TOP > レース > 【2015年東京優駿 (日本ダービー)】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年東京優駿 (日本ダービー)】過去5年のレースをプレイバック!

競馬に携わる人なら誰もが出走を夢見る舞台である東京優駿(日本ダービー)。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 橋口師悲願の制覇!ワンアンドオンリー

この年は皐月賞1着のイスラボニータ、2着のトゥザワールド、4着のワンアンドオンリーが人気上位に推され、続いて紅一点のレッドリヴェールが支持される形となった。レースでは、いつもと違ってトーセンスターダムとワンアンドオンリーがイスラボニータと同じく先行策をとり、人気馬は先行集団に固まった。直線に入ると、トーセンスターダムがラチにぶつかって失速。かわりに手応え十分のイスラボニータが早くも先頭に立った。さらに外から横山典弘騎手の絶妙なタイミングで追い出されたワンアンドオンリーが残り200mでイスラボニータを交わし、4分の3馬身差をつけてゴールイン。管理する定年間近の橋口弘次郎調教師にとって悲願の日本ダービー初制覇となった。

2013年 武豊前人未到のダービー5勝!キズナ

京都新聞杯を絶望的な位置から差し切ったキズナが2.9倍の1番人気に推され、3.0倍の2番人気に皐月賞馬のロゴタイプ、少し離れた3番人気に、母に日米オークスを勝ったシーザリオを持つ超良血のエピファネイアとなった。レースでは、前残りの傾向があった芝コースを考慮してかロゴタイプが道中先団につけ、続いてエピファネイアが中団、キズナは最後方付近を追走した。最後の直線は、残り100mまで各馬横一線で、そこから福永祐一騎手のエピファネイアが抜け出して勝ったかと思われたが、大外から武豊騎手のキズナがゴール前で強襲して栄冠を手にした。武豊騎手はダービー5勝目で、レース後の拍手喝采が鳴りやまないほど盛り上がった。

2012年 岩田騎手の思いが実る!ディープブリランテ

皐月賞上位組がそのまま人気の中心を形成したこの年、1番人気に皐月賞2着で切れ味抜群のワールドエース、2番人気に同レースを制したゴールドシップ、3番人気に同レース3着だったディープブリランテとなった。レースは、人気薄のゼロスとトーセンホマレボシが後続を引き離して逃げる一方、有力馬が後ろに構えて直線を迎える。残り200mで道中離れた3番手を追走していたディープブリランテが粘るトーセンホマレボシをとらえ、さらにゴール目前で青葉賞馬フェノーメノが迫るが、岩田康誠騎手の激しいアクションに応えハナ差しのいで優勝。勝ち時計も2分23秒8と優秀で、また、ビッグレースを数多く制してきた岩田騎手にとってこれが初の東京優駿制覇となった。

2011年 力が違う!2冠達成!オルフェーヴル

あいにくの雨のなか不良馬場で行われたこの年の日本ダービー。1番人気に東京開催の皐月賞を勝ったオルフェーヴルが3.0倍の1番人気に支持され、6.0倍の2番人気に同レース2着のサダムパテック、7.8倍の3番人気に世界の名手デットーリ騎乗のデボネアが推された。結果はオルフェーヴルが直線で驚異の伸び脚をさく裂させ、2着の青葉賞勝ち馬で10番人気のウインバリアシオンに2馬身近く差をつけ快勝。そして2着から7馬身離れた3着に8番人気のベルシャザールが入った。その後、オルフェーヴルは菊花賞も制し、クラシック3冠を達成。古馬になっても国内外を問わずGⅠの大舞台で活躍し、GⅠ6勝で名馬の仲間入りを果たして引退した。

2010年 極上の切れ味!エイシンフラッシュ

超良血馬や前哨戦を快勝した馬が数多くそろい、かなりハイレベルなメンバー構成となった2010年の東京優駿。2.1倍の1番人気と大きく支持を受けたのは皐月賞馬のヴィクトワールピサ、続く2.6倍の2番人気にはトライアルの青葉賞を無傷の4連勝で圧勝したペルーサ、離れた3番人気に皐月賞2着のヒルノダムールが推された。しかしレースを制したのは、皐月賞3着ながら7番人気に甘んじていたエイシンフラッシュ。上がり3ハロン32秒7という極上の切れを発揮して見事にこの大舞台を制した。管理する藤原英昭調教師、騎乗した内田博幸騎手、「エイシン」の冠名でおなじみの平井オーナーにとっても初の東京優駿制覇となった。2着には、近親に活躍馬が多くいる超良血の5番人気ローズキングダム、3着にヴィクトワールピサが入った。


どの陣営もこのレースを目標に究極の仕上げで馬を送り出すため、毎年長い直線での熱戦が繰り広げられる。人気馬が勝つことが多い一方、2、3着には人気薄の隠れた実力馬が入ってくることもあり、馬券的にも面白いレースとなっている。例年皐月賞組が圧倒的に好成績を収めているが、果たして今年も皐月賞組が強いのか?!それとも青葉賞や京都新聞杯の別路線組から制する馬が出てくるのか?!今からレースが待ちきれない!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line