TOP > 予想/馬券 > 今週の調教注目馬は!?【2015年阪神大賞典&スプリングS】最終追い切り情報まとめ
予想/馬券

今週の調教注目馬は!?【2015年阪神大賞典&スプリングS】最終追い切り情報まとめ

3月22日(日)に行われる阪神・中山のメーン重賞【第63回阪神大賞典&第64回スプリングステークス】。天皇賞(春)皐月賞とGIへつながるステップレースとなるだけに各馬、結果が求められてくる。今回も有力馬の追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

阪神大賞典最終追い切り情報 ゴールドシップ

inyofu 「先週、いい時計が出ているから、今週は動きを確認したかった。迫力があったし合格点。きょうの追い切りで、きっちりと仕上がると思う」見届けた須貝調教師が納得の口ぶりで切り出す。11日に坂路で4ハロン51秒4の好タイムをマーク。この日は全体的な雰囲気の確認を主眼に置いたが、躍動感あふれるフットワークで馬場を駆け抜けた。サージェントバッジ(3歳500万下)との併せ馬。リズムよく進み、直線で仕掛けられるとスッと呼応。ラスト1ハロン12秒4の数字以上の反応のよさで、僚馬を3馬身差、完封した。

ラストインパクト

inyofu ラストインパクトはCWコースでラスト1ハロン12秒1。しまい重点ながら、最後の伸びは実にシャープだった。休み明けになるが調整は順調で、攻め馬もよく動いている。「先週、併せ馬でやっているから、今週は単走で。いい動きをしていた」と松田博調教師はジャッジ。

ラブリーデイ

inyofu 重賞2連勝中のラブリーデイは栗東の坂路を単走。1週前には併せ馬を消化しており、ラストの反応を確認する内容だったが、4F52秒9-1F12秒2(末強め)の好時計をマークした。使ってきている馬だがデキ落ちなどは無く、依然絶好調で万全の仕上がりだろう。

スズカデヴィアス

inyofu スズカデヴィアスはハロー(馬場整備)明け直後の坂路に登場。キビキビしたフットワークで駆け上がり、4F52秒4の好時計をマーク。橋田師は「しっかり走れていた。前走から変わりなくきている」と好感触。

カレンミロティック

inyofu 海外帰りのカレンミロティックはM.デムーロ騎手を背に栗東坂路で4F52秒4-1F12秒9(馬なり)をマークした、約3ヶ月ぶりのレースになるが乗り込みは順調に消化しており、本数も多くほぼ力を出せるデキに仕上がったか。

デニムアンドルビー

inyofu 牝馬のデニムアンドルビーは浜中を背にCWコース3頭併せで余力たっぷりに最先着。直線は2頭の真ん中から楽な手応えのまま抜け出した。鞍上は「いつも通りの動き。休み明けから太い感じもないし、いい意味で変わらない」と出来に太鼓判を押す。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆サイモントルナーレ・田中清師 「モヤの中だったが、けいこは5ハロンで65~66秒では行っていると思う。別定戦で相手もそろうが、状態は変わりなく来ている」

◆スノードン・安田師 「馬の様子は変わりありませんよ。ただ、相手が強いので。3000メートルは大丈夫だと思います。今後のいい経験になれば」
inyofu ◆フーラブライド・木原師 「調教の動き自体はいいけれど、現段階では少し体に余裕が感じられる。このひと追いで絞れてほしいね。強い相手にどこまでやれるか」

 ◆メイショウカドマツ・藤岡師 「調整は順調だし、馬はいい感じ。前回がゴール前で流す勝ち方。GI級が相手だけど、どこまでやれるか楽しみは持っている」

最終追い切りタイム一覧

inyofu メイショウカドマツ 3/18 栗東 CW 良 - 82.1 66.4 51.8 37.8 - 11.8
ラストインパクト 3/18 栗東 CW 良 97.5 81.5 66.0 50.9 37.4 - 11.8
デニムアンドルビー 3/18 栗東 CW 良 - 81.0 65.9 51.4 38.1 - 12.0
スズカデヴィアス 3/18 栗東 坂路 良 - - - 52.4 38.1 24.7 12.2
ラブリーデイ 3/18 栗東 坂路 良 - - - 52.9 39.0 25.1 12.2
ゴールドシップ 3/18 栗東 坂路 良 - - - 54.6 39.7 25.5 12.4
フーラブライド 3/18 栗東 CW 良 - 78.9 63.5 50.2 37.7 - 12.4
スノードン 3/18 栗東 坂路 良 - - - 54.5 39.7 25.7 12.7p
サイモントルナーレ 3/18 美浦 南D 稍重 - - - - - - 12.8
カレンミロティック 3/18 栗東 坂路 良 - - - 52.4 38.2 25.4 12.9

スプリングステークス最終追い切り情報 リアルスティール

inyofu リアルスティールは坂路で併せ馬。終始、馬なりながら、ラスト1ハロン12秒5(4ハロン53秒1)とシャープに伸びて2馬身半先着した。先週11日はCWコースで6ハロン81秒6-11秒4の好時計をマークしており、出走態勢は整っている。福永騎手は「よかったよ。思ったより時計が速くなったけど、エンジンが違うから楽に走れる。デビュー前とは雲泥の差で、どこまでよくなるか分からないし、本番に向けていい競馬ができれば」

ダノンプラチナ

inyofu ダノンプラチナの最終追いは、Wコースで僚馬2頭を目標にする形の単走。ゆったりとしたペースでも首をグッと下げて我慢し、直線で鞍上が手綱を緩めると一気に加速。6F86秒1と全体時計は遅いが、馬なりで1F12秒6と強烈な伸びを披露した。 国枝師は「先週の併せ馬で、もう馬がその気になっている感じ。前の2頭に並ぶことなく、同じ間隔のままで行くように指示した」と調教の意図を説明。「直線で(手綱を)離してからは、いい切れだった」と笑顔で動きに合格点をつけた。

ブラックバゴ

inyofu 京成杯2着ブラックバゴは坂路で4F54秒5~1F12秒7。余力たっぷりでヴィオラーネ(6歳500万)に1馬身先着した。押野助手は「折り合い重視で、力を閉じ込めるような形で。中間の放牧で気持ちの面で余裕が出てきた。競馬は決して上手ではないけど、諦めず走ってくれる。権利を獲れれば」

べルーフ

inyofu 京成杯の勝ち馬ベルーフは栗東ウッドコースで川田騎手を背に3頭併せを行い、3馬身先行する外コルサーレ(古馬1000下)中クイーンチャーム(新馬)の最内に入り一杯に追われると外コルサーレにクビ差先着した。帰厩後も順調に調整されているが、1週前には気の悪さを見せて格下馬に併走遅れ、最終追い切りでは馬場入りを嫌がる面を見せるなど体調自体は問題なさそうだが、気性面に課題が残る。

ミュゼスルタン

inyofu 骨折で休養していたミュゼスルタンは、柴田善騎手が騎乗してWコースで5ハロン67秒8、3ハロン39秒3-13秒2。馬なりだったがラストは内から鋭く伸びて、外のマンオブグァテマラ(500万下)と併入した。ここ2週は併せ馬で遅れていただけに、「調教の疲れが取れて気持ちよく走っていたね」とジョッキーは好感触。「もともと、競馬が上手な馬だし久々は気にならない。力は出せると思うよ」と、復帰戦から期待を込めていた。

キタサンブラック

inyofu キタサンブラックはCWコース併せ馬で最終調整。しまい重点に馬なりのまま6F84秒7~1F12秒0。僚馬のアカネイロ(4歳1000万)を4馬身追走から同入に持ち込んでフィニッシュ。清水久師は「気配も動きも申し分ない。レース後はリラックスしているし状態はいい」と好感触。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆タケデンタイガー・津村騎手 「攻め馬駆けするタイプ。2週続けてまたがったが、動きはいい。1800メートルの距離を克服できれば」

◆ダノンメジャー・橋口師 「何も変わりない。前回は途中で競馬をやめることになってしまった。結果を出してクラシックへ行きたい」

◆フォワードカフェ・田中勝騎手 「調教は動く馬。どんな競馬でもできるタイプだし、この相手でどこまでやれるか楽しみ」
inyofu ◆ベストミックス・松田騎手 「最後までしっかり動いていた。前回より実が入ってきた感じ。芝でも大丈夫だと思う」

◆マイネルサクセサー・柴山騎手 「前走は休み明けで体が使い切れていなかった。追い切りの動きは悪くないし、体が絞れていれば」

◆マイネルシュバリエ・三浦騎手 「素軽くていい動きだったし、併せた感じも悪くない。折り合いさえつけば」

最終追い切りタイム一覧

inyofu キタサンブラック 牡3 56 北村宏司 18日栗C良:84.7-67.0-51.8-38.0-12.0:馬也
タケデンタイガー 牡3 56 津村明秀 18日南w良:67.4-52.2-38.1-13.0:馬也
ダノンプラチナ 牡3 56 蛯名正義 18日南w良:86.1-70.0-54.2-40.1-12.6:馬也
ダノンメジャー 牡3 56 *バルジュ 18日栗坂良:53.6-38.7-12.6:強め
フォワードカフェ 牡3 56 田中勝春 18日美坂良:53.7-39.1-12.5:馬也
ブラックバゴ 牡3 56 *戸崎圭太 18日美坂良:54.5-39.1-12.7:強め
ベストミックス 牡3 56 松田大作 18日栗坂良:53.8-38.7-12.2:一杯
ベルーフ 牡3 56 川田将雅 18日栗C良:83.5-67.8-53.2-39.1-12.0:一杯
マイネルサクセサー 牡3 56 柴山雄一 18日南D稍:キリ 12.8:一杯
マイネルシュバリエ 牡3 56 *三浦皇成 18日美ポ良:キリ 12.9:馬也
ミュゼスルタン 牡3 56 柴田善臣 18日南w良:68.2-53.7-39.3-13.1:馬也
リアルスティール 牡3 56 福永祐一 18日栗坂良:53.1-38.9-12.5:馬也

仕上がり良い馬が集結した印象の両重賞の出走馬達。その中でうまキュレ班が期待を寄せている好調教馬は【阪神大賞典】ラブリーデイ、スズカデヴィアス、フーラブライド、ラストインパクト【スプリングS】リアルスティール、べルーフ、ブラックバゴ、フォワードカフェ。特にリアルスティールは先週にCWで上がりで馬なり11秒6を記録するなど並みの3歳馬では出せない動きを見せている。阪神大賞典3連覇を目指すゴールドシップは良くも悪くもない印象。この馬の場合、追い切りでは判断できない部分がある為、あまり参考にしないほうがいいのかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line