TOP > 競走馬 > 「アンビシャス」瞬発力はある!うまく流れに乗る【大阪杯】
競走馬

「アンビシャス」瞬発力はある!うまく流れに乗る【大阪杯】

昨年の大阪杯を制したアンビシャスが今年はGⅠに昇格した大阪杯で連覇に挑む。昨年は大阪杯でキタサンブラックを破ると、一躍古馬中距離GⅠ戦線の一頭になるも、枠や天候に恵まれず歯がゆい思いをする。叩き二戦目の今回、強烈な差し脚を武器に念願のGⅠ制覇を達成することができるか。そんなアンビシャスについてまとめてみた。
アンビシャス

【2016年大阪杯】好位抜け出しから強敵破る!

7枠からスタートを決めると、鞍上の横山典騎手は今までとは異なり2番手の好位からの競馬を選択。鞍上武騎手のキタサンブラックが道中はペースをコントロールする中、直線に向くとアンビシャスはジリジリとその差を詰めにかかる。坂を上り切ってもうひと伸びし、キタサンブラックとの叩き合いを見事クビ差制して重賞2勝目となった。
動画を見る
inyofu 1着 アンビシャス(横山典弘騎手) 「オーナーにはお世話になっていますので、この馬の依頼があったときは嬉しかったですね。(2番手からのレースについては)馬のリズムを第一に考えて乗りました。難しいところがある馬ですが、自分も長い間の経験がありますからね。ゴールドシップよりは全然楽でした。直線はまだよたよたする面があります。その点がパンとしてくれば大舞台で活躍できる馬です」
inyofu (音無秀孝調教師) 「今日のような前につけるレースは、お昼にジョッキーから相談され、オーナーに了解をとり、あとは任せました。内回りということもありましたからね。折り合いもついていました。このあとは休みか、宝塚記念か......。今のところ、夏休みから秋の天皇賞が目標と考えていますが、オーナーと相談して決めたいと思います」

【天皇賞(秋)】インから懸命に追い込んだが....

4番人気で迎えた天皇賞(秋)。前半は押していかず従来の後方待機策。3,4コーナーの中間地点で中団馬群の真っ只中まで追い上げ直線へ。各馬が外に出す中、1頭だけインを突いて追い込んだが4着までが限界であった。
動画を見る
inyofu 4着 アンビシャス(音無秀孝調教師) 「流れることを祈っていましたが、まったく流れてくれませんでした。最後は4着に来て力を見せてくれましたが...。これで年内は休養です」

【中山記念】スローペースの前に4着に敗れる

2017年の初戦となったレース。スタート後は無理には押さずに後方につける。道中は逃げ馬がスローペースを作っていたため、次第に前有利の展開に。直線に入り後方から末脚を伸ばしていくが、大外を回ったロスもあり、上り3ハロン1位の脚を使うも差し届かずに4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 アンビシャス(C.ルメール騎手) 「中山でスローになってしまうと、後ろからでは難しいです」

【大阪杯】最終追い切り情報 状態は好調を維持!

アンビシャスは29日、栗東坂路で最終追い切りを行った。
inyofu 坂路4ハロン51秒6-12秒8でアードラー(3歳500万)と併入。相手に待ってもらう形でかろうじて追いついた。
inyofu 福永騎手は「いつもあんな感じみたい。体調はそう変わりないのでは。瞬発力は感じる。うまく流れに乗れればチャンスはある」と手応えを口にしていた。

【大阪杯の傾向】G1レースで5歳馬は好成績!

今年で5歳馬となったアンビシャスだが競走馬としては今が一番旬な時期だろう。実はその好調さはデータにも表れている。2007~2016年に行われた牝馬限定を除く4歳以上の芝GⅠレースの年齢別成績を調べてみると、5歳馬が【9-9-4-74】、連対率18.8%と好成績を収めている。新設GⅠということで傾向が読みづらいとこもあるが、やはり5歳馬には注目した方がいいだろう。
inyofu 2007~2016年に行われた牝馬限定を除く4歳以上の芝GI・20レースでの年齢別成績を調べてみると、好走率で「5歳」がトップとなり、それに「4歳」と「6歳」が続いている。

昨年の大阪杯でキタサンブラックを破っているように、強烈な差し脚を武器とするポテンシャルの高さは確かなものだ。しかし、昨年は展開や枠に泣くことが多かっただけに、今回の大阪杯もその辺が鍵になるだろう。福永騎手を背に、開きかけの花を今年こそは完全開花させることができるか。注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line