TOP > 予想/馬券 > 【2015年スプリングS】ディープインパクト産駒は消し!?大穴はこの馬だ!
予想/馬券

【2015年スプリングS】ディープインパクト産駒は消し!?大穴はこの馬だ!

スタートしてすぐコーナー、そして小回りで直線が短いという波乱要素たっぷりのスプリングS。父ディープインパクトも不振?!波乱を起こす馬は!?
馬キュレ

ディープインパクト不振!

父ディープインパクトはアドマイヤオウジャ5番人気11着、ヘルデンテノール4番人気7着、ダノンアンビシャス7番人気14着、ベルキャニオン2番人気6着、そして後のダービー馬のディープブリランテですら1番人気で2着と(0.1.0.6)と不振である。
今年は人気のリアルスティールとダノンプラチナが父ディープインパクト。今年も波乱が起きるのか!?

関東馬が有利!

西高東低の現在であるが、関東馬が複勝率21.8%なのに対し、関西馬は17.9%。回収率で見ても関東馬の方が優秀な成績となっている。関東のレースだけあって、関西馬は輸送などの負荷もあり、関東馬よりも劣勢となっている。

500キロ以上が好成績!

時計のかかるパワー勝負になるだけあって、500キロ以上の大型馬が複勝率32%で、500未満の馬は17.3%と大きな差がある。
500キロを超える馬体で、関東所属のフォワードカフェが穴馬候補として面白い1頭だ。

1800で一変!?マイネルシュバリエ

デビューから2連対はコーナー4つの1800m戦で、近走は2000mという距離を前に敗れている。札幌2歳Sもハイレベルで3着馬はレッツゴードンキ。姉のマイネグレヴィルも同舞台のフラワーCで2着しているように血統的な舞台適性は高い。

重賞ウィナーがダノンプラチナ、ベルーフ、ミュゼスルタン、リアルスティールとハイレベルな1戦となりそうなスプリングS。中でもディープインパクトの血を持ち、ともに瞬発力勝負だけで勝ち上がってきたリアルスティールは危険!?そこから大穴候補として導かれるのは、500キロを超える馬体を持つ、フォワードカフェ、キタサンブラック、関東馬のマイネルシュバリエ、ブラックバゴなどであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line