TOP > レース > 【2015年武蔵野S】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年武蔵野S】過去5年のレースをプレイバック!

暮れのダート王決定戦へ向けて新興勢力が重賞初制覇を遂げて弾みをつけるケースが増えている当レース。そんな武蔵野Sの過去5年のレースをプレイバックする。
馬キュレ

2014年 最後方から鋭い末脚で馬群を飲み込む!ワイドバッハ

1番人気に推されたのは馬券を外したのは2回だけと抜群の安定感を誇る一方で、重賞は未勝利だったエアハリファだった。しかし重賞初制覇を目指したエアハリファは2着に敗れ、またしても重賞制覇を逃してしまう。そんなエアハリファの夢を打ち砕いたのは最後方から素晴らしい末脚を見せた7番人気のワイドバッハだった。最内枠から早め先頭に立ったエアハリファをワイドバッハは持ち前の末脚で半馬身差差し切って勝利を収めた。3着には人気薄11番人気のグレープブランデー。
動画を見る

2013年 GⅠ制覇へ弾みをつける重賞初勝利!

2013年のレースを制したのはダービー3着など、かつては芝で活躍していたベルシャザールだった。5歳となったこの年の5月からダートへと路線変更すると素質が開花。前走のブラジルCでオープン特別を勝利すると武蔵野Sでも2着の3番人気アドマイヤロイヤルを3/4馬身差抑えて見事重賞初勝利。次走のGⅠ制覇へ弾みをつけた。3着には7番人気のベストウォーリア。
動画を見る

2012年 出遅れをカバーする異次元の走り!イジゲン

1番人気に推された3歳馬イジゲンが見事人気に応えて重賞初制覇を果たした。出遅れ癖がある当馬は案の定大きく出遅れて場内にはどよめきが響いたが、すぐに馬群に追いつくと最後は素晴らしい末脚で4番人気のガンジスを半馬身差抑えて見事勝利を収めた。3着には6番人気のダノンカモン。
動画を見る

2011年 ようやく手にした重賞初制覇!ナムラタイタン

前走同コースで行われていた交流GⅠ南部杯で2着に入ったダノンカモンが単勝オッズ1.7倍と断然の支持を受けたレースで勝利したのはかつてデビュー時からの6連勝でダート界を沸かせていた4番人気のナムラタイタンだった。5、6番手を追走したナムラタイタンはダノンカモンを半馬身差退けて重賞初制覇を果たした。3着には3番人気のアドマイヤロイヤル。
動画を見る

2010年 3頭の追い比べを制す!グロリアスノア

1番人気に推されたケイアイガーベラが15着と大敗したレースで3頭による追い比べを制したのは6番人気のグロリアスノアだった。道中は先団馬群にとりついたグロリアスノアは直線で先に抜け出していた4番人気ダノンカモン(2着)と9番人気ブラボーデイジー(3着)の追い比べに内から競りかけるとそのまま差し切った。
動画を見る
過去5年の勝ち馬の中で4頭が重賞初制覇と新興勢力の台頭が目立つ当レース。ただ、2013年の覇者ベルシャザールは次走のジャパンCダートを制したほか、2010年のグロリアスノアも暮れのGⅠでタイム差なしの2着に食い込むなど、ステップレースとしては重要な意味合いを持っている当レース。今後もここで好走した新興勢力には注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line