TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】ファルコンステークス
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】ファルコンステークス

馬キュレ
覆面3号です!
早速今週の重賞データ分析を公開したいと思います!

ファルコンステークス(GⅢ) 
3歳 芝1400m
施行が3月となった06年以降、過去9年の傾向です。

枠順

1枠1番 タガノアザガル(牡3、栗東・千田) 松田
1枠2番 コパノハート(牡3、栗東・宮) 小崎
2枠3番 アクティブミノル(牡3、栗東・北出) 藤岡
2枠4番 ビヨンジオール(牡3、美浦・的場) 横山
3枠5番 ペイシャオブロー(牡3、美浦・菅原) 吉田
3枠6番 ゴールドペガサス(牡3、美浦・佐藤) 丸田
4枠7番 マジックシャトル(牡3、栗東・清水) 国分恭
4枠8番 ヤマカツエース(牡3、栗東・池添) 藤田
5枠9番 アポロノシンザン(牡3、美浦・堀井) 勝浦
5枠10番 ライドオンウインド(牡3、栗東・木原) 古川
6枠11番 ケツァルテナンゴ(牡3、栗東・笹田) 丸山
6枠12番 メイショウマサカゼ(牡3、栗東・本田) 太宰
7枠13番 フミノムーン(牡3、栗東・西浦) 幸
7枠14番 ワキノヒビキ(牡3、栗東・清水) 北村
7枠15番 レンイングランド(牡3、栗東・矢作)松岡
8枠16番 セカンドテーブル(牡3、栗東・崎山)D.バルジュ
8枠17番 ブラッククローバー(牡3、栗東・川村)松山
8枠18番 ブリクスト(牡3、栗東・吉田)北村

攻略のカギ

● 傾向

1、人気と配当
優勝馬のうち半数以上にあたる5頭が①~②人気から出ているが、①人気(2.0.1.6)、②人気(3.1.1.4)で、②人気はまだしも①人気の信頼度は低い。馬連平均配当は8370円で、3連単平均配当も157914円と波乱度は高い。

2、ステップ
500万条件の平場組は(2.2.4.15)だが、前走①~④人気に限定すると(2.2.4.8)で複勝率50%。13年の1~3着馬、14年の2着馬も該当する。また距離が1400mになった12年以降、アーリントンC組も2勝をマーク。萌黄賞組からも優勝馬が2頭出ているが、11年以降は全滅なので割引が必要。

3、脚質(速い上がりを使える馬が1着候補)
上がり3Fが1位の馬は、14年タガノグランパを筆頭に3年連続で優勝。距離が1400mになってからは、差し・追い込み馬の活躍が目立っている。
★ メンバー中、上がり最速をマークして2連勝中のビヨンジオール。ここも決め手を生かして3連勝を決めるか!?

4、血統(最終世代のサクラバクシンオー産駒に注目)
ここ2年出走がないが、12年まで馬券に絡んでいた(2.4.3.10)のサクラバクシンオー産駒。12年の産駒がラストクロップなだけに注目したい。
★ アポロノシンザンはデビューから8戦して全て掲示板に乗る超安定型。父譲りの豊富なスピードで、ここも上位入線必至!?

5、前走人気(前走①人気馬が活躍)
クラスに関係なく、前走①人気に推されていた馬は(4.2.3.17)と好成績を挙げている。直近では、14年③人気2着サトノルパンがこれに該当する。
★ フミノムーンは前走で1番人気に応えて完勝。中京芝千四で結果を出せた点でも心強い。

● これが危険

6、前走GⅠ&GⅡ組
好走例が多そうなGⅠ&GⅡ組だが、(0.0.2.9)で3着が最高。このうち5頭が①~③人気と、上位人気にも推されやすいが過信は禁物。14年も②人気ショウナンアチーヴが6着に敗れている。
★ 重賞、オープン特別勝ちと実績上位のアクティブミノル、セカンドテーブル、ワキノヒビキも過信禁物。

データ総合の結果
推奨馬=アポロノシンザン、ケツァルテナンゴ、ビヨンジオール、フミノムーン、ブリクスト、ヤマカツエース、レンイングランド

買い方=推奨馬が7頭と多くなってしまいましたが、アッ!と言う馬が勝利することも考えられますので、3連単7頭BOX=210点にて購入します!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line