、時には偉大なる兄として、時には名脇役として、多くの競馬ファンから愛されたビワハヤヒデの名レースや記事、エピソードをまとめてみた。
最強兄弟のお兄ちゃん、ビワハヤヒデまとめ

「BNW」の一角!

inyofu ビワハヤヒデ(1990年3月10日 - )は日本の競走馬、種牡馬である。 1992年に中央競馬でデビューし、早くから頭角を現す。翌1993年のクラシック三冠路線ではナリタタイシン、ウイニングチケットと共に、それぞれの頭文字から「BNW」と呼ばれたライバル関係を築き、ビワハヤヒデは三冠のうち最終戦の菊花賞を制した。1994年には古馬(5歳以上馬)最強馬として確固とした地位を築き、天皇賞(春)、宝塚記念といったGI競走を制覇。

皐月賞、ダービーはライバルたちに譲るも、菊花賞で5馬身差の圧勝!

inyofu 翌1993年(H5)のクラシックは、皐月賞=ナリタタイシン・ダービー=ウイニングチケット・菊花賞=ビワハヤヒデの3強が分け合った。ナリタタイシンはダービーが3着、菊が17着。ウイニングチケットは皐月4着、菊3着。ハヤヒデだけは皐月2着、ダービーも2着と律儀に連対を果たした。
動画を見る

主役としてだけではなく、名脇役としても活躍

inyofu ビワハヤヒデは常に「安定」した強さを示した馬。16戦10勝、2着5回。引退レース以外のすべてにおいて、馬券に絡んでくれた横綱。文句なしの勝利を収めた菊花賞はもちろん素晴らしいレースだったが、たとえ負けても「頑張った」「強かった」と思わせた馬なのである。しかも、「価値ある2着」の思い出は、今も鮮やか。たとえば、柴田政人が悲願の「ダービージョッキー」となったときの2着。さらには、有馬記念でトウカイテイオーが奇跡的に「復活勝利」したときの2着。引き立て役としての印象も強いのである。
動画を見る

2013年の宝塚記念のCMにも抜擢!

動画を見る

顔がでかい!?

inyofu 身体上の特徴では、顔が大きいことがしばしば取り上げられ、チャームポイント、あるいは揶揄の対象となった。アナウンサーの杉本清は、ビワハヤヒデが初めてメンコを外した神戸新聞杯について「これには驚きました。何に驚いたって、デカい顔にです」と振り返り、当時仲間と「写真判定になったら得するのではないか」と言い合っていたと明かしている。また、ライターの阿部珠樹は「岡部騎手を乗せたビワハヤヒデを見ると、騎手の胴体よりも馬の顔の方がはるかに大きく、長く、思わず笑わずにはいられなかった」としつつ、ビワハヤヒデに女性ファンが多かったことについて「その顔がもたらすおっとりした雰囲気のせいもあっただろう」と述べている。
デビュー以来、1度も連を外すことなく常にパーフェクトに近いレースを行ってきたビワハヤヒデだが、1994年の天皇賞(秋)で初めて連帯を外す(5着)。その直後に屈腱炎が判明し、引退することとなった。引退発表直後に開催された菊花賞では、半弟であるナリタブライアンが見事に牡馬三冠を達成。その際、実況の杉本清は最後の直線で「弟は大丈夫だ」と実況したことはあまりにも有名である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line