TOP > エンタメ・雑学 > メンコや馬具にも注目!矯正馬具の効果とおしゃれな競走馬たち
エンタメ・雑学

メンコや馬具にも注目!矯正馬具の効果とおしゃれな競走馬たち

パドックやレースで、顔に覆面のようなものをつけていたり、鼻の上に何か装着している競走馬を見かけることがある。それらはメンコやシャドーロールといった矯正馬具であり、競走馬がレースに集中するための重要な役割を果たしている。そんな馬具に注目してみると、何やら絵柄が描かれていたりとおしゃれなものも多い。今回は競走馬が身に着けている、おしゃれなメンコや馬具についてまとめてみた。
馬キュレ

矯正馬具って?どんなものがあるの?

inyofu 馬具(ばぐ)とは、人間がウマを制御するためにウマに装着させる道具のことをいう。
inyofu 競馬においては、競走馬をレースに集中させたり負傷を防ぐためにさまざまな馬具が用いられる。
馬具には、メンコ、ブリンカー、シャドーロール等がある。1つづつ見ていこう。

メンコ

inyofu 馬の覆面のこと。一般に耳おおいがついたものを使い、音に驚いたり、砂をかぶるのを嫌がる馬に使う。
inyofu 本来は周囲の音に対して敏感な競走馬につけて音を聞こえにくくするためのもの(耳を覆う部分を耳覆いという)であるが、装飾として装着されることもある。耳覆いのないメンコのことを鼻頭という。デザインは勝負服に合わせたり、厩舎オリジナルの物があったり多種多様である。また障害競走に出走する馬のメンコは、障害飛越時の衝撃でメンコがずれて前が見えなくならないように目の部分が大きくなっている。日本では目にする機会の多い馬具であるが、海外における使用頻度はそれほど高くない。
周囲の音が聞き取りづらくなるため、馬によっては却って不安を高めてしまう可能性もある。元JRA騎手の岡部幸雄は現役時代、これを理由にメンコの着用に否定的だった。反面、現役のJRA騎手である武豊はメンコの効果を認める発言をしている。

ブリンカー

inyofu ブリンカーは「遮眼革」ともいい、視界の一部を直接遮ることにより馬の意識を競走や調教に集中させ、周囲からの影響に惑わされずに走らせるために用いられる。フードの目穴部分に合成ゴムやプラスチック製のカップを取り付けたものが一般的で、カップのつくりやサイズによって遮る視界の広さを変えることができる。片側だけにカップがついているものもある。JRAの競走で使用する場合は、出馬投票時の届出が必要である。
inyofu なおブリンカーを装着する馬は出馬表にBと表記される。これを装着することによって前走から一変する馬も少なくない。出馬表に表記される馬具は基本的にブリンカーのみである。
確かに新聞の出馬表にはブリンカーを装着するときに表記がある。一変注意だ。

シャドーロール

inyofu 頭絡の鼻革にボア状のものを装着したもの。芝の切れ目や物の影などに驚く馬に対し、下方を見えにくくして前方に意識を集中させる効果を期待して用いられる。また、競走中に頭を上げる癖のある馬に使用することによって、頭を下げさせ、馬を御しやすくする効果を期待して用いられることもある。
inyofu 日本の競馬界では以前はメンコ、ブリンカーなどの矯正具と比べるとあまり知られていなかったが、歴史的には1969年、欧州遠征をおこなったスピードシンボリがシャドーロールを装着していることが記録映画からうかがえる。1990年代中頃、ナリタブライアンが使用して三冠を達成するなど有力馬の着用があったため一時期大流行した。効果には個体差があったり、慣れると効果が薄れるため現在では流行という意味では下火である。
なお、シャドーロールを鼻革ではなく額革に装着する場合があり、その場合はブロウバンドと呼ぶ。
シャドウロールといったら、シャドウロールの怪物こと三冠馬・ナリタブライアン。第44回阪神大賞典で、ライバルのマヤノトップガンとの直線での一騎打ちは見ごたえがある。

ナリタブライアンについてのまとめはこちら↓

チークピーシーズ

inyofu フルネームでシープスキン・チークピーシーズと言う。頭絡の頬革にボア状のものを装着したもので、左右を見えにくくして前方に意識を集中させる効果を期待して用いられる。
ブリンカーと効果はほぼ一緒。ブリンカーと違ってJRAへの届出は必要ないので、レース当日の馬の状態によってつけたり外したりできる。

ホライゾネット&ブローバンド

inyofu フードの目穴部分をネットで覆ったもの。前を走る馬が跳ね上げる砂が眼にかかるのを嫌がる馬に用いられる。また、視野を制限するので、競走に意識を集中させる効果を期待して用いられることもある。
inyofu フルネームでシープスキン・ブローバンドと言う。頭絡の額革にボア状のものを装着したもので、上後方を見えにくくして馬の意識を前方に集中させる効果を期待して用いられる。

(おまけ)尻尾のリボン

inyofu 蹴り癖注意の表示。こうした馬の後ろに立つのは危険なので、周囲の人の注意を喚起するためにつけれる。気性の荒さや精神的な弱さがある馬という可能性はあるが、調子とは関係ない。

結局、馬具って本当に効果があるの?

inyofu  パドック(下見所)で馬を見た時に、何らかの装具をつけている馬は気性難や悪い癖があると考えていいでしょう。初ブリンカーや初チークをつけてきた時、または2走目までは馬券検討の際に注意が必要です。特に逃げ馬が初ブリンカーを着けてきた時、またダートレースで外枠の馬が使用してきた時は一変するケースがあるので、覚えておいてソンはないと思います。
inyofu ブリンカーを装着したことが逆効果になったというケースがありました。どうしてかというと、視野を狭められたことで、逆に恐怖心を覚えてしまったからです。もともと競走馬は草食動物ですから、臆病な面があります。それまで見えていたものが見えなくなれば、不安を感じるのは当然です。結果として、ブリンカーをつけた途端に、まったく動かなくなってしまった馬がいました。
inyofu  何はともあれ、矯正馬具の効果があるのは、能力はあるけれども、気性が災いしてレースで結果を出せないタイプです。そんな馬が、今まで使ったことのなかった馬具を着用してきたり、これまでとは違う馬具をつけてきたりしたら、あっさりと勝ってしまうことはよくあります。もちろん、結果が出ない場合もありますが、新たに馬具を着用する場合は、わりと人気を落としている場合が多いので、思い切って狙ってみるのも面白いと思いますよ。
 逆に、結果が出ている馬が矯正馬具をつけてきたら、逆効果になる場合があるので気をつけたいところです。もしそれが人気馬の場合は、思い切って外して、高配当を狙ってみてもいいかもしれませんね。
効果は競走馬によって様々なようだ。中にはまったく効果がない馬もいるかもしれないが、馬も生き物である以上効果の有無を予想することはなかなか難しい。2走目くらいまでは気にする必要がありそうだ。また、馬の性格を知っておくと馬具をつけたときに狙えるかもしれない。たとえば、集中して走れない馬がブリンカーを使ったりすると、レースに集中できるかもしれない。このようにうまく馬券の予想に取り入れてみてはいかがだろうか。また、競馬場、特にパドックへ行った際は、馬具にも注目して、おしゃれな馬を見つけるのも1つの楽しみだ。ぜひ馬券以外でも競馬場で楽しんでほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line