TOP > レース > 【2015年皐月賞】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年皐月賞】過去5年のレースをプレイバック!

牡馬クラシック第一弾・皐月賞!三冠馬の資格を得ることができるのはただ1頭!果たして今年は?過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 血統の常識覆す!イスラボニータ

1番人気は4連勝で弥生賞を制したトゥザワールド。鞍上川田騎手は桜花賞のハープスターに続く2週連続のGⅠ勝利が期待されていた。2番人気は共同通信杯勝ち馬イスラボニータ。3番人気はデビュー3連勝できさらぎ賞を制したトーセンスターダムだった。バンドワゴンの回避によりどの馬が先手を取るか注目されたが、大外からウインフルブルームが先頭へ。直線ではウインフルブルーム、先行策を取ったアジアエクスプレス、トゥザワールドの8枠3頭をイスラボニータが捉える。トゥザワールドが懸命に食い下がるが及ばず。クラシックでは少し力が足らないと言われていたフジキセキ産駒だが、最終世代のイスラボニータがその声を封じ込めた。

2013年 王者の走り!ロゴタイプ

2歳王者に輝き、始動戦のスプリングSも快勝したロゴタイプが1番人気。出世レース・ラジオNIKKEI杯の勝ち馬のエピファネイアが2番人気。3番人気はコディーノだった。後の高松宮記念勝ち馬コパノリチャードが先手を取り、1000m通過は58秒0のハイペース。直線は先に抜けたエピファネイアを外からロゴタイプが交わす。ねじ伏せるような走りで、ロゴタイプが4連勝で皐月賞馬の称号を手に入れた。
http://youtu.be/Th7-dd1E2B0

2012年 新・芦毛の怪物誕生!ゴールドシップ

スプリングSを勝ったグランデッツァが大外枠ながら1番人気。4戦3勝のワールドエースが2番人気だった。メイショウカドマツ、ゼロスの2頭が飛ばし、前半の1000mは59秒1。当日の馬場状態を考えるとかなりのハイペースだった。4コーナーでは各馬荒れた馬場を嫌い外へ持ち出す。ほぼ最後方にいたゴールドシップはぽっかり空いた内を突き、力強い走りで先頭へ。内田騎手の好騎乗が光る1戦となった。ゴールドシップはこのレースを含めGⅠを5勝。2014年には凱旋門賞に挑戦した。

2011年 3冠への道はここから!オルフェーヴル

この年は震災の影響で東京競馬場で行われた。東スポ杯2歳S、弥生賞の勝ち馬サダムパテックが1番人気。共同通信杯を制したナカヤマナイトが2番人気だった。レースは4番人気のオルフェーヴルが残り200m付近で抜け出すと、2着のサダムパテックに3馬身差の完勝。京王杯2歳Sでは10着に敗れていたためコース適正に不安があったが、そんな外野の声を振り切った。オルフェーヴルはその後日本ダービー・菊花賞も制し、史上7頭目の三冠馬に輝いた。

2010年 最内から突き抜ける!ヴィクトワールピサ

4連勝で弥生賞を制したヴィクトワールピサが1番人気。鞍上はケガで療養中の武豊騎手に代わり岩田騎手だった。2歳王者ローズキングダムが2番人気。スプリングSを勝ったアリぜオが3番人気だった。最後の直線ではヴィクトワールピサの岩田騎手が迷うことなく最内に突っ込む。大外から追い込んできたヒルノダムールなどに1馬身半差をつけて先頭でゴールした。ヴィクトワールピサはこの年有馬記念も制覇。翌年のドバイワールドカップでは日本馬初の優勝。日本を勇気づける走りを見せてくれた。

ドバイに挑戦したヴィクトワールピサ、凱旋門賞に挑戦したオルフェーヴル・ゴールドシップなど世界を相手にした馬がここから出ている。最も速い馬が勝つと言われている皐月賞。三冠馬の権利を得るのはどの馬か?注目の一戦だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line