TOP > レース > 【2015年エプソムC】過去5年のレースをプレイバック!
レース

【2015年エプソムC】過去5年のレースをプレイバック!

秋のGⅠシリーズに向けなんとしても賞金を加算したい馬が集まるGⅢエプソムC。過去5年のレースをプレイバック!
馬キュレ

2014年 もう善戦マンとは言わせない!ディサイファ

重賞で好走しながらもあと一歩届かないでいたマジェスティハーツとディサイファの2頭が大きく人気を分け合い、続いてタマモベストプレイが推される形となった。結果は、最内枠を味方につけ、終始インコースを通りながら四位洋文騎手の絶妙な手綱さばきに導かれてディサイファが先頭でゴールイン。ついに重賞初制覇を成し遂げた。2着には海外遠征帰りのマイネルラクリマ、3着には古豪のダークシャドウが復活した。

2013年 左回りは大得意!クラレント

6番人気までが単勝オッズ10倍以下と、大混戦となったこの年。2走前に中日新聞杯を制したサトノアポロ、これからの飛躍を期待されていた4歳馬ファイナルフォーム、重賞で人気を集めながらも勝てないでいたジャスタウェイの人気順となったが、勝ったのは前の週の安田記念に賞金の関係で出走できなかった4番人気のクラレント。2番手から東京の長い直線を粘りに粘って、最内からするする伸びたジャスタウェイをハナ差しのぎ、左回りの重賞3勝目を飾った。その後もクラレントは新潟の重賞で2勝をし、左回り巧者ぶりを発揮した。

2012年 超良血馬が待望の重賞初制覇!トーセンレーヴ

この年は、トーセンレーヴ、ダノンシャーク、レッドデイヴィスといった4歳馬が人気の中心を形成した。そしてレースでは、直線で先に抜け出したトーセンレーヴが、上がり最速でゴール前突っ込んできたダノンシャークの追撃を振り切り、ついに初重賞タイトルをゲット。姉にGⅠ6勝のブエナビスタ、兄に重賞3勝アドマイヤオーラを持つ超良血馬がとうとう開花した。なお、3着にはただ1頭最内に進路をとった15番人気マイネルスターリーが入り、波乱を演出した。

2011年 飛躍のきっかけをつかむ!ダークシャドウ

この年の1番人気は、格上挑戦だった大阪杯で2着に好走してここに参戦したダークシャドウで、2番人気に前走の新潟大賞典で重賞初制覇を飾り、勢いに乗るセイクリッドバレーが推され、3番人気に4歳牝馬アニメイトバイオとなった。結果はダークシャドウが2馬身半差の快勝。2、3着には後方から追い込んだ6番人気エーブチェアマンとセイクリッドバレーが入線した。また、ダークシャドウは次走の毎日王冠も制し、秋の天皇賞でも2着に入り、飛躍していった。

2010年 GⅠ馬が力示す!セイウンワンダー

3.6倍の1番人気にGⅠ馬セイウンワンダー、差のない3.7倍の2番人気に前走の新潟大賞典を制したゴールデンダリア、6.0倍の3番人気に逃げ馬シルポートが支持された。結果は、1着から3着までが同タイムの大接戦のなか、セイウンワンダーが逃げ粘るシルポートをとらえて重賞3勝目を飾った。3着には、前年も3着だった9番人気の伏兵キャプテンベガが入った。

ジャスタウェイやダークシャドウなど、このレースで好走した後、夏を越してGⅠのステージで活躍していった馬も多くおり、隠れた出世レースとなっている。今年もここから飛躍する馬が出てくるのか?!注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line