TOP > 競走馬 > その実力は英雄にも劣らない!ハーツクライまとめ
競走馬

その実力は英雄にも劣らない!ハーツクライまとめ

日本馬でディープインパクトに唯一先着した競走馬であるハーツクライの名レースや記事、エピソードをまとめてみた。
その実力は英雄にも劣らない!ハーツクライまとめ

ディープに唯一先着した国内馬

inyofu 2005年の有馬記念、2006年のドバイシーマクラシックなどで勝利した。日本調教馬でディープインパクトに唯一先着した競走馬である。母アイリッシュダンスは新潟大賞典、新潟記念(ともに1995年)など中央競馬で9勝を挙げた馬で、ハーツクライはその母の名より連想してダンスパフォーマンスの『リバーダンス』中の一曲「ザ・ハーツクライ(The Heart’s Cry)」から名付けられた。

ダービーは大王の2着

inyofu 2004年1月の京都競馬場の3歳新馬戦でのデビュー戦を難なく勝利し、次のきさらぎ賞では1戦のキャリアながら3着に入り素質の高さを見せる。その後若葉ステークスでスズカマンボとの叩きあいを制し、挑んだ3歳牡馬クラシック第一弾皐月賞はダイワメジャーの14着と大敗。続く京都新聞杯では再びスズカマンボに競り勝ち、迎えた東京優駿(日本ダービー)では直線で大外から追い上げ、3着のハイアーゲームを捕らえるがキングカメハメハのレースレコード勝ちの前に屈し、2着となる。
動画を見る

4歳秋に覚醒!英雄ディープインパクトを打ち破る!

inyofu 16万人を超えるファンが詰め掛けた中山競馬場、そのスタンドに向けて高々と左腕を突き上げたのはハーツクライの鞍上クリストフ・ルメール騎手。日本ダービー2着、宝塚記念2着、そして前走・ジャパンカップでも2着と、大舞台で三度も悔し涙を流してきたハーツクライ。ルメール騎手もまた、これまでGIでは2着が5回。人馬ともに悲願のGI初制覇となりました。  誰にとっても“想定外”だったハーツクライの先行抜け出し策を「スタートが良かったので、馬に任せていい位置が取れた」と振り返ったルメール騎手。いっぽう「今日は飛ばなかった」とディープインパクトの武豊騎手。  閃きのポジショニングが“いつも通り”に勝ったのか、それともディープインパクトが“いつも通り”ではなかったのか、あるいはこれが3歳と古馬との力差だったのか。いずれにせよ第50回有馬記念は、新たなGI馬とGIジョッキーを生み出し、無敗伝説にピリオドを打つというドラマを見せてくれたのでした。
動画を見る

その強さは世界へ

inyofu  アメリカの二冠馬と凱旋門賞馬の血が日本で合致した結果が、5歳時のドバイシーマクラシック(G1)と言えよう。アメリカ、ヨーロッパと世界中から一流の競走馬が集まってくるこのレースで、ハーツクライは2着馬に4馬身差を付ける圧勝。世界にその名を轟かせた。  「将来的には父のように世界の大レースを優勝するような産駒が現れて欲しいところです。また、現役時のライバルだったディープインパクトとの2世対決も今後はますます増えてくるでしょう」(徳武さん)
動画を見る
ドバイシーマクラシック優勝後は、欧州最高峰の競走の1つ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスへ出走し3着に健闘。帰国後は、ディープインパクトとの再戦が待っていた。しかしながら、喘鳴症を発症していることが発覚し10着に大敗した。このジャパンカップを最後に現役を引退し種牡馬入りすることとなった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line