TOP > レース > 3歳マイル王前哨戦で頭角を現すのは!?第29回【中日スポーツ賞 ファルコンS】
レース

3歳マイル王前哨戦で頭角を現すのは!?第29回【中日スポーツ賞 ファルコンS】

2015年3月21日(土)に中京競馬場で行われる芝1400メートルのGIIIレース、第29回【中日スポーツ賞 ファルコンステークス】。
3歳マイル王を決めるGI【NHKマイルカップ】の前哨戦として行われているこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【ファルコンステークス】の歴史!

inyofu 1987年に創設された4歳(現3歳)限定・別定の重賞競走『中日スポーツ賞4歳ステークス』が本競走の前身で、創設当初は6~7月に中京競馬場・芝1800mで行われていた。その後、1996年に4歳(現3歳)短距離路線の充実を図るため、距離が1200mに短縮されたが、2012年に1400mに変更された。また、2006年に重賞競走体系の見直しにより、開催時期が3月に繰り上げられている。
inyofu 出走資格は、1994年に混合競走に指定され、外国産馬に門戸が開放された。また、地方馬は中央競馬特別指定交流競走となった1997年から2頭まで出走が認められたが、2006年からNHKマイルC出走候補馬2頭に加えて、JRAの2歳GI および芝の3歳重賞を優勝した地方馬は優先出走できることとなった。さらに、2009年から国際競走に指定され、外国馬が9頭まで出走可能となっている。なお、2007年の日本のパートI 国昇格に伴い、グレード表記が従来のGIII からJpnIII に変更となったが、2009年から国際表記のGIII に改められた。
3歳短距離戦線を占う意味で重要な位置付けとなっている【ファルコンステークス】。競走名の【ファルコン】とは、鳥類のハヤブサのことであり、飛翔速度は最高時速300kmに達する。ちなみに、サラブレットの最高時速は80km程である。

【ファルコンステークス】のレースレコード!

【ファルコンステークス】のレースレコードは、2014年に【タガノグランパ】が記録した1:21.2である。
昨年の勝者【タガノグランパ】は【NHKマイルカップ】には出走せず、【皐月賞】に進んだが17着に終わった。

↓【ファルコンステークス】過去5年のレース映像はこちら↓

【ファルコンステークス】の歴史!

inyofu 伏兵馬の台頭に警戒せよ
阪神・芝1200mで行われた2011年を含むファルコンS過去10年の単勝人気別成績を調べると、上位人気馬の好走率が伸び悩んでいる。連対馬20頭中13頭が「4番人気以下」の馬で、2着馬には「6番人気以下」の馬が6頭入っている。また、中京競馬場リニューアル後の過去3年でも、「10番人気以下」の馬が2着に2頭、3着に1頭入っていることから、伏兵馬の台頭は常に頭に入れておいたほうがいいだろう。
inyofu 中京競馬場リニューアル後の傾向は?
リニューアル後の中京・芝1400mで行われるようになった過去3年のファルコンSの傾向を調べてみると、優勝馬3頭はいずれも芝1400m以上のレースで2勝以上の実績を持つ馬だった。
inyofu また、直近で優勝したレースでの単勝人気別に成績を調べてみると、勝ち馬3頭はいずれも直近で優勝したレースにおいて「2番人気以内」に支持されていた。連対馬で見れば、6頭すべてが直近で優勝したレースにおいて「4番人気以内」に支持されていた。直近で1着となったレースで上位人気に支持されていた馬に注目したい。
inyofu さらに、直近で連対したレースの距離別に成績をまとめると、優勝馬3頭は直近で連対したのが「芝1400m以上」のレースだった。率の上でも直近で連対したレースが「芝1400m以上」だった馬が、「芝1300m以下」や「ダートのレース」だった馬を大きく引き離しており、近走での距離実績にも目を光らせておいたほうが得策だろう。
【ファルコンステークス】のレース傾向では、【芝1400m以上のレースで2勝以上の実績】【直近で優勝したレースにおいて2番人気以内】【直近で連対したのが芝1400m以上のレース】の競走馬が好走する傾向にある。また、【上位人気馬の好走率が伸び悩んでいる】というデータは頭に入れておいた方がいいだろう。

第29回【ファルコンステークス】登録馬!

inyofu 【フルゲート18頭】

セカンドテーブル
ペイシャオブロー
アクティブミノル
レンイングランド
ケツァルテナンゴ

ワキノヒビキ
アポロノシンザン
ゴールドペガサス
タガノアガザル
ビヨンジオール

フミノムーン
ブラッククローバー
ブリクスト
マジックシャトル
メイショウマサカゼ

ヤマカツエース
ライドオンウインド

以下、抽選対象馬(1/9)

アンブリカル
キッズライトオン
グレイトチャーター
コパノハート
テイエムダンシング

フェアラフィネ
ブラヴィッシモ
マコトグナイゼナウ
ユメノマイホーム
26頭の登録があった第29回【ファルコンステークス】。【アクティブミノル】や【セカンドテーブル】などの重賞馬も少数ながら登録されているが、現時点での人気はそれほど高くない。

第29回【ファルコンステークス】予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ 
1 ブリクスト 4.4
2 コパノハート 4.8
3 ケツァルテナンゴ 4.8
4 アクティブミノル 6.1
5 アポロノシンザン 8.6
6 フミノムーン 11.1
7 セカンドテーブル 11.7
8 レンイングランド 16.5
9 ヤマカツエース 22.0
10 ワキノヒビキ 33.0
上位人気馬の好走率が伸び悩んでいる傾向がある【ファルコンステークス】。
だが、ここ10年における人気別の勝利数で言えば、
1番人気2勝
2番人気3勝
3番人気0勝
4番人気3勝
6~9番人気1勝
10番人気以下1勝
と、勝率自体は上位人気馬が占める割合が多い。

第29回【ファルコンステークス】有力馬は!?

【芝1400m以上のレースで2勝以上の実績】【直近で優勝したレースにおいて2番人気以内】【直近で連対したのが芝1400m以上のレース】ブリクスト
inyofu ブリクスト(牡3、栗東・吉田直弘厩舎)は前走のクロッカスSで2着。最後は勝ち馬の底力に屈したものの、それと並ぶ最速の上がりを使った。クビ差の3着に負かしたアポロノシンザンも次の500万下を圧勝しており、上位馬のレベルは高かったと言える。中京コースは2戦2勝と相性が良く、ここは重賞初制覇のチャンスだろう。
【芝1400m以上のレースで2勝以上の実績】【直近で優勝したレースにおいて2番人気以内】【直近で連対したのが芝1400m以上のレース】フミノムーン

2015年3月21日(土)に中京競馬場で行われる芝1400メートルのGIIIレース、第29回【中日スポーツ賞 ファルコンステークス】。
現状の予想オッズを見ると、単勝一桁台の競争馬が5頭おり、群雄割拠の様相を呈している。その中でも注目は、好走する条件をすべて満たしている【ブリクスト】である。今まで連対したレースはすべて、出走馬中上位の上がり3ハロンタイムを誇り、中京競馬場との相性も良い。ここで勝って3歳マイル王候補に名乗り出れるか、注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line