TOP > 予想/馬券 > クラシックに向けたレースの調教内容は!?【2015年フラワーC&ファルコンS】最終追い切り情報まとめ
予想/馬券

クラシックに向けたレースの調教内容は!?【2015年フラワーC&ファルコンS】最終追い切り情報まとめ

3月21日に行われる中山中京のメーン重賞【第29回 フラワーカップ&ファルコンステークス】。3歳クラシックへ向けた重要な1戦となるだけに調教の仕上がりが注目される。今回も有力馬の追い切り情報やタイム等をまとめたので是非参考にして欲しい。
馬キュレ

フラワーカップ最終追い切り情報 ディアマイダーリン

inyofu ディアマイダーリンは坂路で4F53秒7~1F12秒9。柔らかな身のこなしだ。菊沢師も「いい感じに仕上がったし、2歳時と比べても力が付いた。気持ちと体のバランスが取れている」と出来には太鼓判。1800メートルも2走前の未勝利戦でV実績。「スタミナがあるし、心肺機能が高いので距離はあった方がいいと思っていた。ここでも楽しみ」

ローデッド

inyofu フェアリーS2着のローデッドは栗東坂路を単走。強めに追われると力強い脚捌きで坂を駆け上がり4F54秒4-1F13秒0をマーク、1週前には併せ馬で一杯に追われ速い時計も出ており態勢は整っている。

ロッカフラベイビー

inyofu ひいらぎ賞3着だったロッカフラベイビーは美浦坂路で3歳未勝利馬と併せ馬。4F55秒0-1F12秒7の時計で駆け抜けた。霧の為脚色は不明だが、脚捌きはしっかりしており体調面に不安はなさそうだ。

ノットフォーマル

inyofu ノットフォーマルは美浦のWコースに入った。道中はメイショウポピュラ(5歳500万)を2馬身追いかけ、直線で外へ。馬なりで楽に3馬身抜け出して、ゴールへと飛び込んだ。5ハロン69秒6。ラスト1ハロンは13秒1にとどまったが、騎乗した黛は納得の表情だ。「我慢させたかったので(長めの距離になる)正面から入った。走り出してからも落ち着いていたし、折り合っていた」と人馬一体の走りに手応えをつかんだ。

アルビアーノ

inyofu アルビアーノはWコースで併せ馬。ラスト1F12秒0の切れ味で、格上のオープン馬トーセンアルニカに2馬身先着した。「いつもいい動きをするが、きょうも良かった」と木村師。「素直でスピードがあるし操作性も高い。1800メートルへの距離延長も心配していないし、どんなレースをしてくれるか楽しみ」

ホワイトエレガンス

inyofu 前走500万下で2着のホワイトエレガンスは美浦ウッドコースで村田騎手を背に併せ馬。古馬500万条件馬(強め)に3馬身ほど先行し、馬なりのまま余力十分に同入した。ここまで休みなく使われているが、一連のデキはキープしている

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アースライズ・矢作師 「無理せずいい動きだった。能力は見劣らない」

◆エヴァンジル・菊川師 「順調に来ています。前走はマイルの流れがきつかったけど、能力はある」

◆エグランティーナ・鹿戸師 「前走から中2週になるが雰囲気はいい。久々の芝でも」

◆カゼルタ・高橋康師 「背、腰の疲れもなく、前走後も順調にきています」

◆ギンザヴィクトリア・水野師 「追い切りの動きは悪くなかったし、順調。折り合いと展開次第」

◆ココ・加用師 「パワータイプで中山の芝は合いそう。(芝の)適性を見たい」

◆サトノフラリッシュ・川島騎手 「動きはいいし、1回使ってよくなっている」

◆ジャポニカーラ・横山和騎手 「追い切りの感じは悪くないし、能力を秘めていそう」
inyofu ◆ジュエルメーカー・千田師 「長いところなら、芝でも対応できると思う」

◆ディアマイダーリン・菊沢師 「いい感じに仕上がりました。気持ちと体のバランスが取れてきましたね」

◆ティーエスクライ・岩元師 「感じは変わりない。輸送で体が減らなければいいね」

◆ハナモモ・金成師 「前走を使ってから状態は上向いてきた」

◆フレンチヴォーグ・大和田師 「ソエで疲れが解消しなかったが、きょうの動きなら問題なし」

最終追い切りタイム一覧(霧が濃く計測不能だった馬は除外)

inyofu アースライズ【A】
3月18日(水)栗東 坂路(良)【53.6-39.1-25.3-12.3】
inyofu アフェクシオン【B】
3月18日(水)美浦 南W(良)【5F67.5-51.8-37.8-1F13.4】
inyofu アルビアーノ【A】
3月18日(水)美浦 南W(良)【5F69.5-53.5-38.7-1F12.0】
inyofu カゼルタ【映像なし】
3月18日(水)栗東 坂路(良)【55.6-39.5-25.1-12.4】
inyofu サトノフラリッシュ
3月18日(水)栗東 坂路(良)【54.0-38.9-25.6-13.0】
inyofu ディアマイダーリン【A】
3月18日(水)美浦 坂路(良)【53.7-39.2-25.5-12.9】
inyofu ノットフォーマル【B】
3月18日(水)美浦 南W(良)【5F69.6-54.5-39.9-1F13.1】
inyofu ホワイトエレガンス【B】
3月18日(水)美浦 南W(良)【5F67.4-51.3-37.5-1F12.9】
inyofu ホワイトフーガ【A】
3月18日(水)美浦 坂路(良)【53.8-39.2-25.4-12.4】
inyofu ローデッド【B】
3月18日(水)栗東 坂路(良)【54.0-39.2-25.6-13.0】
inyofu ロッカフラベイビー【不明】
3月18日(水)美浦 坂路(良)【55.0-40.9-26.4-12.7】

ファルコンステークス最終追い切り情報 ブリクスト

inyofu 中京で2勝しているブリクストは北村友騎手を背に栗東坂路で単走。余力十分に動けており、ラスト1F12秒4で軽快に駆け抜けた。大きな上積みこそ強調できないが、しっかり負荷をかけられているあたりは、いい状態を維持している証拠だろう。

アクティブミノル

inyofu 函館2歳Sの勝ち馬アクティブミノルは朝日杯FS以来となるが、藤岡康騎手が跨り栗東ウッドコースを単走で一杯に追われると、終い11秒9をマークした。しっかり負荷をかけることができており、余念のない仕上がりぶりだ。

アポロノシンザン

inyofu 坂路をキャンターで駆け上がったアポロノシンザン(ファルコンS出走)を見届けたまではよかったが、姿を見失っていたからだ。出てくるはずのWコースに目を凝らすと、視認できるゴール前にそれらしき姿が!!しっかり追って、1F12秒7。 堀井師に直撃すると「いい動き。順調だね」と笑顔。

フミノムーン

inyofu フミノムーンは馬場が荒れた午前10時すぎの坂路で、ラスト12秒5の切れ味。西浦師は「この時間帯で12秒台が出た。いい感じ」。前走は同じ舞台のなずな賞を快勝。「千六とかだとペースが遅くて、スタミナをロスしてしまう。クラスが上がって、速い流れの方が競馬はしやすくなるだろう」

ビヨンジオール

inyofu ビヨンジオールはWコースで5F69秒1~1F13秒0。道中3馬身前を走るブライティアミル(5歳500万)に内から併せ、しっかり併入した。 的場師は「2週続けてやっているので無理しない程度。動きも良かった」と穏やか。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆ケツァルテナンゴ・笹田師 「併せていい動きだった。前走はスムーズさを欠くところがあった」

◆ゴールドペガサス・佐藤吉師 「落馬の影響はなく、ゲート再審査もクリア。中京の1400メートルで改めて期待したい」

◆セカンドテーブル・崎山師 「先週やっているのでしまいだけ。自分のペースですんなり行ければ」

◆タガノアザガル・千田師 「動きは良かった。前回は、緩い馬場の影響もあったのかな」
inyofu ◆ペイシャオブロー・中尾助手 「前走は出遅れて参考外。中間はここを目標に順調に乗り込めた。もう少しやれていい」

◆マジックシャトル・清水久師 「上がり重点で。具合はすごくいい」

◆ヤマカツエース・池添兼師 「しっかりした動き。2走前に1400メートルで勝ったし、中京も特に心配ない」

◆ユメノマイホーム・伊藤伸師 「小倉帰りになるが、具合は変わりない。距離も1400メートルまでなら大丈夫」

◆ライドオンウインド・木原師 「攻め馬は動いていた。折り合い面だけですね」

◆レンイングランド・矢作師 「仕上がりは十分だと思う。距離短縮もいい。ワンペースなので前に行きたい」

◆ワキノヒビキ・清水久師 「予定通りの時計。新潟で走れているので中京も合うと思う」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アクティブミノル 牡3 57 *藤岡康太 18日栗C良:84.0-67.8-52.5-38.1-11.9:一杯
アポロノシンザン 牡3 56 *勝浦正樹 18日南w良:キリ 12.7:一杯
ケツァルテナンゴ 牡3 56 *丸山元気 18日栗坂良:52.7-38.3-12.6:一杯
ゴールドペガサス 牡3 56 *丸田恭介 18日南w良:69.9-54.1-38.1-12.7:強め
コパノハート 牝3 54 *小崎綾也 18日栗坂良:52.2-38.7-12.7:強め
セカンドテーブル 牡3 57 *バルジュ 18日栗C良:85.0-69.4-53.9-39.5-11.6:一杯
タガノアザガル 牡3 56 *松田大作 18日栗坂良:53.5-38.7-13.2:一杯
ビヨンジオール 牡3 56 横山典弘 18日南w良:69.1-54.7-39.5-13.0:強め
フミノムーン 牡3 56 *幸英明 18日栗坂良:54.2-39.3-12.5:馬也
ブラッククローバー 牡3 56 松山弘平 18日栗坂良:53.1-39.0-12.4:馬也
ブリクスト 牡3 56 北村友一 18日栗坂良:55.6-40.0-12.4:馬也
ペイシャオブロー 牡3 57 *吉田隼人 18日南w良:68.8-53.3-39.1-12.9:一杯
マジックシャトル 牡3 56 *国分恭介 18日栗坂良:54.4-38.8-12.5:馬也
メイショウマサカゼ 牡3 56 太宰啓介 18日栗C良:   67.9-51.8-38.1-12.4:一杯
ヤマカツエース 牡3 56 *藤田伸二 18日栗C良:81.6-65.8-51.8-38.5-12.3:一杯
ライドオンウインド 牡3 56 古川吉洋 18日栗C良:81.3-65.4-50.3-37.0-11.8:一杯
レンイングランド 牡3 56 *松岡正海 18日栗坂良:53.3-38.7-12.7:強め
ワキノヒビキ 牡3 56 北村宏司 18日栗坂良:56.5-40.2-12.4:馬也

霧の影響で今回の追い切りは評価が難しいがうまキュレ班のよく見えた馬は【フラワーC】ディアマイダーリン、アルビアーノ、ホワイトフーガ、ローデッド【ファルコンS】セカンドテーブル、アクティブミノル、レンイングランド、ライドオンウインド。特にタイム的に目立った馬はいなかった印象。ただセカンドテーブルは1週前にCWで全体で4番時計を記録していて、しかも大外を回ってのものでかなり好印象だった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line