TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】フラワーカップ
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】フラワーカップ

馬キュレ
覆面3号です!
早速今週の重賞データ分析を公開したいと思います!

フラワーカップ(GⅢ) 
牝馬3歳 芝1800m
過去10年の傾向です。

枠順
1枠1番 アルビアーノ(牝3、美浦・木村) 柴山
1枠2番 ローデッド(牝3、栗東・荒川) 戸崎
2枠3番 ノットフォーマル(牝3、美浦・中野) 黛
2枠4番 ココ(牝3、栗東・加用 ) 石橋
3枠5番 アースライズ(牝3、栗東・矢作) 三浦
3枠6番 アフェクシオン(牝3、美浦・高橋) 柴田大
4枠7番 ジュエルメーカー(牝3、栗東・千田)吉田
4枠8番 サトノフラリッシュ(牝3、栗東・南井) 川島
5枠9番 ティーエスクライ(牝3、栗東・岩元) 江田
5枠10番 ホワイトフーガ(牝3、美浦・高木) 大野
6枠11番 ジャポニカーラ(牝3、美浦・勢司) 横山
6枠12番 ディアマイダーリン(牝3、美浦・菊沢) M.デムーロ
7枠13番 エグランティーナ(牝3、美浦・鹿戸) 木幡
7枠14番 ロッカフラベイビー(牝3、美浦・鹿戸) 蛯名
8枠15番 カゼルタ(牝3、栗東・高橋)内田
8枠16番 ホワイトエレガンス(牝3、美浦・国枝)村田

攻略のカギ

●傾向
1、人気と配当
荒れるイメージのフラワーCだが、①人気は(3.4.1.2)とかなり堅実。対して②人気は(1.0.2.7)と信用できず、これなら(2.2.1.5)の⑥人気の方が買える。馬連平均配当は2222円。①人気を中心とした上位人気馬と中位人気馬の組み合わせが王道パターン。

2、ステップ
オープン特別や重賞ではなく、500万のきんせんか賞組と寒竹賞組が2勝ずつでトップなくらいで、好走馬のステップは非常に多彩。メインステップになりそうなクイーンC組は(1.1.0.21)と、まったく頼りにならないように、東京よりも中山の中距離戦をステップにした馬の好走が目立っている。

3、距離実績(重要視すべき中距離実績)
3着以内30頭中26頭に1800m以上の経験があり、そのうち24頭に1800m以上での連対実績があった。中距離経験は必須で、マイルまでの馬では厳しい。
★ デビューから2連勝中のアルビアーノだが、千六→千四といった臨戦過程で、2Fの距離延長のうえに、1800mも初挑戦。危険な人気馬!?

4、脚質(コース的に逃げ・先行馬が強い)
小回りの中山だけあって逃げ・先行馬が合わせて7勝で、連対率・複勝率ともに差し・追い込み馬を圧倒。特に4角3番手以内の馬が11連対をマークしている。
★ フェアリーSで思い切った先行策に出て穴をあけたノットフォーマル。また逃げれば、もう一丁があるかも!?
5、所属(関東馬が圧倒的に優勢)
阪神開催時を除いた連対数は、関東馬が15頭に対して関西馬が4頭と関東馬の圧勝。①人気の関西馬はポカもあるが、関東馬の①人気は複勝率100%と鉄板級。

●これが危険

6、前走1800m組
本来なら前走と同じ距離の出走馬が幅を利かすように思えるが、前走1800m組は(1.1.4.34)で唯一の優勝馬・トレンドハンターは阪神開催でのもの。中山1800m組は(0.0.3.17)で3着が最高。
★ 前走、初めての千八で変わり身を見せたホワイトエレガンスだが、データ上では軽視。

データ総合の結果
推奨馬=ノットフォーマル、ローデッド

買い方=この2頭のワイド1点にて勝負します!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line